◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ノンフィクション 作者 puffpuff
価格 無料
タグ 看取り介護在宅介護在宅で看取り終末期癌アルツハイマー認知症心臓病精神的苦痛腸閉塞オムツ交換寝たきり床ずれ幻覚症状緩和ケア在宅医療腹膜播種褥瘡アルツハイマー病親の最期癌治療
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

40 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 8ページ (Web閲覧)
14ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
一年半の間に自分の母、義父母、シーズー犬、3人と一匹を家で看取った。文字通り、治る見込みのない大切な人たちの最期を看取った。
食事の世話、オムツ替え、着替え、点滴液交換、床ずれ処置、などなど在宅介護では当たりまえのことで、自分が疲れていると意識さえなかったのに、ある時、介護する側の私が精神的に行き詰まりそうになった。やはり在宅で看取るということは大変なことだ。
最後に義父が亡くなって以来、もう何もかも忘れていいと思っていた。でも最近になって、母の淋しそうな顔や義父母との会話などがふと蘇ってくると、忘れてはいけない、そんな思いにかられて本を書いてみようと思った。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧