目次
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU Free Documentation License

閉じる


<<最初から読む

9 / 20ページ

「剣、魔法」手順9:障害の作成

・2‐Lv1(x9:10年)「歴史」
(砂鉄を見つける)「位置」
・2‐Lv1(x9:10年)「歴史」
(偶然魔法が起こる)「位置」


世界観が強い世界で<剣と魔法の時代>でLv1ですから
このようになります。


これをキャラクター性格で越えていく。

関連:第十章 世界観生成


「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定

今までの手順で下地が出来たところで、カテゴリと連動の決定をします。

各カテゴリと効果を考えて行きます。



ヒト
 

生命力{位置}=(歴史)

妖精
 

生命力{位置}=(歴史)

亜人
 

生命力{位置}=(歴史)










LV1だから100を、それぞれ分配します。(通常LV1でプレイヤーも一人の場合 GM側も100となります 4人なら400)

今回は、普通の動きにしたかったのでLVの通り  LV1=100 で割り振りするようにしています。


開示されている部分のイベント表などを見ながら、どう割り振るか戦略を立てます。

一度割り振った数値はセッション終了まで変更できませんので注意して割り振ります。( セッション中にGM側が提示したイベント表:障害を受け入れた場合に得る行動ポイントはセッション中に自由に割り振って使えます )

最初は平均的に割り振る方がいいでしょう。


「剣、魔法」手順11:効果の決定

効果の決定を行います。

ヒト
 
{位置}=(歴史)



妖精
 
{位置}=(歴史)




亜人

{位置}=(歴史)


---

・{位置}=(歴史)
障害となるものである。

障害の指針




西洋的、中世(固有的)
恐ろしい(一般的)で初期の物語分割のように作る。




GMの解釈と言える。



キャラクタ性格とぶつかる。

--

・性格→連動→「アクションカード(S1~S5)(効果の決定)(対象)(必要部位)」>障害

効果は、越えた分だけの効果となる。
その分だけ受けた方は描写シートで消費する。


対PCは通常、行動ポイント消費(傷を直す描写と直った描写
それぞれのPCが行う)。

 対障害受け入れは行動ポイント増加。

 

 対障害破壊は行動ポイント消費。


例:
 ・{位置}=(歴史)

この場合、(歴史)でGMが障害を作ります。

上記表より:
(歴史)→(淡い光が出る)、(砂が黒くなる)、(突然物が壊れる)、(幻影が出る)、(火花が出る砂)


等、障害を作る。
 

そして障害にGMはポイントを割り振る。
  GM側のポイントは一人100ポイントなので、注意して割り振る。
  どうしてもGMが残したい項目はポイントを高めに配分すれば、プレイヤーに変更される可能性は低くなるでしょう。


(歴史)→10(淡い光が出る)、5(砂が黒くなる)、30(突然物が壊れる)、10(幻影が出る)、15(火花が出る砂)

等。

これを、アクションカードで変化 (S1~S5) を付けて乗り越えてもらうこととなる。

このアクションカードは、雰囲気に合わせて選択し、プレイ前に提示しておく。


「剣、魔法」手順12:場カードの作成

構想を思いつくまま書きます。
今回は種族について。



・ヒト
100歳まで

10歳までもマイナス修正(徐々に減る)。

70を超えると徐々に技能にマイナスが付く

子供は高い確率(80パーセント)で生まれる。
相手が人間なら人間。相手が妖精なら亜人。相手が亜人なら人間、妖精、亜人のどれか。
物語レベルを引き継げるが、技能は引き継げない。

70以上は”じゃ”を語尾に付ける
 外見は年を取る。

・妖精
1000歳まで

100歳までマイナス修正(徐々に減る)。
700を超えると徐々に技能にマイナスが付く

子供は殆ど生まれない(10パーセント)。
相手が妖精なら妖精。相手が人間なら亜人。相手が亜人なら人間、妖精、亜人のどれか。
物語レベルを引き継げ、技能も引き継げる。


 外見、言葉は自由に選べる。

 

 

・亜人
500歳まで

50歳までマイナス修正(徐々に減る)
350を超えると徐々に技能にマイナスが付く

子供は中程度生まれるが(45パーセント)、
相手が人間、亜人、妖精どれでも、どの属性かは不明(人間、亜人、妖精のどれか)。
物語レベルも半分引き継げ、技能も半分引き継げる。

350以上は”だわい”を語尾に付ける
外見は変わらない。




構想をsystemカードに落としていきます。


アクションカードは他への関わり
場カードは自分への制限に使うと分かりやすい。




・ヒト


部位制限;生命力

制限なし;11~69歳

制限違反;-S5生命表

効果制限;100歳

生まれ方
部位制限;ヒト

制限なし;S1生まれ表

制限違反;生まれない

効果制限;中央参照
左から右に ()でLV

しゃべり方
部位制限;ヒト

制限なし;0~70歳

制限違反;-50

効果制限;ジャと語尾

外観
部位制限;ヒト

制限なし;0~40歳

制限違反;-50

効果制限;白髪、しわ、脱毛

 


 



・妖精

部位制限;生命力

制限なし;101~699歳

制限違反;-S5生命表

効果制限;1000歳

生まれ方
部位制限;妖精

制限なし;S1生まれ表

制限違反;生まれない

効果制限;中央参照


しゃべり方
部位制限;妖精

制限なし;なし

制限違反;-50

効果制限;なし

外観
部位制限;妖精

制限なし;0~1000歳

制限違反;-50

効果制限;なし

 


 

 


・亜人

部位制限;生命力

制限なし;51~349歳

制限違反;-S5生命表

効果制限;500歳

生まれ方
部位制限;亜人

制限なし;S1生まれ表

制限違反;生まれない

効果制限;中央参照


しゃべり方
部位制限;亜人

制限なし;51~349歳

制限違反;-50

効果制限;ダワイと語尾


外観
部位制限;亜人

制限なし;0~10歳

制限違反;-50

効果制限;ひげ、彫が深い

 


 


「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成

クションカードを作成します。


構想を思いつくまま書きます。
今回は種族について。



・ヒト
100歳まで

10歳までもマイナス修正(徐々に減る)。

70を超えると徐々に技能にマイナスが付く

子供は高い確率(80パーセント)で生まれる。
相手が人間なら人間。相手が妖精なら亜人。相手が亜人なら人間、妖精、亜人のどれか。
物語レベルを引き継げるが、技能は引き継げない。

70以上は”じゃ”を語尾に付ける
 外見は年を取る。


・妖精
1000歳まで

100歳までマイナス修正(徐々に減る)。
700を超えると徐々に技能にマイナスが付く

子供は殆ど生まれない(10パーセント)。
相手が妖精なら妖精。相手が人間なら亜人。相手が亜人なら人間、妖精、亜人のどれか。
物語レベルを引き継げ、技能も引き継げる。


 外見、言葉は自由に選べる。

・亜人
500歳まで

50歳までマイナス修正(徐々に減る)
350を超えると徐々に技能にマイナスが付く

子供は中程度生まれるが(45パーセント)、
相手が人間、亜人、妖精どれでも、どの属性かは不明(人間、亜人、妖精のどれか)。
物語レベルも半分引き継げ、技能も半分引き継げる。

350以上は”だわい”を語尾に付ける
外見は変わらない。



構想をsystemカードに落としていきます。


アクションカードは他への関わり
場カードは自分への制限に使うと分かりやすい。



・ヒト

恋愛
必要部位;生命力

対象;ヒト、妖精、亜人

ダメージ;S3恋愛

効果;恋愛


子供作成
必要部位;恋愛

対象;ヒト、妖精、亜人

ダメージ;S1子供作成

効果;子供作成

 


 

 



・妖精

恋愛
必要部位;生命力

対象;ヒト、妖精、亜人

ダメージ;S3恋愛

効果;恋愛


子供作成
必要部位;恋愛

対象;ヒト、妖精、亜人

ダメージ;S1子供作成

効果;子供作成


 




・亜人

恋愛
必要部位;生命力

対象;ヒト、妖精、亜人

ダメージ;S3恋愛

効果;恋愛


子供作成
必要部位;恋愛

対象;ヒト、妖精、亜人

ダメージ;S1子供作成

効果;子供作成


 



読者登録

金色老師さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について