目次
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU Free Documentation License

閉じる


「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整

「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整

ワールドガイドを調整します。

もちろん手順8がメインのワールドガイドになりますが、個別に注目したいこともあるでしょう。

その場合は、個別にワールドガイドを作ります。

メインのワールドガイド

<生命力>




(位置)
樹、砂地、市場など


サブのワールドガイド

・全時代共通
効果{恋愛}
サブのワールドガイドは効果なので数値などいれて良い。

まずは一気に決めずに、概要から固めていきます。




 

幅:
LV1からLV4


前提:
成功を前提

レベルアップの仕方:
独自;
LV1:自分がどう思っているか>LV2:相手がどう思っているか>LV3:相手との共通事項>LV4:より深い共通事項([恋愛]カテゴリ作成か[結婚]へ移動可能)>LV1へ循環
恋愛が10ポイント相手より越えたらLVアップ

カテゴリ連動:
生命力より、そのまま数値移動>消費

効果:
自分がどう思っているか
相手がどう思っているか
相手との共通事項
より深い共通事項

systemへの関与:
なし(大きく影響を与えたくない ここを恋愛ドラマのようによりドラマチックにするならsystemへの関与に入れるとよい 今回は入れない)



このように思うまま書き上げて行きます。
これで決定ではなく出来上がったものを想像していた世界に近くしていくため後で修正して行く場合もあります。


・時代別関連
・時代別関連 時代を跨ぐ場合は断絶したり、徐々に減っていったりする。
今回のものは<ロボットの時代>まで100パーセント有効。それ以降は徐々に減る(後述)。

<剣と魔法の時代>
効果{戦闘}



[剣]

幅:
LV1から無限大

前提:
成功を前提

レベルアップの仕方:

カテゴリ連動:
生命力より

効果:

systemへの関与:
なし

[魔法]
幅:
LV1から無限大

前提:
失敗を前提

レベルアップの仕方:

カテゴリ連動:
生命力より

効果:

systemへの関与:
あり

[信仰]
幅:
LV1からLV10

前提:
失敗を前提

レベルアップの仕方:

カテゴリ連動:
生命力より

効果:

systemへの関与:
なし



効果{結婚}




幅:
LV1からLV4


前提:
成功を前提

レベルアップの仕方:

カテゴリ連動:
生命力より

効果:

systemへの関与:
あり




構想を思いつくまま書きます。
今回は結婚恋愛について。



恋愛結婚場所
[ヒト]


橋 高台 市場の酒場 信仰場所 祭り
[妖精]

森 >妖精の樹 花畑 妖精界
[亜人]

草地>草の輪 草木の実り 亜人の小道



追加で 構想をsystemカードに落としていきます。 時代ごとの社会的な物を加えていきます。


アクションカードは他への関わり
場カードは自分への制限に使うと分かりやすい。
アクションカード



結婚


必要部位;恋愛

対象;ヒト、妖精、亜人

ダメージ;S4社会反応

効果;結婚







場カード



・ヒト


結婚

部位制限;ヒト

制限なし;子供作成

制限違反;-20

効果制限;恋愛


・妖精

結婚

部位制限;妖精

制限なし;子供作成

制限違反;-100

効果制限;恋愛


・亜人

結婚

部位制限;亜人

制限なし;子供作成

制限違反;-50

効果制限;恋愛