目次
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU Free Documentation License

閉じる


「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定

「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定

今までの手順で下地が出来たところで、カテゴリと連動の決定をします。

各カテゴリと効果を考えて行きます。



ヒト
 

生命力{位置}=(歴史)

妖精
 

生命力{位置}=(歴史)

亜人
 

生命力{位置}=(歴史)










LV1だから100を、それぞれ分配します。(通常LV1でプレイヤーも一人の場合 GM側も100となります 4人なら400)

今回は、普通の動きにしたかったのでLVの通り  LV1=100 で割り振りするようにしています。


開示されている部分のイベント表などを見ながら、どう割り振るか戦略を立てます。

一度割り振った数値はセッション終了まで変更できませんので注意して割り振ります。( セッション中にGM側が提示したイベント表:障害を受け入れた場合に得る行動ポイントはセッション中に自由に割り振って使えます )

最初は平均的に割り振る方がいいでしょう。