目次
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU Free Documentation License

閉じる


「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成

「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成

 

「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成

重要なのは「場所」「時期」「話の区切り」「位置」です

C1・(歴史)位置=y1


今回は、判定y1でまとめます。

手順7により{生命力}となります。

ここで問題があれば、手順2まで戻ります。

「場所」は「始まりの街」です。
「時期」は「剣と魔法の時代」です。
「話の区切り」は城など点在しています。
「位置」は話のLVが低ければ「砂地」「遺跡」、少し上がれば「森」など。
それ以外では、このワールドガイドでは話は存在しない。
こういうことで話のブレも規制できます。

 ・このように図を作ります。


この時点で、出来る範囲で場カードも作成しても構いません。

 

このように場カード内にLvも記載可能。

 

関連:第二章 場カード 場の補正

関連:第五章 ワールドガイド