目次
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU Free Documentation License

閉じる


「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類

「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類

判定範囲を分類します。

「テーマ」を「テーマを固定するもの」で分けます。

<判定範囲の分類>
判定範囲を分類します。

・(テーマ)テーマを固定するもの=y(何番目判定範囲)

例:
・(歴史)位置=y1
テーマ は「歴史」
テーマを固定するもの は「位置」
一つ目の判定範囲なのでy1とします。

読み方は「(歴史)を位置で固定するとy1となる」です。
(西洋式が好きならば「位置で固定する 歴史を するとy1となる」 です。
f(x)=y1と似ています)

--

C1・(歴史)位置=y1
W1・(歴史)位置=y1
W2・(歴史)位置=y1
W3・(歴史)位置=y1
W4・(歴史)位置=y1
W5・(歴史)位置=y1
W6・(歴史)位置=y1
W7・(歴史)位置=y1
W8・(歴史)位置=y1
W9・(歴史)位置=y1
W10・(歴史)位置=y1
W11・(歴史)位置=y1
W12・(歴史)位置=y1
W13・(歴史)位置=y1

--
今回は判定範囲は単純なので一つにまとまりました。(14から1へ)