目次
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順1 例:物語選定
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順2:system分解をする 例:物語分解分析法
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順3:キャラクターと世界観の割合を認識する
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順4:キャラクターのイベント配分
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順5:判定範囲の分類
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順6:判定範囲の拡張
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順7:判定の作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順8:判定ごとのワールドガイドの作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順9:障害の作成
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順10:カテゴリと連動の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順11:効果の決定
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順12:場カードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順13:アクションカードの作成
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順14:ワールドガイドの調整
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順15:カテゴリの固定化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
「剣、魔法」手順16:カテゴリ、表の明確化
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
世界観「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
GNU Free Documentation License

閉じる


「剣、魔法」手順1 例:物語選定

「剣、魔法」手順1 例:物語選定

「剣、魔法」は剣と魔法の神話を元にしたsystemを利用したRPGゲームです。

system同様「剣、魔法」はGPLv2もしくはそれ以降及びGFDLを採用しています。
Text is available under GNU Free Documentation LicenseThe GNU General Public License


手順1:物語を選定します
systemはもちろん、オリジナルの話を簡単にゲームにしてしまいます。


ある時、光が現れ、世界が出来あがる。


それから100年、剣と魔法の時代がやってくる。


560年、偉大な王と数人の兵による、小規模な戦いが100年続く。

660年、小規模な戦争終結。


1000年 人型のロボットが世界を席巻する。

1500年 大きな戦乱が起こる。


2000年 平和な時代となる

2100年 歌姫が出てきて有名となる。


2150年 偉大な指導者が出てくる。多くの問題は解決する。

2200年 それは圧政となる。

2300年 勇者が解放する。

2500年 世界消滅の危機。

3000年 また光が光り世界は消滅する。


 世界観が重要な物語の場合、歴史はカッコに入ったままですが、このように年表風にまとめていきます。
デザイナーの嗜好要素を加えます。今回はロボットなど日本独自のものも入れました。


« 前の章