目次
山の花山の植物写真集2前書き
ヒオウギアヤメの花・志賀山山麓大沼池の畔で
ヤナギランの花・青い大沼池の湖畔で
オオシラビソの木・青い大沼池の湖畔で
ゴマナの花・大沼池の湖畔で
ヤマハハコの花・青い大沼池の湖畔で
ヨツバヒヨドリの花とアサギマダラ蝶写真
ソバナノ花・高原のベルフラワー
ゴゼンタチバナの花・樹林帯の楽しみ
ハンゴンソウの花・上高地梓川の秋
ヤマトリカブトの花・小梨平に咲く青い花
メタカラコウの花・上高地の樹林帯
キツリフネの花・私に触れないで
イタドリの花・梓川の川岸
ノコンギクの花?・上高地梓川の畔
ヤマホタルブクロの花・上高地の花
ハイマツ・美幌峠と屈斜路湖
チシマセンブリの花・美幌峠
ツルリンドウの花・志賀高原長池
コオニユリの花・長池湖畔の令嬢
シラタマノキの実・高原の恵み
ツバメオモトの実・高原の宝石
ヒツジグサの花・高原の湖沼に咲く睡蓮
タムラソウの花・とげのないアザミ
ウメバチソウの花
ヤマジノホトトギスの花・奥入瀬渓流の秋
ノコンギクの花?・奥入瀬渓流の花
ナナカマドの実・十和田湖畔
イチイの実と田沢湖
ガンコウランの実・ニセコ大湯沼
クロマメノキの実・万座温泉熊四郎洞穴
アザミの花
クガイソウの花・八方尾根の
コマクサの花・高山植物
ヤマブキショウマの花とアサギマダラ蝶
トリアシショウマの花とヒョウモン蝶
シモツケソウの花
ニッコウキスゲの花
ノリウツギの花・高原に白く輝く
ワレモコウの花
ヨツバシオガマの花
シナノオトギリソウの花
トウヤクリンドウの花・高山の薬草
チングルマの実
イワツメクサの花
ミヤマアキノキリンソウの花

閉じる


<<最初から読む

10 / 46ページ

ハンゴンソウの花・上高地梓川の秋

ハンゴンソウ(Senecio cannabifolius)キク科シオン属、多年草

撮影場所:長野県松本市安曇大正池、標高1490m湿潤な日当たりの良い川岸の砂礫地大正池周辺地図

撮影日時:2010.8.20

秋の気配がする上高地大正池から田代湿原に向けて歩いていると、梓川の川岸にハンゴンソウの花が咲いていました。ハンゴンソウは大形のキク科の花です。梓川の青い水面にハンゴンソウの黄色い花が映えます。ハンゴン」とは反魂を意味します。ハンゴンソウの葉が、幽霊の手のように下を向いているためです。

 


ヤマトリカブトの花・小梨平に咲く青い花

ヤチトリカブト(Aconitum senanense Nakai var. paludicola (Nakai) Tamura.)キンポウゲ科トリカブト属、多年草

撮影場所:長野県松本市安曇小梨平、標高1510m湿潤な樹林帯の川岸小梨平周辺地図

撮影日時:2010.8.20

小梨平周辺の散歩は樹林帯の気持ちの良い散歩道です。小梨平の湧水水源近くの川岸にトリカブトの花が咲いていました。ヤチトリカブトだそうです。ヤチトリカブトの花は青紫色の美しい花です。トリカブトは毒草として有名ですが、薬草としてもなくてはならない植物です。トリカブトは驚くほどたくさんの薬に使われています。結局毒にするのも、薬にするのも、人間しだいのようですね。


メタカラコウの花・上高地の樹林帯

メタカラコウ(Ligularia stenocephala )キク科メタカラコウ属、多年草

撮影場所:長野県松本市安曇小梨平、標高1510m湿潤な樹林帯小梨平周辺地図

撮影日時:2006.7.26

上高地小梨平の樹林帯の川岸にメタカラコウの花が咲いていました。メタカラコウの花は黄色く大きな花です。オタカラコウの花に似ていますが、メタカラコウの花はオタカラコウに比べて少し小ぶりです。メタカラコウは水場近くに映えていることが多いです。


キツリフネの花・私に触れないで

キツリフネ( Impatiens noli-tangere)ツリフネソウ科ツリフネソウ属、1年生草本

撮影場所:長野県松本市安曇大正池、標高1490m湿潤な樹林帯の縁部大正池周辺地図

撮影日時:2010.8.20

上高地田代池近くを散歩していると、樹林帯の縁部に黄色い花が咲いていました。キツリフネの花です。キツリフネは、花が釣り下がった形で咲く変わった形の花です。蜂などがもぐりこみやすい形になっています。結実すると、ホウセンカのように実がはじけ、種子が飛びます。noli-tangere はラテン語で「私に触れるな」の意味です。触れるとはじけ飛びそうですね。


イタドリの花・梓川の川岸

イタドリ(Fallopia japonica)タデ科ソバカズラ属、多年草

撮影場所:上高地安曇上高地温泉、標高1500m日当たりの良い砂礫地上高地ウエストン碑周辺地図

撮影日時:2010.8.20

上高地にウエストン碑があります。ウエストンは日本アルプスの素晴らしさを世界に紹介した人です。ウエストン碑に近い、上高地温泉近くの河原にイタドリの花が咲いていました。イタドリの白い花が、梓川に映えます。後ろに見える山は霞沢岳、六百山です。イタドリの若芽と茎はとてもおいしいです。イタドリの害を唱える人もいますが、イタドリは日本に昔からある植物で、山菜としても利用されていました。大事に食べてあげたい植物です。

 



読者登録

のんさんさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について