twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格250円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション ホラー・オカルト , 文芸 作者 芝田文乃
価格 250円(税込)
タグ ポーランド怪談ホラー古典グラビンスキ短篇鉄道
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

29 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 12ページ (Web閲覧)
13ページ (PDF)
試し読み:2ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ステファン・グラビンスキ Stefan Grabiński(1887-1936)は「ポーランドのポー」、「ポーランドのラヴクラフト」と称されるポーランド文学史上ほとんど唯一の恐怖小説ジャンルの古典的作家です。訳出した「音無しの空間 Głucha przestrzeń」は、蒸気機関車時代のノスタルジックな鉄道怪談集『Demon ruchu 動きの悪魔』(1919)に収録されたうちの1篇。廃線となり見捨てられた区間の見張りに志願した元車掌が待っていたものとは?

この本には試し読みが 2 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。・・・「...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

もっとみる