目次
はじめに
ブランディングをしてみよう
モデリングをすると結果が出やすい
コミュニティを作る
覚えておきたい4ステップ
自由人の成功者になる17のステップ
他人レバレッジを使おう
ネットビジネスの攻略法
お金持ちになる思考法
エリートの人が陥るわなとは
成果報酬型のビジネスも取り入れよう
稼げる広告のやり方
ネットビジネスの構想図
1章
アウトソーシング
売り上げを増やす原則
コピーライティングについて
SEO対策
売れるホームページとは
ブログのアクセスをお金に変える
YOUTUBEについて
FACEBOOKについて
TWIITERについて
アメブロについて
アフィリエイトの基礎知識
サイトアフィリエイトについて
サイトアフィリエイト SEO篇
ネットビジネス おすすめツール
ネットビジネスでお金をかけるか かけないか
あなたの商品に付加価値をつける
無料レポートとリスト
PING配信について
ペイパルについて
リセールライトで稼ぐには
集客の基本マインド
ブログとメルマガ
広告のエッセンス
価格設定について
Windows ショートカットキー
リストマーケティングのついて
ロングテール戦略
無料レポートテンプレート
自己アフィリエイトについて
セールスレターのテンプレート
キャッチコピーをお手本
継続的に売れている商品とは
アドレスの価値?
ヤフオク活用術
解決サイトを利用する
リストを購入する?
フリーソフトを使いこなそう
サーバーについて
グーグルアドセンスに挑戦してみよう
キーワード戦略について
サイトを作っていこう
せどりについて
PPCアフィリエイトについて
2章
損得勘定で考えるな
あなたには強い信念がありますか?
知識がなければ 知恵も出ない
現場を知らない社長はいつか滅びる
完璧を求めてはいけない
価格競争に巻き込まれてはいけない
やめる覚悟も大事
税金について
会計は大事
採用はどこで?
法律も知っていた方がいい
0章
最後に

閉じる


<<最初から読む

13 / 68ページ

ネットビジネスの構想図

 

ネットビジネスのパーツの数々。

 

これらのパーツがビジネスをやるには必要です。

 

できることから始めましょう。

 

本格的にやっていく人向けとなっています。 

 

最低でも コンテンツ制作活動とセールス活動は 

 

マスターできるようにしましょう。

 

 

 

 

・コンテンツ制作活動 

 

記事作成

 

商品開発

 

イーブックや電子書籍作成

 

オーディオや動画作成

 

アプリやツールの作成

 

グラフィックやデザインの作成

 

メルマガ発行

 

ブログやポッドキャスト作成  などなど

 

 

 

・リスト関連の活動 

 

リストを集める 

 

リストを教育する 

 

リストを管理する

 

 

到達率の管理 などなど 

 

 

 

・財務活動 

 

決済用アカウントを作る 

 

ペイパルなど 

 

ASPを使う 

 

支払い勘定 

 

予算管理 

 

税金管理

 

社員の給与などなど 

 

 

・技術活動 

 

ソフトウェア開発 

 

ウェブサイト管理 

 

トラッキング管理 

 

サーバー管理などなど

 

 

・セールス活動

 

コピーライティング

 

セールスレター

 

注文ページ

 

PPC

 

動画 メルマガ広告

 

オプトインページなどなど 

 

 

 

 

・トラフィック活動

 

SEO対策

 

被リンク購入

 

ジョイントベンチャー

 

バイラル対策

 

ドメイン購入などなど

 

 

 

 

 

・クライアントリレーション活動

 

お客様の声を集める 

 

 

 

カスタマーサービス 

 

無料オファー 

 

返金保証 などなど

 

 

 

 

・マーケティング分析 

 

ニッチ調査 

 

アンケート調査

 

キーワードリサーチ 

 

アップセルやバックエンド などなど

 

 

 

 

 

 

 


アウトソーシング

 

 

稼げるようになってきたら 

 

 

アウトソーシングもやってみましょう。 

 

 

アウトソーシングとは いわゆる  外注のことです。 

 

 

他の人に仕事を依頼するってことです。 

 

 

たとえば  かわりに HPを作ってもらうとか システムを作ってもらうとか 

 

 

記事を作成してもらうとか  色々あります。 

 

 

お金に余裕があれば  そういったものも利用してみましょう。

 

 

おすすめなのは  楽天ビジネスやクラウド @SOHOとか ですね

 

 

 


売り上げを増やす原則

 

やはりビジネスをやる上で 

 

売り上げを上げるというのが 

 

大切になってきます。 

 

ここでは 

 

売り上げを上げる 

 

原則を紹介します。

 

 

 

1.お客さんの数を増やす

数を増やすには、やはり無料オファーが一番です。

「無料で集めて、好きになってもらって、売る」

 

 

 

無料オファーは基本中の基本です。

 

 

在庫を抱えずに無料オファーをする事ができるのが

インターネットビジネスの良い所です。

 

 

だから、どんどん無料オファーを提供してみましょう。

 

 

「無料オファーって、何を提供すればいいの?」

 

ってことでしたら 

 

基本的には 動画 レポート 音声などが 

 

あります。 

 

リセールライトなどでもいいでしょう。

(再販売できるレポートのことです)

 

 

 

 

 

 

例えば、1人のお客さんが平均して

 

1年間に3万円使ってくれるとしたら・・・

 

1人のお客さんを獲得するために

 

3万円まで広告費をかけられるということです。

 

2万円の広告費で一人獲得できたなら

3-2=1万円の利益になりますね

 

これを積み重ねていけば良いわけです。

 

これが基本のモデルになります。

 

 

 

1.無料で集めて、好きになってもらって、売る

 

2.無料で提供して、お客さんの抵抗を減らしてあげる

 

3.無料で集めてから、メールなどで交流して好きになってもらう

 

 

 

2.お客さんごとの販売額を増やす

 

 

「アップセル」とか「クロスセル」とかいう

言葉が流行っていますね。

簡単に言えば、これらを組み込んだ商売をしろ

ということです。

 

 

簡単に言えば ついで買いのことです。 

 

例えば AMAZONや楽天などで 買い物をすると 

 

関連商品が出てきたりしますよね 

 

あれが クロスセルになります。 

 

 

そして 

 

無料オファーなどは アップセルのテクニックになります。 

 

 

最初は 無料で集めて 

 

最後にセミナーや塾などを販売して 元をとっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

3.お客さんごとの販売回数を増やす

 

 

これは、何回も買わせろとか

そういうレベルの低い話ではありません。

 

 

フロントで仕掛けて、アップセルを売って

ワンタイムオファーで・・・

確かに戦略は大切ですが、そんな事ばかり考えるよりも

お客さんを大切にする心構えが必要です。

 

特に安い商品こそ 

 

回転率が高くないと だめなのです。 

 

例えば 100円ショップ なんかは 

 

一個100円だけど お客さんが何度も買ってくれるから 

 

 

儲かるのです。  あれぐらい リピート率が高くなれば 

 

上出来でしょう。

 

 

聞いたことがある人もいるかも知れませんが

 

 

ほとんどのビジネスは、売上の80%が

上位20%の優良顧客によってもたらされる。

 

 

ようするに 

 

 

お金を払ってくれるお客さんほど 大切にしなきゃいけない 

 

リピートしてくれる 人を大切にしないといけないのです。 

 

何度も購入してくれた人には 

 

何かプレゼントをしたり 

 

セミナーを一回 無料にしてあげたり 

 

ポイントをつけたり と 

 

 

お金を払ってくれる人こそ 大事にしないといけません。 

 

 

 

 


コピーライティングについて

 

 

 

コピーライティングが上手ければ

 

 

商品の売上が上がる、成約率が上がる

 

 

少ない広告費で利益を上げられる・・・

 

でも それだけでは ありません。

 

コピーがうまくなれば 

 

 

コピーライターとして 独立もできます。

 

 

うまいセールスレターを書ければ 

 

それだけでも 稼ぐことができるのです。

 

 

 

では どうすれば うまくなるのか 

 

それは 

 

ただ書いていくことです。 

 

 

できれば 売れている セールスレター を 写経するのがいいです。

 

 

コピーライターの人はみんな 写経をしています。 

 

 

ただ書き写すのではなく 

 

エモーションを意識してください。 

 

感情の部分です。 

 

それのレターを読んで どんな気持ちになったのか 

 

 

どこでその商品を買いたくなったのか 

 

もし あなたがセールスレターを写経するときは 

 

あなたが買った商品のセールスレターを写経するのがいいです。 

 

 

 

 

コピーライティングを極めれば

ネットがもし滅んでも

稼いでいくことができます。

 

 

だって情報のほとんどが 

 

文字情報です。

 

 

 

新聞や本

ブログ

 

サイト

 

メルマガ

 

メール

全部文章ですよね。

 

 

 

 

 

ではコピラの三か条を教えます。

 

 

1.テストを行う

 

2.見出しですべてが決まる

 

3.役に立つ情報を伝える

 

この三つは大事なので

覚えておきましょう。

 

 

 

この三つを極めれば

最強ですね。怖いものなしです。

 

 

 

まずはテストですが

これは自分の思った言葉をたくさんだして

 

 

どれが一番相手に伝わるか

色々試行錯誤することです。

 

 

これをすることによって

大きな失敗をしなくしてすみます。

 

 

テストは大事です。

 

 

 

次に見出しです。

 

 

見出しは一番重要です。

サイトであればタイトル

メルマガであれば件名の部分ですね。

 

 

どんなに

文章が良くても

 

見てくれなかったら

何の意味もないですからね

 

 

 

 

最後に役にたつ情報です。

 

 

相手から見て役にたつと思わなければ

買ってくれないのは当然ですよね。

 

 

相手が何を求めているか

マーケティングする必要があります。

 

 

私だったらテニスが好きなので

 

テニス商品など紹介してくれたら

買うかもしれませんが野球やサッカーの商品だったら

 

 

たぶん買いません

 

 

属性を見極めましょうね。

 

 

 

 

この他にも色々なテクニックがあります。

 

 

一つは滑り台効果です。

滑り台効果とは

まず先に相手へのメリットを大きく

書きます。

 

所謂 魅力的なキャッチコピーを書くことです。

 

 

 

最初に

興味をもって読んでもらえれば

 

最後まで読んでもらうことができます。 

 

相手に読んでもらうには

どうしたらいいか

考えましょう。

 

 

 

次はハロー効果です。

 

 

 

スポーツ選手だったら筋肉があって運動神経がいいとか

 

 

東大生だったらめちゃめちゃ頭がいいとか

思いませんか

 

 

 

このようにイメージから他のことにまで

評価が及ぶことを

ハロー効果といいます。

 

 

それらを利用して 

 

ほしいと思わせることが大事です。

 

例 東大生が教える受験に勝つ予備校の選び方

 

 

 

 

 

 

 

あとは数字をいれるといいです。

 

 

 

例えば

これが一番売れているよーよりも

 

こちらランキングで1位の商品ですといったほうが

成約率がいいです。

 

 

何かしらのデータや証拠をだすと

信頼性が高まります。

 

 

 

そして クエストフォーミュラというものもあります。

 

QUEST とは以下の単語の頭文字が組み合わせられた言葉です。 

 

QUALITFY(ターゲットを明確にする) 

 

UNDERSTAND(相手を理解する、共感する) 

 

EDUCATE(教育する) 

 

STIMULATE(興奮させる) 

 

TRANSITION(行動させる)

 

 

この5つをコピーに使うとより成約率の高いコピーを書くことができるでしょう。

 

 

 

 ・大事な三つ 

 

 

それは お客様は読まない 信じない 行動しない 

 

これが基本的なマインドなので覚えておきましょう。 

 

絶対的に人は読まないし 信じないし 行動してくれない 

 

だからこそ 大衆に向けて書くよりも ターゲットを絞って書いた方がいいんです。

 

 

 

・神話の法則を使う 

 

 

これはよくアニメや映画などで使われているストーリーテリングの技術です。

 

 

神話のストーリーは色々な所で使われています。

 

例えば ノアの箱舟の話を応用すると

 

 人々が困っているときに一人の救世主が現れて、彼は世界を救うために立ち上がったのです。

 

と言う風にストーリーを作ることもできます。

 

 

他にも  アダムとイブとか イエスキリストの話しとか 色々ありますので

 

 

神話関係の本も読んでおくといいでしょう。

 

 

 

 

・希少性のテクニック 

 

これはほとんどの人が使っている テクニックです。

 

 

例えば 期間限定や 人数限定 などのことです。

 

 

よく使われているのは 3日間限定とか1週間限定 

 

30人限定とか 100人限定が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 


SEO対策

 

お金をかけないで 

 

集客する方法に SEOがあります。

 

 

検索エンジン対策は、一般的にSEO と呼ばれます。

Search Engine Optimization の略で、

日本語でいうと検索エンジン最適化となります。

 

 

Google やYahoo などの検索エンジンで検索した時に

自分のサイトを上位に表示させる技術のことです。

 

 

あなたもそうだと思いますが

 

 

インターネットで何かを調べたり探したりする時

 

まず検索エンジンを利用する人が圧倒的に多いです。

 

 

SEO では、上位10サイトに表示されることが、

非常に重要です。

 

 

なぜなら、ユーザーは望んだ情報がなければ

すぐに検索用語を変えてしまうからです。

 

 

3ページ目以降に表示されていたとしても、

見る人はほとんどいません。

 

 

 

なので、上位10サイトに表示されれば

それだけでかなりのメリットがあるわけです。

 

 

うれしいことに広告料もかかりません。

しかし、良い事ばかりではありません。

 

つまり、お金を使わない代わりに、

あなたの時間と労力を使う必要があります。

 

 

書籍で学んだり、情報を仕入れたりして、

試行錯誤を繰り返していかなければなりません。

 

 

SEOの王道は以下のとおり

「検索ユーザーが満足する良質なコンテンツとは何か?」を知ること

コンテンツを検索ユーザーが求める形で提供すること

コンテンツを検索エンジンに適切に評価して貰える形で提供すること

コンテンツを多くの人に見て貰いナチュラルリンクを貼って貰うこと

 

あんまり小細工のテクニックを使っても 

 

逆にペナルティをくらうことがあるので気をつけましょう。 

 

フェレットプラスなどのキーワードツールを使い

ライバルサイトなどをチェックして 

自分だけのお宝キーワードを見つけましょう。 

 

SEOで稼ぐ場合はTOP10に入らなければ 

稼ぐのは難しいです。 

 

もし自分のサイトがTOP10にも入らないようであれば 

タイトルを変えて見たり 

そのサイトを捨てて 新しいのを作ったほうがいいです。 

 

SEO対策ができるのは ブログやサイトだけではなく 

 

SNSもSEO対策ができるのです。 

フェイスブックやツイッター Google+などなど 

ちなみに 僕の名前で検索すると

僕のツイッターのプロフィールが出てきます。

 

僕の場合だと同姓同名の人が何人か出てきてしまいますが 

あなたの名前が変わった名前なら 

 

簡単に1位をとることもできます。

 

SEO対策1 

ドメインエイジが大事になってきます。 一般的には古い中古ドメインが有利になります。 

サイトというのは長く運用しているものの方が上位表示しやすいからです。

そしてサイト名に合ったドメイン名をつけることも大事です。 

例えば テニスのサイトを作るなら tennisdouga.jp みたいな感じで

テニスに関係のある名前を付けるといいでしょう。

 

対策2 

内部リンクを増やしていく。 内部リンクとは同じサイト上のページにリンクを飛ばすことです。

例えば 記事が10記事あった場合 最初の記事を読み終わったら次のページにスムーズに行けるように記事の下にリンクを貼っておくことです。

 

 

 

 

 



読者登録

大森拓也さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について