目次
はじめに
ブランディングをしてみよう
モデリングをすると結果が出やすい
コミュニティを作る
覚えておきたい4ステップ
自由人の成功者になる17のステップ
他人レバレッジを使おう
ネットビジネスの攻略法
お金持ちになる思考法
エリートの人が陥るわなとは
成果報酬型のビジネスも取り入れよう
稼げる広告のやり方
ネットビジネスの構想図
1章
アウトソーシング
売り上げを増やす原則
コピーライティングについて
SEO対策
売れるホームページとは
ブログのアクセスをお金に変える
YOUTUBEについて
FACEBOOKについて
TWIITERについて
アメブロについて
アフィリエイトの基礎知識
サイトアフィリエイトについて
サイトアフィリエイト SEO篇
ネットビジネス おすすめツール
ネットビジネスでお金をかけるか かけないか
あなたの商品に付加価値をつける
無料レポートとリスト
PING配信について
ペイパルについて
リセールライトで稼ぐには
集客の基本マインド
ブログとメルマガ
広告のエッセンス
価格設定について
Windows ショートカットキー
リストマーケティングのついて
ロングテール戦略
無料レポートテンプレート
自己アフィリエイトについて
セールスレターのテンプレート
キャッチコピーをお手本
継続的に売れている商品とは
アドレスの価値?
ヤフオク活用術
解決サイトを利用する
リストを購入する?
フリーソフトを使いこなそう
サーバーについて
グーグルアドセンスに挑戦してみよう
キーワード戦略について
サイトを作っていこう
せどりについて
PPCアフィリエイトについて
2章
損得勘定で考えるな
あなたには強い信念がありますか?
知識がなければ 知恵も出ない
現場を知らない社長はいつか滅びる
完璧を求めてはいけない
価格競争に巻き込まれてはいけない
やめる覚悟も大事
税金について
会計は大事
採用はどこで?
法律も知っていた方がいい
0章
最後に

閉じる


<<最初から読む

7 / 68ページ

他人レバレッジを使おう

努力だけでは成功しない。

強力な協力がないと・・

超短期でらくらく成功する方法。

 

 

それは、<他力レバレッジ>だ。

他力レバレッジには4つのレバレッジがある。
暗記しておいてほしい。

 

 

OPM(Other people money)


OPT(Other people time)


OPI(Other people influence)


OPR (Other people resource)

 

他人のお金
他人の時間
他人の影響力
他人の資源

この4つだ。

 

 

そして、また大事なのが、かけ算。

OPM×OPT×OPI×OPR

この4つをかけ算して組み合わすと爆発的な価値が創れる。

このかけ算を

本当に覚えてほしい。

 

 

 

 

貧乏になる人と、金持ちになる人の違い。

それは
<足し算行動>か、
<かけ算行動>かの違いなんだ。

 

 

■他人のお金(例)

不動産の世界では、他人のお金を使えと言われる。
つまり銀行だ。融資を使って、億超えの物件を購入する。

ビジネスの世界も同じ。


エンジェル投資家を探せという。
そうすれば、素早く店舗オーナーになれたり、
大きな広告に手を出すことができる。

 

 

■他人の時間(例)

これは従業員、外注レバレッジだ。

しかし、注意してほしい。
人の管理は難しい。時間もとられる。

だから、他人の<時間>となっているのがポイント。

人は簡単には育てられない。


いや、一番難しい。時間を投下して人を育ててはいけない。

意識の高い人をやる気にするのは簡単だ。

 


しかし、意識の低い人を、
やる気にすることはやっぱり難しい。

人選は一番難しいのだ。

だから、成果ベースで人と付き合うこと。
ビジネスライクなおつきあいにすること。

そのため、業者にお願いしなさい。
あるいは、プロにお願いしなさい。

コピーライティングに特化して、
広告出稿や税務会計、秘書は業者にお願いするのが鉄板なのだ。

 

 

ホームページも、いまでは
月額でやってくれる安いところがいっぱいある。

 

 

 

■他人の影響力(例)

 


私は●●さんから学んだ。
私のメンターは●●です。
世界中で流行っています。
日本の10人に一人が使っています。
孫さんが推薦している。
ユニクロ柳井さんも実践している。
など。

他人の影響力をquarifyにする。

 

 

 

■他人の資源(例)

他人の情報源の活用方法は、お互いの交換だ。

たとえば、1つ情報教材をもっていたとする。

そしたら、その教材を種にして、
他人と交換していく。

 

それが、できたら、新しい教材をもとに
また教材を交換していく。

リストも同じだ。

1000人の読者がいたとする。

そしたら、同じくらいの媒体をもっている人と
相互に紹介しあう。

 

それを繰り返して、雪だるま式にリストを増やす。

具体的には、媒体保持者をインタビューし、
自社の媒体に紹介する。

そして、相手にも自分をインタビューしてもらい、
相手の媒体に紹介してもらう。

これを繰り返すと、短期的に濃いリストを無料で増やせる。

あるいは、
リストは持っているけれども、売る物がない。
売る物があるけれども、メルマガ書いてられない。

そんな販売者さんを見つけて、
代わりにローンチプロモーションを代行してあげる。
そして、成果報酬を頂く。

 

 

これは他人のリストをレンタルしているのと同じ。

あるいは、
リストはあるけど、売る物がない。
売るものがあるけど、リストがない。
という別々の人をマッチングしてあげて、
その仲介人として、プロモーションを代行する。
そして、成果報酬を頂く。

こんなこともできる。

 

 

 

<他人のリストと商品のレンタル×自分のプロモーション>

<Aさんのリストレンタル×Bさんの商品レンタル×自分のプロモーション>

これだったら無限に稼げると思わない?

 

 

そう、すべては
<かけ算>

<組み合わせ>
なのだ・・


ネットビジネスの攻略法

 

ネットビジネスの攻略法 それは

 

リストを集めるです。

 

たったこれだけ 

 

リストは全ての根幹であり、これがないとなかなかビジネスが拡大しないのも

 

事実です。

 

 

見込み客を集める=リストを集めるということになります。

 

 

だからこそ 無料のセミナー  無料オファーなどが沢山あるのです。

 

あれでみんなリストを集めることに集中しているわけです。

 

 

サイトやSNSやYOUTUBEなどから  リストを集めることができるようになりましょう。

 

 

ようするに ランディングページ(リスト)をとるページに 

 

誘導していくことが大事になります。 

 

 

お金に余裕があれば、広告をかけて集めた方が早いです。

 

 

 

 


お金持ちになる思考法

 

 

ロバートキヨサキさんも言っていますが 

 

お金持ちになるには ビジネスをやるか投資をするしかありません。

 

 

そして 資産に投資をすることです。 

 

普通資産と言えば 不動産や金などがありますが 

 

 

ネットビジネスで言えば 

 

サイトやリスト、自分が作ったコンテンツなどは 資産になります。

 

本当に質の高いコンテンツを一度作ってしまえば 

 

そこから 5年 10年とお金を生みだすことができるようになります。

 

 

サイトなんかは すぐには成果はでませんが 

 

2年とか 4年とか 続けているとそれが実感できるようになります。

 

 

なので、 自分は資産を作っているというマインドを持ってやった方がいいでしょう。

 

 

そして 最後は 自己投資をすることです。 

 

 

自己投資をせずに成功者になることはありません。 

 

稼いだお金は どんどん自己投資に使って 

 

自分自身の価値をどんどん上げてください。 

 

 

あなたは ロッキーリャンを知っていますか? 

 

台湾の実業家です。

 

 

彼は 世界中のNO1の成功者から教わるために 

 

1億円以上もの自己投資をしたそうです。 

 

 

 

それだけの自己投資をすれば 

 

成功するのは決まっています。 

 

 

なので あなたも自己投資にはどんどんお金を使っていきましょう。

 

 

 

 


エリートの人が陥るわなとは

 

 

エリートの人が陥るトラップについて 

 

 

最近ではネットビジネス業界にも、 

 

元大企業で働いている人や京都大学などの一流の大学を出ている人なども

 

増えてきました。

 

 

でも、そのわりには なかなかうまく成果を出せていない人も多いです。

 

 

そこには、エリートならではのトラップカードがいくつも存在しているのです。

 

 

 

1つ目  文章が硬いOR 難しい 

 

エリートの人が書く文章ははっきりいって 硬いです。

 

論理的に書いている人も多いので、読むのが疲れるっていうのもあります。

 

本当に良いことを書いているんだけど、読みづらいのでアクセスが集まらないのです。

 

論文みたいに書くのはやめましょう。 

 

 

 

 

2つ目 抽象度を下げることができていない 

 

ようするに専門用語などを使って説明したりするからわかりづらいし 

 

具体性が少ない。

 

 

  難しいものはわかりやすく 

 

わかりやすいものは ちょっと変化を加えたり、面白く書いていくことが重要になるのです。

 

本当に頭の良い人は 次元空間的に抽象度を自在にチューニングできる人なのです。

 

 

簡単に言えば 

 

どんな相手にも合わせて、話したり 書いたりできるってことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

3つ目  難しい方に走ってしまう。 

 

エリートの人は プログラミングとかアプリ制作とか 

 

マッチングサイト運営とか 難しいビジネスなどにチャレンジしている人が多いです。

 

 

もちろん それでも構いませんが  

 

本当に自分に合ったビジネスをやった方がいいですし

 

長くは続きません。 

 

 

 

 


成果報酬型のビジネスも取り入れよう

 

 

リアルビジネスでも

 

ネットビジネスでも 

 

 

できれば、 成果報酬型のビジネスも始めるといいと思います。

 

 

僕も成果報酬型をやっています。 

 

このビジネスモデルの良い所は 

 

お互いにメリットがある WinーWinの関係になっている所です。

 

 

ようするに ある程度の成果が出たら、それに伴って料金をいただく 

 

まったく成果が出なければ、0円。 

 

なので相手にとってもリスクがないのです。

 

成果が出れば出るだけ 稼げる仕組みなので あなたの腕次第ってことです。

 

 

ある程度実績などもできたら、成果報酬型のビジネスなどもやってみるといいでしょう。

 

例えば 

 

僕は100万円以上売れるセースルレターを作ることができるので 

 

それを成果報酬でやらせてください  とオファーなどをしていきます。

 

 

 



読者登録

大森拓也さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について