目次
はじめに
ブランディングをしてみよう
モデリングをすると結果が出やすい
コミュニティを作る
覚えておきたい4ステップ
自由人の成功者になる17のステップ
他人レバレッジを使おう
ネットビジネスの攻略法
お金持ちになる思考法
エリートの人が陥るわなとは
成果報酬型のビジネスも取り入れよう
稼げる広告のやり方
ネットビジネスの構想図
1章
アウトソーシング
売り上げを増やす原則
コピーライティングについて
SEO対策
売れるホームページとは
ブログのアクセスをお金に変える
YOUTUBEについて
FACEBOOKについて
TWIITERについて
アメブロについて
アフィリエイトの基礎知識
サイトアフィリエイトについて
サイトアフィリエイト SEO篇
ネットビジネス おすすめツール
ネットビジネスでお金をかけるか かけないか
あなたの商品に付加価値をつける
無料レポートとリスト
PING配信について
ペイパルについて
リセールライトで稼ぐには
集客の基本マインド
ブログとメルマガ
広告のエッセンス
価格設定について
Windows ショートカットキー
リストマーケティングのついて
ロングテール戦略
無料レポートテンプレート
自己アフィリエイトについて
セールスレターのテンプレート
キャッチコピーをお手本
継続的に売れている商品とは
アドレスの価値?
ヤフオク活用術
解決サイトを利用する
リストを購入する?
フリーソフトを使いこなそう
サーバーについて
グーグルアドセンスに挑戦してみよう
キーワード戦略について
サイトを作っていこう
せどりについて
PPCアフィリエイトについて
2章
損得勘定で考えるな
あなたには強い信念がありますか?
知識がなければ 知恵も出ない
現場を知らない社長はいつか滅びる
完璧を求めてはいけない
価格競争に巻き込まれてはいけない
やめる覚悟も大事
税金について
会計は大事
採用はどこで?
法律も知っていた方がいい
0章
最後に

閉じる


<<最初から読む

48 / 68ページ

解決サイトを利用する

 

 

解決サイトとは 

 

 

お悩みgooとか 

 

 

yahoo知恵袋の ことです。 

 

 

これらを利用して 人を集めることもできます。 

 

 

 

たとえば 

 

 

あなたがダイエットのブログをやっているのであれば 

 

 

ダイエットに悩んでいる人の方の質問に答えて 

 

そこで あなたのブログも紹介するって寸法です。

 

 

これだけの悩みがあるってことは  

 

 

それは需要があるってことです。 

 

 

その悩みを解決するような 情報教材を作るのもいいでしょう。

 

 

 

 

 


リストを購入する?

 

 

リストは 購入することができますが 

 

 

ここで注意点があります。 

 

 

それは初心者の人がいきなりリストを買っても 

 

 

稼げないってことです。 

 

 

 

なので もしあなたがリストを購入するなら  

 

 

ある程度 稼げるようになってからの方がいいです。 

 

 

ある程度 面白いコンテンツや  

 

 

ためになる文章を書けないと  稼ぐのは難しいです。

 

 

そして リストをもし購入したら 

 

 

すぐに商品を売ったりするのはよくないです。 

 

 

まずは 何か無料プレゼントをあげたり 

 

 

ステップメールなどで 

 

 

あなたのことを知ってもらう必要があるのです。

 

 

 

リストを購入するときは 

 

 

メルマガ読者増サービスなどと検索すれば  

 

色々でてきます。

 

 

 


フリーソフトを使いこなそう

 

 

ネットビジネスをやる人は 

 

 

フリーソフトを色々使いこなしています。 

 

 

GIMPや バンディガムなどは  みんな使っていますし

 

 

僕も使っています。 

 

 

なので 便利なフリーソフトを使いこなしましょう。

 

 

お金に余裕があれば 有料版もためしてみましょう。 

 

 

 

便利なフリーソフト100はこちらをクリック

 

 

 

 


サーバーについて

 

HPなどを作るときに サーバーを借りると思いますが 

 

 

一番のおすすめはXサーバーになります。 

 

 

検索すると出てきますので 

 

 

月額1500円になります。 

 

 

でも  もし  お金がないって人は 

 

 

ロリポップか ミニバードという サーバーを使いましょう。 

 

 

ロリポップなら 月額100円から 使えます。

 

 

 

アクセス数が 10万以上とか  ある人は 

 

 

安いサーバーだと落ちるので気をつけましょう。

 

 

 


グーグルアドセンスに挑戦してみよう

まずはアカウントを取得しよう

 

グーグルアドセンスと検索。

 

 

まずそもそもアドセンスを取得するためには

 

 

申請サイト(ブログでもOK)を用意する必要があります。

 

 

 

 

ある程度のコンテンツがあるちゃんとしたブログを用意した上で

 

 

申請をしよう。

 

 

 

 

グーグルとしてもわけのわからないブログにアカウントを付与するわけに

はいかないので、審査を行うわけです。

 

 

 

アドセンスは

 

 

広告の役割を果たしているので

 

 

 

掲載しているブログがわけのわからない内容とかだったら

 

 

 

広告を出稿している広告主さんに対しても不利益なわけですからね。

 

 

 

まぁ大事なのは、アドセンスの審査に通るようなブログを用意すること。

 

 

 

 

 

じゃあどうしたら

 

 

審査に通るのでしょうか

 

 

 

 

記事数でいえば10記事(10日分)程度

 

 

 

文字数は最低600字は欲しいところですが

 

 

文字数が少なくても

 

 

 

ちゃんとした記事が20~30ぐらいあれば

 

 

 

大丈夫です。

 

 

 

 

このくらいのコンテンツをしっかり用意した上で

 

 

 

申請すれば審査もほぼ通ります。

 

 

 

また、書く記事のテーマとしては基本的には何でもよいのですが

 

 

アダルトとギャンブル系のものは だめです。

 

 

 

特に書くことがない人は

 

 

日記とかでもいいのですよ日記なんて一番やりやすいですね。

 

 

 

これならまだ文章を書くことに慣れていない人でも

 

 

 

書きやすいですし、記事を書く練習としては最適といえます。

 

 

 

 

 

 

あと、これをやる人はいないと思いますが

 

 

アフィリエイトリンクを貼ったりしている状態で申請もしないでくださいね。

 

 

 

まあ、それでも通る可能性はあるのですが

 

 

それは通ってから貼ってください。

 

 

 

 

・稼ぐにはキーワード選びが大事になってくる。

 

 

いつでも一定の検索回数が見込めるキーワード

 

 

 これから流行りそう(検索回数が増えそう)なキーワード

 

 

 

アドセンス狙いの場合ってこの2つの

 

どちらかを狙っていけば 稼げるようになります。

 

 

 

年間を通じていつでも一定の

 

 

検索回数が見込めるキーワードってあるんですよ。

 

なんとなくわかりますかね?

 

 

 

わかりやすい例でいえば

 

「自動車保険」なんかそうですよね。

 

 

 

年間ベースで考えるといつでもある程度一定の

検索回数が見込めるといえますよね?

 

 

他にも 消耗品などの場合

 

 

使ったら なくなるわけですよね

 

 

ってことは 新しいのを 買いますよね

 

 

そこで YAHOOなどで調べるわけです。

 

 

例えば プリンターのインクとかさ

 

 

 

 

 

これに対して、後者のこれから検索回数が増えそうなキーワードって

なんでしょうか?

 

 

季節によって結果が違いますが

 

 

例えば春だったら

 

 

就職や進学などが多いので

 

 

引越し業者や 家電製品などが売れるわけです。

 

 

 

あとは これからきそうな芸能人とかね

 

 

今年で言えば キンタローとか 

 

 

東進の林先生とかね

 

 

 

つまりまだ人気のないころから注目しておくとおいしいわけですね。

 

 

 

そしてこの前者と後者の2つのタイプの違いを必ずマスターしてください。

 

 

前者は、①いつでも一定の検索回数が見込めるキーワード

 

 

後者は、②これから流行りそう(検索回数が増えそう)なキーワード

 

 

 

 

 

じゃあどっちが稼げるかと言うと

 

 

 

それは やってみないと わかりません

 

 

 

前者は ある程度安定的ですし

 

 

 

後者 は  爆発的に行くときもあれば

 

 

そうじゃないときも あります。

 

 

 これは 色々試行錯誤 してみて

 

 

 自分だけの  キーワードを見つけてください。

 

 

・アドセンスでやってはいけないこと

 

 

 

 

 

 

ごくまれにですが「アドセンスってクリックされれば、お金になるんでしょ?

自分でクリックしちゃえ~。」みたいな方がいらっしゃいますが

 

これは絶対にやめてください。

 

 

 

100%グーグルにばれて、アカウントが削除されます。

 

 

 

ただし、間違って1回クリックしてしまったぼとかそのぐらいなら経験上は

大丈夫ですのでご安心ください。

 

 

 

ただし、それを何度も何度も繰り返したりすると

 

 

十中八九、グーグルから 警告がくるので  気をつけましょう

 

 

 

 

 

 

【コンテンツ不足にならないようにする】

 

 

 

 

アドセンスを掲載するページの記事がコンテンツ不足とならないように気をつけてください。

 

 

 

具体的には、文字数が500 文字を超えるよう意識していただけたらと思います。

 

 

 

【アドセンスの広告を誘発するような文章を入れてはいけない】

 

 

 

 

これは知らず知らずのうちに、やってしまうケースが非常に多いのですが

 

 

 

 

どういうことかといいますと

 

 

例えばアドセンス広告のすぐ上とかに、いますぐクリックとか記載してしまうと

 

 

 

アドセンスへの広告を意図的に誘発していると勘違いされる恐れがあるため、禁止となっており

ます。

 

 

 

 

アドセンス広告ってあくまでも自然に興味をひかれた方がクリックしてもら

う広告なわけですから

 

 

先ほど記載したような文言をすぐ近くに掲載すると

 

 

 

それに釣られてクリックしちゃう人もいるわけです。

 

 

 

ところがクリックした先が

 

 

 

訪問者にとって期待はずれだとすぐにそのサイトを離れてしまうじゃないですか?

 

 

 

 

これって広告主にとってはすごく不利益です。

 

 

 

 

広告費払っているのに、属性に合わないアクセスを流されても仕方ないわけですから。

 

 

 

 

そこで、こうした流れになるのを防止するために、グーグルはクリック率を誘発するよう

な文章を掲載しないように規約に定めております。

 

 

 

 

【画像の近くには貼らない】

文字通り、画像のすぐそばにはアドセンスは貼らないようにしてください。

規約によって禁止されている行為のひとつです。

 

 

【「スポンサードリンク」という記述をいれるようにする】

スポンサードリンク。すなわちこれは広告ですよという

 

 

記載を訪問者に対して意図的に示してあげる必要があります。

 

 

 

ですから、広告なのか?コンテンツなのか?紛らわしくならないように

 

 

アドセンスのすぐ上にスポンサードリンクという記述を入れるようにしてください。

 

 

 

 

 



読者登録

大森拓也さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について