目次
はじめに
ブランディングをしてみよう
モデリングをすると結果が出やすい
コミュニティを作る
覚えておきたい4ステップ
自由人の成功者になる17のステップ
他人レバレッジを使おう
ネットビジネスの攻略法
お金持ちになる思考法
エリートの人が陥るわなとは
成果報酬型のビジネスも取り入れよう
稼げる広告のやり方
ネットビジネスの構想図
1章
アウトソーシング
売り上げを増やす原則
コピーライティングについて
SEO対策
売れるホームページとは
ブログのアクセスをお金に変える
YOUTUBEについて
FACEBOOKについて
TWIITERについて
アメブロについて
アフィリエイトの基礎知識
サイトアフィリエイトについて
サイトアフィリエイト SEO篇
ネットビジネス おすすめツール
ネットビジネスでお金をかけるか かけないか
あなたの商品に付加価値をつける
無料レポートとリスト
PING配信について
ペイパルについて
リセールライトで稼ぐには
集客の基本マインド
ブログとメルマガ
広告のエッセンス
価格設定について
Windows ショートカットキー
リストマーケティングのついて
ロングテール戦略
無料レポートテンプレート
自己アフィリエイトについて
セールスレターのテンプレート
キャッチコピーをお手本
継続的に売れている商品とは
アドレスの価値?
ヤフオク活用術
解決サイトを利用する
リストを購入する?
フリーソフトを使いこなそう
サーバーについて
グーグルアドセンスに挑戦してみよう
キーワード戦略について
サイトを作っていこう
せどりについて
PPCアフィリエイトについて
2章
損得勘定で考えるな
あなたには強い信念がありますか?
知識がなければ 知恵も出ない
現場を知らない社長はいつか滅びる
完璧を求めてはいけない
価格競争に巻き込まれてはいけない
やめる覚悟も大事
税金について
会計は大事
採用はどこで?
法律も知っていた方がいい
0章
最後に

閉じる


<<最初から読む

35 / 68ページ

ブログとメルマガ

 

ブログと メルマガは 

 

なるべく両方使ったほうが効果的です。 

 

 

最初のほうは ブログだけでもいいですが 

 

ある程度なれてきたら 

 

メルマガも発行してみましょう。 

 

 

 

 

理由は主に2つあります。

まず、1つ目の理由。

 

スパムメール、迷惑メールなどの影響で、

メールを読みたくない人もいるのです。

 

 

特に女性は、メールを読む習慣はないけど、

好きなブログを暇な時に読む人もいます。

 

 

つまり、メルマガとブログのユーザーが

異なるということです。

 

ようするに 

 

ブログしか読まない人もいれば

 

メルマガしか読まない人もいるし 

 

 

両方読む人もいます。 

 

 

 

 

 

 

「メルマガとブログ、両方やるのは大変です。」

という方もいるかもしれません。

 

 

 

でも、心配はいりません。

メルマガとブログに同じ記事を使えば良い!

 

 

 

・メルマガから始めて、ブログに転用する。

 

 

・ブログから始めて、メルマガに転用する。

 

 

どちらの方法でも構いませんから、

まず始めてみましょう。

 

 

そっくり そのままでもいいですが 

 

 

多少はリライトして使ったほうがいいですね 

 

 

あとは SNSなどにも 

 

同じ投稿をするのもいいでしょう。 

 

 

 メルマガとフェイスブックに 同じ投稿をしてる

 

起業家さんなどは結構いるのでね 

 

 

 


広告のエッセンス

 

ホームページやセールスレター 広告などを 

 

出すときは 以下のエッセンスを使って  文章を考えましょう。 

 

 

 

 

1.「斬新な切り口・アプローチ」

 

 

2.「問題の提示」

 

 

3.「問題の煽り立て」

 

 

4.「解決策の提示」

 

 

5.「悩みの解決」

 

 

6.「魅力的な無料オファーをつける」(無料プレゼント等)※質より量

 

 

7.「ベネフィット」(得をする、サービス)

 

 

8.「限定」(すぐ、いつまで、何個まで等)

 

 

9.「あまり知られていない事実・秘密」

 

 

10.「特別」(今だけ、あなただけ、キャンペーン)

 

 

11.「~しないと損をすると思わせる」

 

 

12.「保証」(安心)

 

 

13.「ユーザーの声」

 

 

14.「確信」

 

 

15.「繰り返し」

 

 

16.「疑似体験」~ストーリー展開

 

 

17.「記事風」(~は○○になるらしい、等)(時事折込)

 

 

18.「逆説」

 

 

19.「夢・希望・理想」

 

 

20.「ターゲット絞り込み」

 

 

 

 

もちろん 全部使う必要はありませんが 

 

 

これらを意識して  文章をつくれば 

 

 

どんどん売れるようになるでしょう。

 

 

 

 

 

 


価格設定について

 

 

 

 

あなたの情報商材には、どのような値段を付ければよいのでしょう

か?

 

 

これはなかなか難しい問題ですが通常はこう考えます。

 

 

部数がはけそうな本(E-BOOK)は安価にし、買う人が少なそうな本

は価格を高めに設定します。

 

でも

 

例えば10人の人に1万円の品を売った場合、総額は10万円です。

 

 

千円の品を100人に売った場合も総額は同じ10万円です。

 

 

世の中には1万円の品を買う余裕のある人よりも、千円の品でない

と買えない人の方がたくさんいます。

 

 

インターネットを利用して情報商材を売る場合は、もうひとつの考

え方も出来ます。

 

 

それは店舗販売と違ってネット販売の場合1万円の品を売るのも千

円の品を売るのも、売る為の労力はほとんど同じだという事です。

 

 

店舗販売の場合高価な商品を買って貰う為には、店員にそれなりの

接客技術が必要です。

 

 

それには店員の教育訓練などに時間とコストがかかります。

 

 

ところがネット販売の場合価格が安かろうと高かろうとサイトを作

る時間と費用や、あなたが毎日お店番をする時間はほとんど同じで

す。

 

 

商品価格が安いからといって、手抜きをしてお粗末なサイトを作る

わけには行きません。

 

 

ですから高めに価格設定出来そうならそれに越したことはありませ

んので、高い価格を付けましょう。

 

 

 

 

価格を決めるに際しては以下の事柄を考慮してください。

①その情報商材は多くの人が抱える、差し迫った問題に対する解決

法を提供する最新情報でしょうか?

 

 

それとも少数派向けの内容ですか?

 

 

②その情報はよそでもいくらでも見つかる情報でしょうか?

 

それともあなたの製品ならではの内容になっているでしょうか?

 

 

 

③その情報は容姿が良くなったり、健康になったり、お金が儲かっ

たり、楽しんだり、悩ましい問題が解決出来る情報ですか?

 

 

 

 

④その情報は人が喜んでお金をつぎ込みたくなる内容でしょうか?

それとも安ければ買う程度のものでしょうか?

 

 

⑤その情報は大衆の心に訴えかける内容ですか?

それともある特定の人にだけ、ものすごい価値のある内容になって

いますか?

 

 

 

価格設定は  高すぎてもいけないし   安すぎてもいけません。 

 

 

でも どちらかといえば  

 

値段は高くしたほうがいいのです。 

 

 

もちろん 安い商品を作ってもかまいませんが 

 

その場合は  バックエンドを作るなどしておきましょう。 

 

無料で売ってるものは そのほとんどに バックの商品があるから  

 

無料で売っているのです。 

 

 

無料オファーだって 同じです。 

 

 

もっともらしいことをいったって 最後には セミナーとか 売ってくるのです。 

 

 

 

どうやったら 高く売ることができるのか  

 

考えてみてください。 

 

 

 

 


Windows ショートカットキー

[Ctrl]+Z元に戻す

 

 

[Ctrl]+Y[Ctrl]+Zで操作を取り消したけどやはり元に戻したいときに使うキー

 

[Ctrl]+[Alt]+[Del]瞬時に再起動できるキー。

 

[Ctrl]+[End]or[Home]文章が長くても瞬時に[Ctrl]+[End]で文頭に,[Ctrl]+[end]で文末に移動できる。単独で押すと行頭、行末に移動できる

 

 

[Ctrl]+S文章やファイルを瞬時にセーブできるキー。

 

[Alt]+[半角/全角]日本語入力と英字入力を切り替えるキー

 

[Alt]+[F4]使用中のアプリケーションを一発で終了させるキー。アプリケーションがない場合WINDOWSを終了できます

 

[Shift]+[Del]ゴミ箱に移さずに直接削除できるキー(選択した状態でこのキーを押す)

 

[Shift]+閉じるボタン全てのウインドウを閉じる

 

[windows]+Dたくさんのウインドウを一発で最小化できるキー。もう一度押せば元の状態に戻る

 

 

[windows]→Uマウスの操作なしにパソコンをシャットダウンできる。 

 

[Print Screen]現在画面に表示されている映像をクリップボードにコピーする。

 

[Alt]+[Print Screen]クリップボードにアクティブウインドウのスクリーンショットを(映像を)コピーする

 

 

【Esc】ほとんどのキャンセルボタンの役割を果たします。 

読みは「エスケープキー」

注)[Windows]とはコントロールキー[Ctrl]の横にあるウインドウズマークのキー

 

そのほかのショートカットキー

コマンド効果

[windows]スタートメニューを表示できる

 

[windows]+Eエクスプローラーを表示

 

[windows]+F前回使用したフォルダ名で検索を起動できる

 

[windows]+Mたくさんのウインドウを最小化できる。元に戻すには[Windows]+D

 

[windows]+Rファイル名を起動して実行を起動する

 

[windows]+[F1]Windowsのヘルプを表示

 

[windows]+[Pause]システムのプロパティを表示

 

[windows]+[Tab]+[Enter]タスクバーにあるプログラムを選んで実行できる

 

[Alt]ウインドウのメニューを表示する(ウインドウの下の表示方法が変わる)

 

[Alt]+[←]一つ前のフォルダに戻る

 

[Alt]+[→]一つ先のフォルダに進む

 

[Alt]+[Enter]or左クリック選択したオブジェクトのプロパティを開く

 

[Alt]+[Esc]or[Tab]タスクバーに表示されている起動中のアプリ、開いているフォルダをを入れ替える(Tabの方が何となくわかりやすい)

 

[shift]+[Alt]+[Tab]上とは逆方向にアプリ、フォルダを入れ替える

 

[Alt]+[Space]現在のウインドウのコントロールメニューを表示する

 

[Alt]+[Space]+Nウインドウを最小化

 

[Ctrl]+Aフォルダ内にある全てのファイルを選択。(よく使います)

 

[Ctrl]+Cオブジェクトのコピー

 

[Ctrl]+Dオブジェクトの削除

 

[Ctrl]+[Enter]選択したフォルダを別ウインドウで開く

 

[Ctrl]+[Esc]スタートメニューの表示

 

[Ctrl]+[F4]アプリケーションの中のウインドウを閉じる

 

[Ctrl]+Vオブジェクトの貼り付け

 

[Ctrl]+[windows]+Fコンピューターを検索

 

[Ctrl]+Xオブジェクトの切り取り

 

[F1]表示されているアプリケーションなどのヘルプを表示する

 

[F2]選択したオブジェクトの名前を変更

 

[F3]検索を起動する(ファイルやフォルダ)

 

[F4]フォルダのプルダウンメニューを表示

 

[F5]画面を最新の状態に更新

 

[F6]選択の切り替え

 

[F10]プログラムのメニューバーをアクティブにする

 

[F11]フォルダのウインド上を全画面表示にする

 

[shift]+F10右クリックと同じメニューを表示

 

[shift]+CD-ROM挿入CD-ROMを自動再生しない

 

[PageUp]スクロールバーを1画面分一気に上げる

 

[Page Down]スクロールバーを1画面分一気に下げる

 

 

[Back Space]開いているフォルダの1階層上に移動する

 

 

 


リストマーケティングのついて

 

リストマーケティングとは 

 

基本的には 人を集めて 教育して  そして 

 

販売することです。 

 

そして 一番大事な部分が 教育なのです。 

 

 

教育とは 自分のことを知ってもらったり 

 

何か 価値のある情報を伝えることです。 

 

 

リストが 沢山あっても 

 

内容がつまらければ  すぐに解除されてしまうのです。 

 

 

例えば ホリエモンのメルマガみたいに 

 

Q&A として 読者の質問に答えていったり 

 

するのもいいでしょう。

 

 

ポイントをつけて 

 

ポイントがたまったら 何かプレゼントしたりするのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

教育とは 

 

あなたがどんな人で 何をやっているのか 

 

あなたがどんな価値を与えてくれるのか 

 

あなたのメルマガを読むメリットがあるのか 

 

などなど 

 

 

 

リストを教育することで 

 

あなたを信頼し  商品も少しずつ 売れていくのです。 

 

 

でも 全員を 教育するのは 無理なのです。 

 

 

さすがに 全員が 全員とは いきません。 

 

 

だいたい 10%ぐらいか もっと低いか 

 

それぐらいの人しか  たぶん  

 

 

教育はできないでしょう。 

 

でも それだけ いれば十分なのです。 

 

 

それを 繰り返していけばいいのです。 

 

 

そしたら  あなたのファンはどんどん 増えていくでしょう。 

 

 

リストは 多ければ いいってものじゃ ありません。 

 

あんまり多いと サーバーに負荷がかかり 

 

メールが到達しなくなったりするからです。 

 

 

そんなときは  別のメルマガなどに誘導して 

 

読者を減らしましょう。 

 

 

メルマガの場合は 量より 質を意識してください

 

 

 

 

 

 

 



読者登録

大森拓也さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について