目次
はじめに
ブランディングをしてみよう
モデリングをすると結果が出やすい
コミュニティを作る
覚えておきたい4ステップ
自由人の成功者になる17のステップ
他人レバレッジを使おう
ネットビジネスの攻略法
お金持ちになる思考法
エリートの人が陥るわなとは
成果報酬型のビジネスも取り入れよう
稼げる広告のやり方
ネットビジネスの構想図
1章
アウトソーシング
売り上げを増やす原則
コピーライティングについて
SEO対策
売れるホームページとは
ブログのアクセスをお金に変える
YOUTUBEについて
FACEBOOKについて
TWIITERについて
アメブロについて
アフィリエイトの基礎知識
サイトアフィリエイトについて
サイトアフィリエイト SEO篇
ネットビジネス おすすめツール
ネットビジネスでお金をかけるか かけないか
あなたの商品に付加価値をつける
無料レポートとリスト
PING配信について
ペイパルについて
リセールライトで稼ぐには
集客の基本マインド
ブログとメルマガ
広告のエッセンス
価格設定について
Windows ショートカットキー
リストマーケティングのついて
ロングテール戦略
無料レポートテンプレート
自己アフィリエイトについて
セールスレターのテンプレート
キャッチコピーをお手本
継続的に売れている商品とは
アドレスの価値?
ヤフオク活用術
解決サイトを利用する
リストを購入する?
フリーソフトを使いこなそう
サーバーについて
グーグルアドセンスに挑戦してみよう
キーワード戦略について
サイトを作っていこう
せどりについて
PPCアフィリエイトについて
2章
損得勘定で考えるな
あなたには強い信念がありますか?
知識がなければ 知恵も出ない
現場を知らない社長はいつか滅びる
完璧を求めてはいけない
価格競争に巻き込まれてはいけない
やめる覚悟も大事
税金について
会計は大事
採用はどこで?
法律も知っていた方がいい
0章
最後に

閉じる


<<最初から読む

32 / 68ページ

ペイパルについて

 

■ PayPal(ペイパル)って

 

知ってますか? 

 

ペイパルは 世界でよく使われている決済システムのことです。 

 

今のうちに アカウントだけでもとっておきましょう。

 

 

 

特徴は

 

 

・メールアドレスだけで、

インターネット上の入金・送金ができる。

 

・PayPal アカウントを無料で開設できる。

 

 

・相手にクレジットカード番号・口座番号を

知らせずに取引できる。

英語圏の決済は、PayPal が主流になっています。

 

 

■ PayPal(ペイパル)のメリット

 

・審査なしで即日販売可能

・定期課金にも対応可能

・購入後60 日以内は手数料無料で返金可能

・5~7 日以内に売上金を銀行口座に振替可能

・PayPal アカウントなしでも購入可能

 

 

 

■ PayPal(ペイパル)のデメリット

【納品の手間、納品のセキュリティ】

情報商材ASPであれば、商品を出品するだけで

情報商材ASPが商品を納品してくれます。

 

 

しかし、PayPal を使う場合は、

 

自分でダウンロードの仕組みを作る必要があります。

 

 

ペイパルで商品を販売する場合は 少し手間がかかりますが 

 

 

ASPや ネットショップに登録しなくても 

 

あなたの商品を自由に売ることができるのです。 

 

 

もちろん ブログなどでも売ることができます。 

 

でもアメーバブログでは 売ることはできますが  

 

アカウントが停止するかもしれませんので ご注意を 

 

 

 

海外などのネットショップなどでは  よく使われているので 

 

 

今のうちに 使い方を覚えておきましょう。 

 

 

ペイパルはこちら

 

 

 

 


リセールライトで稼ぐには

 

リセールライトは 再販売ができる商品のことです。 

 

リセールライトなどと検索すれば

 

色々とでてきます。

 

 

 

最初は、リセールライト商品を

どんどん出品していくのが最も良い方法です!

 

 

ホームページを編集したり、サーバーを契約したり、

アップロードしたり…

情報ビジネスをスタートするとしても、

やることはたくさんあるのです!

 

 

情報起業から始めても、挫折して当たり前です。

 

 

僕も最初は サーバーとか わからなかったため 

 

かるく 挫折をしたことがあります。

 

 

 

情報起業の場合 やることが沢山あるので 

 

途中で挫折してしまう人もいるのです。

 

 

・自分で商品を作らなくてはいけませんし

 

・自分で一からホームページやセールスレターを作らないといけないし

 

色々とあります。

ただ

 

 

リセールライトであれば…

 

 

・購入した商品をそのまま転売できます

 

・販売用のホームページも付いてきます

 

・販売で得た利益は100%自分のものになります

 

 

これなら 簡単にできるというわけです。

 

 

ただ リセールライトの場合は 

 

他の人と同じ商品を販売するので 

 

何かしらの工夫をしないといけません。

 

差別化をする必要があるのです。 

 

簡単にできる 差別化は 以下のみっつ

 

 

1.セールスレターのコピー(文章)を直す

 

2.セールスレターのデザインを直す

 

3.同ジャンルの商品をセット販売する

 

 

他にも特典をつけたり やりかたのサポートをつけたりするといいでしょう。

 

 

 

 


集客の基本マインド

 

集客するうえで 

 

大切なマインドです。 

 

やはり 一番大事なのは 

 

属性を選ぶことでしょう。

 

 

ネットビジネスに興味がある人か

 

恋愛に興味がある人が多いか?

 

 

体の悩みに興味がある人が多いか?

 

 

属性別に集めると あとあと 便利ですね

 

 

 

集客するまでの流れをステップに分けると…

 

 

1.どんな人を集めるかを決める

 

 

 

2.どこに集まっているかをリサーチする

 

 

3.そこから効率良く集客する方法を考える

 

4.そこで無料オファーを提供してリストを取る

 

 

5.メルマガなどを通じて顧客に変えていく

 

 

6.継続して購入していただける関係を築く

 

 

基本的には この繰り返しです。 

 

 

 

ビジネスで一番大事なのは  集客ですからね 

 

 

マーケティングスキルは少しずつ 

 

覚えていきましょう。

 

 

 

 


ブログとメルマガ

 

ブログと メルマガは 

 

なるべく両方使ったほうが効果的です。 

 

 

最初のほうは ブログだけでもいいですが 

 

ある程度なれてきたら 

 

メルマガも発行してみましょう。 

 

 

 

 

理由は主に2つあります。

まず、1つ目の理由。

 

スパムメール、迷惑メールなどの影響で、

メールを読みたくない人もいるのです。

 

 

特に女性は、メールを読む習慣はないけど、

好きなブログを暇な時に読む人もいます。

 

 

つまり、メルマガとブログのユーザーが

異なるということです。

 

ようするに 

 

ブログしか読まない人もいれば

 

メルマガしか読まない人もいるし 

 

 

両方読む人もいます。 

 

 

 

 

 

 

「メルマガとブログ、両方やるのは大変です。」

という方もいるかもしれません。

 

 

 

でも、心配はいりません。

メルマガとブログに同じ記事を使えば良い!

 

 

 

・メルマガから始めて、ブログに転用する。

 

 

・ブログから始めて、メルマガに転用する。

 

 

どちらの方法でも構いませんから、

まず始めてみましょう。

 

 

そっくり そのままでもいいですが 

 

 

多少はリライトして使ったほうがいいですね 

 

 

あとは SNSなどにも 

 

同じ投稿をするのもいいでしょう。 

 

 

 メルマガとフェイスブックに 同じ投稿をしてる

 

起業家さんなどは結構いるのでね 

 

 

 


広告のエッセンス

 

ホームページやセールスレター 広告などを 

 

出すときは 以下のエッセンスを使って  文章を考えましょう。 

 

 

 

 

1.「斬新な切り口・アプローチ」

 

 

2.「問題の提示」

 

 

3.「問題の煽り立て」

 

 

4.「解決策の提示」

 

 

5.「悩みの解決」

 

 

6.「魅力的な無料オファーをつける」(無料プレゼント等)※質より量

 

 

7.「ベネフィット」(得をする、サービス)

 

 

8.「限定」(すぐ、いつまで、何個まで等)

 

 

9.「あまり知られていない事実・秘密」

 

 

10.「特別」(今だけ、あなただけ、キャンペーン)

 

 

11.「~しないと損をすると思わせる」

 

 

12.「保証」(安心)

 

 

13.「ユーザーの声」

 

 

14.「確信」

 

 

15.「繰り返し」

 

 

16.「疑似体験」~ストーリー展開

 

 

17.「記事風」(~は○○になるらしい、等)(時事折込)

 

 

18.「逆説」

 

 

19.「夢・希望・理想」

 

 

20.「ターゲット絞り込み」

 

 

 

 

もちろん 全部使う必要はありませんが 

 

 

これらを意識して  文章をつくれば 

 

 

どんどん売れるようになるでしょう。

 

 

 

 

 

 



読者登録

大森拓也さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について