閉じる


<<最初から読む

13 / 26ページ

 

そろそろ戻ることにしました。産寧坂の途中あたり。

ここは、七味屋さんの店先だったと思います。

 

好みに合わせて調合してくれます。

この方、店の前で固まっていました。

 

わたくしは、もっぱら原了郭の黒七味を使っています。

 


 

八坂の塔から東大路通りに抜けて行く坂道です。

とにかく坂ばっかりなので、道を間違えると

降りた坂をまた登らないといけなくなる、という

難儀な場所では有ります。


 

、、、って、どんな食べ物やねん!

 

フレンチトーストの上に桜餅が乗ってるだけとか、、、

そんなことはないか。あんこははいってるの?

かわりアンパン?

 


 

通称ねねの道から高台寺へ上がっていく石段

 

お寺の前が長い石段になっていて、両側が樹木で覆われている

のには理由があります。

 

石段は概して登りやすくは作られていません。

畢竟足下を見ながら、無言で登り続けることになります。

次第に無心の境地に近づいたところで、登りきったところは

パッと視界が開け、明るい日の光が目に入ってくる。

 

暗闇の中に光を見つける。悟りを得る心地がする。

そう作られているのだそうです。

 

一度登るだけの、俄信心では無理でしょうけど。



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について