閉じる


<<最初から読む

6 / 22ページ

この映画で印象的だったのは二郎の美しさを求める姿だった。彼は魚の骨の曲線や女性の姿に「美しい」と言って感動する。二郎にとって魚の骨も女性も航空機も美しいとみなせば、それはどんなものよりも優先されることを表している。

ちがう角度から考えると、恐ろしい。↓


ちがう角度から考えると、恐ろしい。なぜならば、極端なことをいうと、一〇〇万円の札束よりも魚の骨の曲線美に価値をおくからだ。二郎は社会的価値観からズレているのだ。↓


劇中、カプローニが二郎に向かって「創造的人生の持ち時間は一〇年だ」という。これから分かるように、この映画は、クリエーターにとっての映画なのだ。社会的価値観からズレている主人公の感性は表現者のそれである。二郎が魚の骨の曲線美を美しいといったことが納得できる。

 二郎にとって自分が思う美しさが全てという考え方は、声の感情の無さからも読みとれる。誰と何を話していても心ここにあらずな声は非常に不気味だ。視聴者は二郎の行動と表情のみで彼の心を読みとるしかない。とはいえ、表情は常に凛としているため感情が読みづらく、彼の真意を知るには細かな行動を見逃さずみるほかない。

 人をそんな気持ちにさせるのはどういう人間だろうかと考えると、コミュニケーションが上手くない人だ。言葉では真意が読み取れないから、周りの人間はその者の行動や動作からその心を読もうとする。二郎は口ベタな表現者なのだ。↓

 

 

 


世の中美しいものは様々ある。けれど、ふつうなら捨ててしまう魚の骨を見て、その曲線を航空機に重ね合わせてしまうところが、彼の航空機にたいする情熱の深さを物語っている。情熱といえば聞こえはいいが、単にそれに「興味」があるだけだ。

彼は航空機が好きということはもちろんだが、きっと航空機以外のものに興味がないだけだと思う。

 

 

 彼は航空機が世界でもっとも美しいと感じている。


彼は航空機が世界でもっとも美しいと感じている。だから、菜穂子が病気になり、血を吐いても仕事を休まなかった。職場の人間に彼女のことを言えばそばについてあげられることは可能だったはずだ。二郎は(後の)ゼロ戦の設計に成功することが、菜穂子の病気に報いる唯一の方法だと感じてたから仕事に情熱を傾けていたと考えることはできる。しかし、物語の終盤、菜穂子は二郎の家を出て行ってしまう。

 

 

お世話をしていた黒川婦人は一言、「美しいところだけ、好きな人に見てもらったのね。」と言う。↓



読者登録

スーパーどん底タイムさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について