twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格350円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 pcpisjp
価格 350円(税込)
タグ 神社神話パワースポットお宮宗教
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 78ページ (Web閲覧)
86ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
日本全国に神社は、約8万社以上あります。
都会の喧騒の中に、住宅街の片隅に、また田畑の一隅に、村はずれにそして山奥にと、いたるところに神社はあります。
 なぜか、どのような場所にある神社でも、境内に入って行くと心が落ち着き、安らぎに似た気持ちになるようです。
 神社を教義的に著すと
神社(かむやしろ)と読み、神々を祀る建物、施設のこととなります。
 日本の神社に祀られている神々とは、高天原に座する天つ神、葦原中国に座す国つ神、敬う祖先である祖神、天皇や皇族、仏の守護神(天)、偉大な功績があった人など多種にわたっています。
 古くは、山、岩、滝、森、木、などの自然物を神が座す神域としていました。 そのような場所に祭壇のようなものを作り、人々があつまり神々を祀ったのが神社の始まりとされ、現在でも、ご神体を拝する拝殿だけがあって社殿のない神社が各地に残っています。
知っておきたい日本の神社と祀られている神々をもう一度見直してみます。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧