閉じる


先生の学生時代

先生の学生時代のお話など

Q:同期(自分とキャリアが同じくらい)に絵がすごく巧い人がいると、プレッシャー感じますか?

その他、先生の学生時代~連載デビューまで

 

 

【ヒカル】

では早速、インタビュー始めていきます。まずは軽い質問から……

自分の同期(デビュー時期なども近い)に絵が凄く巧い方がいるとプレッシャーを感じることってありますか?

 

【樹崎】

プレッシャーですか……

まず高校、当時3年生のときにナカタニD.っていう奴と出会ったんですね。美大の予備校に通い始めたら、彼は高校生なのにプロ並みに絵が巧かったんですよ。

抜群の迫力と美しい線があって。まぁ当時はデッサンすると、彼の絵もデッサンとしての絵ではなくて、彼もまだまだ(デッサンの絵は)巧くはなかった。デッサンではいい勝負だったんです。ただ、これが漫画を描くとなると彼と僕には大きな差があって、「これは天性の才能だなぁ」って感じたなぁ。

 

【ヒカル】

やはり高校時代でもナカタニさんの様に飛びぬけた実力の持ち主はいて、年齢関係なくそういう人は凄い実力を持っているんですね。

 

【樹崎】

そういう人はいますね。

ナカタニとは一緒に夏休みは東京のレベルの高い予備校に行ってたんです。そこで、ついでにジャンプや何誌かに持ち込みに行ったんです。そのとき、ナカタニには担当がついたんですけど、僕は鼻も引っ掛けられなくて(笑)

 

【ヒカル】

普通は何回も持ち込んだら、担当がつくんでしょうか?

 

【樹崎】

いや、ナカタニの様に最初から能力が高ければ、担当は一度でもつきますよ。その時は僕の実力がその域まで達してなかったので・・・。

 

【ヒカル】

なるほど……その後、高校を出てデビュー作『ff(フォルテシモ)』になるわけですか?

 

【樹崎】

いや、そのあとはまだまだ長い時間がかかります。大学に行きましたし。

 

【ヒカル】

先生は大学では漫画同好会などに入っていらっしゃいましたか?

 

【樹崎】

大阪芸術大学には『アオイホノオ』にも出てくるCASっていう有名な漫画・アニメの研究会があるんです。

僕も当時はそこに名前だけは所属していました。……っていうのも克・亜樹さんもCASに所属していたんです。克・亜樹さんのことは僕も尊敬していたんで、克・亜樹さんと会うためだけに、しょっちゅう部室の前にだけは顔出していました。

 

【ヒカル】

漫画『ふたりエッチ』で凄く有名な作家さんですよね。コンビニでコミックスよく見かけます。

 

【樹崎】

ただ僕やナカタニからしたら、漫画家っていうのはカッコいい仕事であって欲しいという考えがまずあったんです。漫画家=いじめられっこという風潮もありがたくなかった。

アニメとかが流行り出して気持ち悪いオタク野郎がどんどん増えていた時代でね……そういう新しいオタク層が許しがたい時期が僕にはあったんです(笑)一般人から見たら自分も大差なかったとは思うんですけどね。今は「そういう人こそがありがたいお客さまじゃん」って感謝すらしてるしね(笑)

 

【ヒカル】

80年代後半は一般にもアニメが浸透してきて、軽い感じでアイドルやアニメに入ってくる時代とお聞きしています。

(そういう文化がポピュラーになったというべき?)

 

【樹崎】

そうですねぇ……

僕やナカタニは世代的には第1次オタク世代で、僕らが中学ぐらいに『宇宙戦艦ヤマト』が映画化されヒットし、ガンダムが始まってるんです。だからそのあたりの作品の影響を凄く受けて熱中しているんです。

だからオタク第一世代としては、最初に本当に面白いモノ(アニメや漫画)ってジャンルを見つけたのは僕たちだ!っていう意識を持っていたし、さらに言うとオタク第一世代は自分の目でいいものを見つける能力がある人だったので

そんなには気持ち悪くはなかったんです。気持ち悪いにしても質がちがったというか(笑)。

 

【ヒカル】

僕は当時を生きてないので詳しいことは分からないのですが……

1次オタク=SF論や未来などの話題で盛り上がる。

2次オタク=キャラの表現(可愛さ)などを仲間内で語り合うことが増えてきた。今で言う、「萌え」に路線変更してきた。

……こんな印象を受けるのですが、合ってますか?

 

【樹崎】

うん、まぁそんな感じかな(笑)

僕も第2次オタク世代の文化は好きだったんだけど、それを表に押し出すのはどうよ? ……とはあの頃、感じていたんです。

だから第2次オタク要素が強かったCAS内での会話にはあんまり割っては入れなかったなぁ。彼らはアニメが好きなだけで漫画家もアニメーターも目指していない連中だったんですよ。

 

【ヒカル】

作品を見る専門の人達が大半を占めていたんですね。

 

【樹崎】

そういうぬるま湯な空間に入りたい気持ちもあったんだけどね(笑)。

でも僕は漫画家になりたかったから、それは駄目だと思い、遠慮した。

 

【ヒカル】

そういう場に入ると自分が駄目になると感じたんですね。

 

【樹崎】

そうなんですよね。それは駄目だと思い、輪の中には入らなかった。

で、僕は覚えてないんですけど(笑)。克・亜樹さんに「どうして克さんは、あんな奴らと一緒にいるんですか?」って言っちゃったらしいんです。僕は覚えてないけど(笑)。

 

【ヒカル】

だいぶ、ぶっちゃけましたね()

 

【樹崎】

でも、克さんの中ではそのことで「樹崎は漫画への情熱が凄いある」っていうを思ってもらってるみたいなんだけどね(笑)

僕はそんな酷い事言った覚えはないんですけどね(笑)

 

【ヒカル】

克先生は今では超有名漫画家さんですもんね。

克先生は、そのあと本格的にデビューという形でしたっけ?

 

【樹崎】

克さんは僕が知り合ったとき、既にデビューしてて大学中もずっと月間連載していたね。

で、卒業後にさらに週刊連載が増えてましたね。月間連載中には僕もたまに遊びにお邪魔するついでに、たまにアシスタントしていました。本格的はアシスタントではないんですけど。助っ人みたいな感じです。

 

【ヒカル】

先生は本格的なアシスタント(同じ先生の元で、数回単位の作画補助)は経験していないんですよね?色んなところで助っ人のようにアシスタントしてから連載に至ったとお聞きしました。

 

【樹崎】

そうですね。色んな先生のところで助っ人でアシスタントしました。次原先生(代表作:『よろしくメカドック』)のところでは2週だけだし、他の先生の現場でも同じような感じでちょこちょこアシスタントしていました。

次原先生のアシスタントをしていたときはデビュー作の『ff』も完成して、結果待ちの状態でした。そのとき、原稿の背景のビルに「ff」って文字を入れたりね(笑)

 『スーパーパトロール』の第1話だったかなぁ……忘れましたけど、書き込みました。消されてる可能性もありますけどね。みんな、そういうことをやりたがるので(笑)。

大体、怒られるんだけど僕の『ff』はまだ世に出ていなかったので、まぁ描いてもバレないだろうと思ってね。本当はやったら駄目だよ(笑)。

 

【ヒカル】

昔のコミックスとか読むと他作品のキャラを無断で使ったり、随所に遊びのような落書きがあったりしますよね。

 

【樹崎】

当時は今より規制が緩くて、版権にうるさい人がいなかったから……そういうことはよくありました。

 

【ヒカル】

高橋留美子先生のラムちゃんっぽいキャラが古い別の漫画に出てるのも見たことありますし、そういう雰囲気は昔の漫画ならではですよね。最近は版権が厳しくて、他作品のキャラの名前を出すだけでもアウトっぽいですけど。

そのアシスタント経験後は『とびっきり!』や『ハードラック』を連載に入っていった感じでしょうか?

 

【樹崎】

そんな感じですね。その2作品の間にもアシスタントしたこともありましたけど。

思い返すと、大学には克・亜樹さんやナカタニDの他にも田中政志(代表作:『ゴン』)さんもいたし、meimuさんもいたし他にも沢山デビューした人がかなりいましたね。

 

【ヒカル】

色んな方々が大阪芸術大学から巣立っていった時期なんですね。

 

【樹崎】

結構な大物が多く出た時期でしたね。そのときは作品しか知らなかったけど、庵野監督もいた。

庵野監督の『帰ってきたウルトラマン』知ってますか?

 

あの作品の巨大なモノの見せ方に影響を受けてね。あれを見てから、ずっと巨大なモノを描きたいと考えていたんです。で、だいぶ後に描きました(笑)