目次
はじめに
はじめに
宗教的表現について
研究者の方々へ - 検証中の仮説
外部リンクの表記、Android対応、訂正箇所のご指摘のお願い
概略
現在の症状
息子の誕生
さらに遠い通院へ
知らされなかった検査結果
アミノ酸分画検査結果
タンデムマス検査結果
合っているかもしれない仮説
閑話休題:創作話 トリケラお母さんの悲劇(# ゚Д゚)
DNA検査の実体験と仕組み
ミトコンドリアDNAの検査
ヒットカウント分析および共起性分析
23andMeのDNAアレイによる検査 - 販売停止命令に至る経緯
遺伝病とコモンディジーズの違い - 優性遺伝と劣性遺伝
ヒトはヒトであるが故にヒトの病を患う
コモンディジーズの検査方式 - アバウトなGWAS
23andMeの深刻な検査結果 - 統計の改善による影響
23andMeのその他の結果
エクソームシーケンシング
コモンとレアの重症度分布 - アレル頻度とエフェクトサイズ
個人向け遺伝子検査の選び方 - 罹患人口カバー率指標
閑話休題:製作物 DNAツリー
希少疾患と難病の制度および数値
希少疾患と難病の違いと制度的起源 - 日米欧比較
赤信号みんなで渡れば - 真面目な日本人の最悪の集団行動
もっとも希少な希少疾患 - 70億人にたった一人
もっとも正確な希少疾患の数 - 毎日約1つ希少疾患が増える?
希少疾患全体の罹患率 - 全部合わせると10~14人に一人
診断に至るまでの年数、または遅延 - 28年?!
GINA(ジーナ) - DNA検査時代の国民、患者を守る法制度
国民皆保険の功罪 - 患者をチェリーピッキングする医師達
節としてまとまらなかった事柄
希少疾患と感染症
感染症と希少疾患の関係 - 未診断の希少疾患という重症化因子
予防接種の健康被害としての未診断の希少疾患
希少疾患としての感染症 - 米国のAIDSの歴史
見えないところに死体の山
医師に頼らない因果関係の追求 - 脳症の本当の原因
更に複雑な感染症の話
医療訴訟が生み出す二次被害 - 無過失賠償制度の必要性
辛い記憶
両親を批判することについて
両親への間違った説明
辛かった学校生活
体育の次の時間に倒れてしまう
電車とバス
繰り返し運動による寝られぬほどの筋肉痛
食事の前後の発作
進化と感染症の間の遺伝性疾患
進化と感染症の間の遺伝性疾患
仮説の更なる展開 - 発見され増加を続ける希少疾患
卵子と精子の間の変異の導入の違い
感染症と遺伝性疾患で重度となる役割 - 男性淘汰進化説
絶滅のシナリオ - 感染症と遺伝性疾患の袋小路
進化のスピード調節 - もっとも強く訴えたいこと
進化と遺伝性疾患の「必然性の枠内の偶然性」
ダーウィンのUNdiagnosed
そして各論へ
遺伝学用語の混乱
遺伝学用語の混乱:genetic、遺伝か起源か
de novo変異 - 両親から受け継がれない優性遺伝の変異
個人向け遺伝子検査のガイドラインの乖離
みんなが保因者の劣性遺伝病? - 平均約10個の遺伝的荷重
劣性病的変異の健常者への影響 - 遺伝子プールの浄化説
あとがき
あとがき
これ以降分冊予定
▲▼そして各論へ
検証実験の山 - バッチ型検証実験の提案
希少疾患の中の更なる希少な患者群についての予測
環境因子か遺伝因子か
代謝異常についての進捗
遺伝子検査の2つの嘘
生まれの平等性または不平等性
▲▼生まれの平等性または不平等性
新型出生前診断と着床前診断 - 技術的に◯、倫理的に☓
生まれる前のDNA検査 - 科学的因果関係の追求ライン
技術としてのNIPT - 生まれのDNA検査の技術予測
我が子に故意に良くない遺伝因子を許容する親の罪
ディストピアな未来像 - 生まれの平等性が崩れた世界
不妊という社会問題 - 男性不妊と父性年齢効果
中絶による母体へのダメージ - 次の妊娠がうまくいく確率
着床前診断の問題点 - NIPTとの倫理的違和感
不妊治療としてのPGD - 不妊としての遺伝性疾患
生殖医療のリアルの写真
男女産み分けの国際比較 - 海外での生殖補助医療のリアル
着床前診断の潜在的なリスク - 子と女性へのリスク
フィルターされた人々による生まれの平等性、不平等性の支配
遺伝学用語の混乱:variation、多様性か変化性か
人権に基づく多様性、人権に基づく変化性
男性不妊と劣性遺伝病の完全予防 - 22世紀の精子起源工学
その他 - うまく分類できずとも価値のあるトピック
DNA検査の結果の公開 - シーケンシング機会の平等性
進化における神の概念
mtDNAとY染色体の永代性 - 未来の血縁者の不利益
奥付
奥付

閉じる


はじめに

はじめに

 

"Undiagnosed"

 

 この英語に対応する日本語として、かろうじて「診断未確定」あるいは「未診断」と翻訳されるが、どちらもよく知られた日本語ではない。日本では病気が診断できることが当たり前と考えられているからだ。しかし、英語圏では、診断できない病気を患うのが、統計的に十分起こりうることが認知され、そういった状態に陥った患者のためのガイドが存在する。

 

 そのうち、米国のヒトゲノム解析拠点である国立ヒトゲノム研究所のガイドから抜粋して翻訳する。

 

成人の場合の診断未確定状態について

(略)

診断未確定とはどんな状態のことでしょうか?

 

場合によって、医師は患者に病気の特徴や症状を見つけられないことがあり、その場合「診断未確定の希な状態」または「診断未確定の遺伝的状態」であると告げることがあります。実際、混在している症状から元になっている病気を特定して診断することは、とても時間のかかる試行錯誤の作業なのです。診断を得るのに5年以上かかることがあり、特に希な病気の場合は、往々にして最終的に診断がなされないこともあります。

 

この状態は、希少疾患の専門家を頼っているのに診断を受けられるかどうか分からないという、患者自身や家族にとっては非常に困難な状況をもたらします。不幸なことに、特定の希少疾患では患者が極めて少ないということが一般的であるため、多くの(あるいは数例でも)類似症例を診たことがある医師がいない場合が多いのです。このような理由から、医師が症状から当てはまる診断へと辿り着くまでに長い時間がかかることがあるのです。

 

患者自身としては診断が出ないことにどう対処すればいいでしょうか?

 

たとえ診断されない場合でも、症状の経過観察のために定期的に医師の診察を受けることが重要です。あなたの主治医は、もしかするとあなたの症状の変化から、診断の手がかりを見つけるかもしれません。時間が経てば経つほど、医師が症状を診断するのに重要な新しい情報に気が付くということも起こるかもしれません。

 

Courtesy: National Human Genome Research Institute

 

こういったガイドを、ヒトゲノム解析の研究所が作成しているのは意外と思われるかもしれないが、"Undiagnosed"の多くはDNAに由来するからである。

 

 実際にこの状態に何十年も囚われ続けている身としては、ずいぶんお気楽なことを言ってくれると感じたので、節の途中ではあるが翻訳を中座した。結局のところ、医療提供者側の言葉なのだ。後述するが、実際には時間が経つほど症状が進行するにも関わらず、希少疾患としての区分が細かくなればなるほど、何百キロメートルも離れた遠くの大学病院に通院しなくてはならなくなるのである。

 

 日本語である「診断未確定」の「未」の部分は、いずれ診断されるというニュアンスに受け取れるが、場合によってはそうではないのだ。英語のニュアンスではあくまで"un-"のままなのである。私は41歳の男性だが、物心ついた頃から体に異常を覚え、現在まで確定診断が得られていない。本書はその漂流の中で考えたこと、訴えたいことをまとめたものである。

 

 ヒトゲノム研究所の他に、知る限りもう1つ、米国政府機関から同様のガイドが公表されている。アメリカ国立衛生研究所(NIH)は、日本で言う厚生労働省の研究部門と考えればいいのだろうか。ヒトゲノム研究所もNIHの下に設置されている。その同じくNIHの一部門の、先進トランスレーショナル科学センター(NCATS)の希少疾患の担当部門からのものである。

 

確定未診断についての豆知識

()

旅費を補助してくれる機関はありますか? 

 

はい。検査および診断のために特別な病院を訪れるのは費用がかさみます。次の機関が米国内の範囲で患者の旅費を工面してくれます。

 

("TIPS FOR THE UNDIAGNOSED" Office of Rare Diseases Research, NCATS より)

 

米国政府はどこまで本気で言っているのだろうか。日本の常識では診断されていないのだから旅費も何も補助されるわけがないのに。しかし、他国からそんな変なところを突いて、米国の診断されない患者に万が一旅費が出なくなってしまったら困るので、未だに尋ねられずにいる。

 

 こんな妙なところまで見本とすべきだと主張するつもりはないが、それでも、日本社会は、米国の基準で考えると、あまりにも診断が出ないことを受け入れない社会なのである。

 

 

 本節で最後に図として示すのは、最近になって気付いたのだが、米国でUndiagnosed Diseases Network(未診断疾患ネットワーク)というものが、ヒトゲノム研究所が関係する形で形成されているようで、構成が以下の図にまとめられている。(Courtesy: National Human Genome Research Instituteこのように、本著では図として自ら描いたものの他に、主にパブリックドメインのものから探して取り込んでいる。ライセンスの表示要求のあるものは、多少見た目がよくないかもしれないが、その内容に従っている。未診断疾患ネットワークの図の説明によると、このプログラムで受け入れられる患者数は、1年間にNIH150名に加えて、各臨床拠点50名で5拠点なので、400名ということになる。DNAシーケンシングコアと呼ばれる拠点には企業も加わっているようだ。人数としては決して多くはないが、米国では未診断の患者に医療としての対応を行っているのである。


宗教的表現について

 本著では、頻繁に宗教的表現を用いる。「天に召される」「神の見えざる手」「ひと粒の麦」などである。こういった表現の多くはキリスト教からのものである。これら宗教的表現を用いるのは、科学や医学ではヒトの体は救えても、ヒトの心は絶対に救えないと確信しているからである。科学が描き出すあまりに過酷なリアルを、少しでも宗教的表現によって緩和したいと考えている。「遺伝病の患児が亡くなった」と記すだけでは、我々の心に安らぎが無さ過ぎるのだ。出来る限り「遺伝病の患児が天に召された」と記す方が、我々は明日も過酷なリアルの中を苦しみながらでも生きていこうという前向きな気持ちになれるのである。

 

 決して新しい宗教を始めようとしているわけではない。実際、私は臨済宗妙心寺派の貧乏寺の長男として生まれ育った。しかし、仏教には死の表現は豊富にあっても、生の表現は余りにも乏しいのだ。これは仏教が日本において葬式を管轄し、神道が比較的誕生を管轄するという、まるで官僚主義みたいな制度のためである。しかし実際には、我々は死と生の間をくぐり抜けながら生きているのであって、死と生は別々に取り扱えるものではない。そのため、どうしても、死と生を同時に取り扱っているキリスト教の方が、表現として豊かという実情になってしまっている。実際、日本の人口あたりの自殺者数は典型的なキリスト教国のそれよりも多い。他にはロシアといった、共産主義によって宗教や哲学がかつて否定された地域で自殺者数が多いのである。

 

 いや、医学にも心療内科医や臨床心理士がいる、抗うつ薬もあるではないか、なぜ科学で心が救えないなどと抜かすのだ、という御仁もおられるだろう。これらは心を救うためのきっかけを作っているだけであって、本当に心を救っているわけではない。実際、投薬をやめれば以前よりも一気に悪化する患者の方が多いはずだ。

 

 私は自分では診断されない病と進化の関係について追求している、科学の探求の徒のつもりであるが、ネオダーウィニズムの先鋭たるドーキンスといった、科学万能主義には疑問をいだいている。ドーキンスの住む英国がキリスト教国であるからこそ、科学万能主義を啓蒙しても自殺者は増えないのであって、日本で啓蒙を激しくやっていくとさらに自殺者が増えてしまうはずだ。しかし、科学や医学なしには患者の体の健康が保てず、体の健康が保てないと心も病みやすいのもまた真実なのである。

 

 健全なる魂は健全なる肉体に宿る。この言葉はよく本来の意味から体育会系の集団が誤解して用いているとして引き合いに出されるが、その誤解された意味の方もまた皆が真実だと思ったからこそ、誤解のまま広まったと考えることができる。肉体が決して健康ではない自らのことを貶めているような複雑な気持ちになるが、それでも統計をとれば身体を病んだ人口は心も満たされていないことが客観的事実として浮かび上がるはずだ。

 

 私は数値や統計、そしてエビデンスといった科学的手法の支持者である。同時に宗教的表現で心を救うことも必要だと信じている。しかし代替医療や新興宗教、またO-リングテストといった疑似科学には全く興味がない。このことは、私が以降で用いる宗教的表現に困惑して誤解されることなきよう、この時点ではっきりと宣言させていただく。

 


研究者の方々へ - 検証中の仮説

本著では、仮説の検証の部分が、闘病記的な部分の間に埋まっているため、仮説だけを取り上げてどの節で述べているかリストアップする。

 

・単一遺伝子疾患が約23000個の遺伝子にばらけて希少疾患となる。希少疾患の発見は年々進み、20年後には、OMIMの単純化した基準で数えて10000疾患を超えるはずである。

[合っているかもしれない仮説][仮説の更なる展 - 発見され増加を続ける希少疾患][変異のスピード調節 - もっとも強く訴えたいこと]

 

・男性の最大の存在意義は、全てではないが、あらゆる遺伝型に対して女性よりも表現型として少しだけ大きく表れることである。その結果、男性は、主に感染症と遺伝性疾患で、生殖年齢に達するまでに女性より少しだけ高頻度に天に召され、子を産む個体をなるべく温存しながら淘汰が促進される。新しく発生した形質が、感染症により天に召される頻度を上げるか、下げるか検証するために、過酷なことに、男性ホルモンにより免疫抑制された感染症に敏感な状況を作り出し、その形質の生存率への影響力を引き上げることによって検証が行われる。遺伝性疾患についても、同様である。(男性淘汰進化説)

[感染症と遺伝性疾患で重度となる役割 - 男性淘汰進化説]

 

・男女の性差は、他種から見分けられるほど生存ひいては進化に不利である。しかし生殖のために自種からは見分けられる必要があり、進化的に男性の方が高頻度に天に召されなければならないため、それらの間のバランスで、現在の地球上で大繁殖に成功した動物ほど性差はほどほどに抑えられている。特に女性だけが患う致死的な感染症が起こると男性の価値がなくなってしまうため、感染症のウイルスや細菌から見ても区別できない程度の性差に抑えられている。実際、ヒト、マウスの仲間、ゴキブリの地球の制覇者3者では性差はほどほどに抑制され、逆にオスらしさの代表としてヒトの興味を引いたライオンといった種の方が、皮肉なことに乱獲により、絶滅しかかっている。これはヒトでなくて他の捕食者がいた場合も同様のはずである。

[絶滅のシナリオ - 感染症と遺伝性疾患の袋小路]

 

・日本で予防接種の健康被害が問題になるのは、欧米と違って希少疾患が5000疾患もあることを認識せず、希少疾患の診断率が低いまま予防接種を受けさせているからである。

[見えないところに死体の山]

 

・日本で予防接種が普及しないことにより、免疫が強くて100歳まで生き残ったセンテナリアンにとってのみ、自然環境で定期的に弱感染を受けるのと同じ状況をもたらし、結果的に小児が死亡してセンテナリアンが増えるという非常に特殊な状況を生み出している。全体的に先進国の医療の中に、予防接種のみ途上国以下の医療が生じた結果である。しかし、予防接種医療が後退してセンテナリアンが増えるという皮肉な結果により、自国の医療に問題があると国民の多くがまだ気がついていない。

[更に複雑な感染症の話]

 

・みんなが劣性病的変異の保因者であるという説明は科学的に事実ではない。保有している劣性病的変異の数は家系や個人で大きくばらつき、平均10個と考えると約20000人に一人はたった一つの劣性病的変異さえ保有していない。

[みんなが保因者の劣性遺伝病 - 平均約10個の遺伝的荷重]

 

・劣性遺伝病の患児が天に召されることで、遺伝子プールは浄化作用を受け、我々は健康を保っている。

[劣性病的変異の健常者への影響 - 遺伝子プールの浄化説]

 

 

動機として、実に多くの診断されない希少疾患が存在することを証明するのを目指し、その証明に説得力を持たせたいということもあって、漠然と開始した仮説と検証のシリーズだが、結局これだけの範囲が広がってしまった。もしできることなら研究者の方々からご意見をいただきたいと考えています。


外部リンクの表記、Android対応、訂正箇所のご指摘のお願い

 本著では根拠を固めるために外部リンクを多用している。特に重要な箇所については、文章の中の該当部分をアンカーテキストとする形で、外部リンクを張っている。それほど重要でないと思われる箇所については、脚注記号のようにしてアスタリスク「*」を文末などに挿入し、それをアンカーとしてリンクを張っている。アスタリスクを脚注記号として用いるのは、紙書籍ではごく普通の用法*であるが、その流儀に似せて電子書籍内のアンカーとして転用している。

 

 しかし、これでは、Androidタブレットで読む場合に不都合を生じる。PCのブラウザで読む場合には、例えば、Windows版のChromeだと、マウスオーバーさせると、画面左下にリンク先のURLが表示されるため、そのリンクが重いPDFか、普通のウェブページか検討がつく。しかし、Androidタブレットでは、PCに比較すると非力な機種であることが多いため、PDFを開こうとすると待たされる場合が多かったり、ダウンロードしたPDFを定期的に削除しないと容量が一杯になってしまったりする。特にスペックの高いAndroidタブレットでない限り、PDFを開くのはPC上だけで行った方が効率がいいと思われるが、現在のところ、Androidには長いURLを最後の拡張子まで含んで表示できるブラウザがGoogle Playのアプリの中から見つけることができない。かろうじてChromeブラウザでアンカーテキストを長押ししたときに短いURLだと最後まで表示されるが、長いURLは途中までしか表示されない。具体的には、このような118文字のURLの場合である。探した限り、118文字のURLの全長を表示できるブラウザは見つけられていない。

 

 もう一つの問題として、**というように2つの外部リンクが並んでいた場合に、タッチ操作では2つのリンクを区別してタップすることができない。ポインタによる操作が必要になるが、私が知るAndroidのバージョン4に関する限り、マウスなしのタッチ操作だけではポインタ操作用のUI*が利用できず、どちらのURLが表示されているのか、分からなくなってしまう。そこで、いかにポインタ操作可能なAndroid用ブラウザを比較しておく。201412月時点である。

 

Habit Browser - ウェブブラウザ

レビュー 4.3 合計 5,772

アップデート 20141216

URL表示 "/"記号で不必要に折り返しながらも、比較的長く表示される。

ポインタ操作有り

備考 Google Playでの説明にはマウスカーソルの説明はないが、(縦3点のメニューアイコン[すべてのメニュー][マウスカーソル]から使える。

 

Angel Browser

レビュー 3.9 合計 7,586

アップデート 2014125

URL表示表示できず。もしかするとやり方が悪いのかもしれない。

ポインタ操作有り

備考 カスタムメニューにカーソル表示を登録できる。ある5インチスマホで問題なく使用できたが、ある10インチタブレットでインストールできず。

 

Habit Browser classic

レビュー 4.4 合計 1,245

アップデート 2014815

URL表示  "/"記号で不必要に折り返しながらも、比較的長く表示される。

ポインタ操作有り

備考 Habit Browserに開発を移行したのとのこと。

 

Chromeブラウザ-Google

レビュー 4.2 合計 2,417,974

アップデート 2014124

URL表示  "/"記号で不必要に折り返しながらも、比較的長く表示される。

ポインタ操作無し

備考ベータテストのための拡張版であるChrome Betaは調べていない。

 

 アスタリスク「*」により日本語ウェブページへの外部リンクを示し、節記号§」により日本語PDFへの外部リンクを示す。また、ダガー」により英語ウェブページの外部リンクを示し、ダブルダガー「」により英語PDFへの外部リンクを示す。本来は2番目の脚注を1番目から区別するためにダブルダガーが用いられるのだが、本著では英語ウェブページと英語PDFを区別するために用いる。アンカーテキストとして外部リンクを張るのは、日本語のウェブページのみである。例外として、引用文献を示す際にタイトルをアンカーテキストとする場合のみ、日本語ウェブページだけでなく、Google Scholarのほぼ英語のウェブページへもリンクさせている。それ以外は、英語やPDFはアンカーテキストからのリンク先として採用せず、編集記号からの外部リンクとする。

 

言語\形式

ウェブページ

PDF

日本語

*(アスタリスク)

§(節記号、セクション)

英語

(ダガー)

(ダブルダガー)

 

 当初、アスタリスク一つ「*」の日本語ウェブページに対して、アスタリスク二つのダブルアステ「」により日本語PDFへとリンクしようとしたが、この編集記号がユニコードとShiftJISの非互換性にまつわりAndroidでは表示できない機種が多いことを知ったので、「§」へと置き換えることとした。上下に二文字が配置される共通性から、ダブルダガーと対照させて記憶に残りやすいことを期待してこの編集記号を選んだ。なお、本著ではPDF版の1ページと区別して、ウェブ版での1ページを「節」を呼んでいるため紛らわしいかもしれないが、現在では「§」が節の意味で使われるのは欧米の法律分野に限られ、それ以外で脚注の意味で使われることの方が多い

 

 なお、iPadはほとんど使った経験がないため、よく分からないが、同じような状況なのではないかと推測する。

 

訂正箇所をご指摘いただくための方法として、ブログとメールアドレスを示す。

 

http://sumikak.blogspot.jp/

kusatosu-m@yahoo.co.jp

 

 

本著は当初パブーで記したものを、Amazonに出品できるようWordを通して編集しなおしたものであり、2015年現在パブーで無料掲載しているものにいくらかの加筆修正を加えたものである。Amazonに出品することが目的なので、価格を抑えてなるべく試し読みの範囲を広くとってあります。現在も原因は不明であるものの、パブーからKindleで読むことができなかったため、Wordを介して再編集する必要があり、その分内容に多少の差異があります。今後内容を訂正更新していくのはAmazon版になり、パブー版は大きな訂正しか反映させることができません。ご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。


« 前の章