閉じる


<<最初から読む

24 / 52ページ

 

梅苑も整備されているんですが、入場料600円です。

ですが、境内の梅が良く手入れされていてとても奇麗なので、

あえて梅苑に入る必要も無いと思います。

 

 


 

さて、梅はこれぐらいにして、上七軒の方に出ます。

上七軒というのは、祇園と並んでお茶屋さんの多いところです。

 

その近くにあるアンティークショップで。

このごろ、理系っぽいアンティークを扱ってる店が増えています。



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について