閉じる


<<最初から読む

9 / 52ページ

 

苔が美しかったので、茶室の生け垣の下から


 

なんだか鳩に取り囲まれてしまいました。

なんか、バサバサっと飛んで集まってくるんですよ。

 

おそらくこのあたりで餌を撒く人がいるんだと思います。

それと間違えたんでしょうね。


茶室があるぐらいで驚いていてはいけない。

なんと北野の天神さんには、

狛犬2

狛犬3

 

狛犬4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(一部割愛)

というわけで、数えてみただけで

6対の狛犬さん(12頭?)がいてはります。


 

そして、この大きな門 「楼門」

さすがに知恩院の山門よりは小さいですけれども、

格子窓のあたりに人の頭が来ると思ってください。

 

でも、これがまだ一つ目の門なんです。


 

楼門の中の「随臣」

仁王像の真似ですね。

 

仁王像と比べて、造形的な価値は低いと思いますが、

とはいえ、服装なんかには資料的価値があると思います。



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について