目次
2003年
2003.12.16 Tue ウラのウラ その1
2003.12.16 Tue ウラのウラ その2
2003.12.17 Wed 早速圧力かかってきたよ
2003.12.19 Fri あの人の妊娠、結婚について
2003.12.21 Sun 早稲田の学生
2003.12.22 Mon 裏話
page 7
2003.12.24 Wed 浜崎
2003.12.30 Tue バーニング その1
2003.12.30 Tue バーニング その2
2003.12.30 Tue バーニング その3
2004年
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その1
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その2
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・総括して説明すると
2004.01.02 Fri 裏話
2004.01.07 Wed バーニング 4
2004.01.07 Wed バーニング 5
2004.01.08 Thu ○大卒タレント
2004.01.08 Thu 麻生○晶
2004.01.09 Fri バーニング 6
2004.01.09 Fri 返信
2004.01.10 Sat プロとアマチュアの違い
2004.01.10 Sat ホ○プロ
2004.01.10 Sat バーとホ○プロの共通点
2004.01.11 Sun そのとおり
2004.01.11 Sun バーニング 7
2004.01.12 Mon スターチャイルド
2004.01.13 Tue つかこうへいダブルス
2004.01.13 Tue 自分にレスだけど
2004.01.15 Thu 某女優におけるバラエティー至上主義の限界
2004.01.17 Sat ドキュン帝国の緩やかな崩壊
2004.01.17 Sat 宝○社に食い込んでいたバー○ング
2004.01.18 Sun 挙式報道について
2004.01.21 Wed 某タレント
2004.01.21 Wed 結束を固める”ママさんシンジケート”
2004.01.22 Thu スマップの女性版
2004.01.23 Fri 掲示板
2004.01.23 Fri それと
2004.01.23 Fri 補足(2004/4/25)
2004.02.05 Thu 何故、この人が、YahooBBのキャラクターになったのだろうか?
2004.02.05 Thu 補足説明
2004.02.15 Sun 人生の選択・・奥奈恵のケース
2004.02.16 Mon ちなみに、どういった芸能人が、真の人気者といえるのだろうか・・・
2004.02.16 Mon 前レスの補足
2004.02.24 Tue 大工と広末
2004.02.25 Wed 情報
2004.02.26 Thu 工作員の論理
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか? その1
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その2 木村拓哉のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その3 ドラマ”おとうさん”のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その4 中山ドラマに代表されるバードラ、オスカードラマのケース
2004.03.06 Sat 深田恭子の憂鬱
2004.03.07 Sun どうして芸能界は堕落したのか
2004.03.07 Sun 何故マスコミの信頼がなくなったのか
2004.04.02 Fri wasabi
2004.04.02 Fri wasabi 理由その1
2004.04.02 Fri wasabi 理由その2
2004.04.02 Fri wasabi 理由その3
2004.04.02 Fri wasabi 総括
2004.04.02 Fri アミューズについての質問のへの返信
2004.04.05 Mon ogiteenani さんの質問
2004.04.05 Mon <返信>仲間と木曜の怪談について
2004.04.06 Tue egisfaitaさんの質問
2004.04.06 Tue <返信> ゲンダイって・・・
2004.04.08 Thu ogiteenaniさんの質問
2004.04.08 Thu 返信
2004.04.18 Sun 時代背景の観点から<その1>
2004.04.19 Mon 時代背景の観点から<その2>
2004.04.20 Tue 時代背景の観点から<その3>
2004.04.21 Wed 時代背景の観点から<その4>
2004.04.22 Thu 時代背景の観点から<その5>
2004.04.24 Sat 大嫌いな芸能人のトピ
2004.04.26 Mon 通知
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問の答えとジャニーズタレントとアイドル女優との関係
2004.05.11 Tue 静御前って結局誰が適役なの?
2004.06.12 Sat 3/6長瀬は何故・・4の補足説明
2004.06.15 Tue aosa氏の力作
2004.06.15 Tue ”前提”について少々説明を
2004.06.27 Sun 何故韓国ドラマがもてはやされているのだろうか?
2004.06.29 Tue ゲンダイが迷走している
2004.06.29 Tue ”我らが”ヒロスエ??
2004.06.30 Wed ゲンダイの迷走 その2
2004.07.09 Fri 素直になったゲンダイ
2004.07.12 Mon ゲンダイの記事
2004.07.12 Mon 天海をとりあげてみる
2004.07.29 Thu 某ネット記事
2004.08.05 Thu ゲンダイネット 静御前の決着
2004.08.14 Sat リンク
2004.11.02 Tue 補足説明
2004.11.11 Thu 新春カルタ
2004.11.28 Sun 総論 その1 バータレ
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.30 Tue バータレになることによって何を失うのか?
2004.12.01 Wed の解説 性格
2004.12.02 Thu 解説 パターン
2004.12.03 Fri 解説 非バーニング叩きの具体例
2004.12.06 Mon 解説 正妻と側室の違い
2004.12.06 Mon との関連
2004.12.09 Thu
2004.12.10 Fri
2004.12.11 Sat 周防の広末叩き
2004.12.13 Mon バーニングシフトその1 ”小雪シフト”
2004.12.14 Tue バーニングシフト その2 真逆のイメージ
2004.12.15 Wed バーニングシフトその3 稀有な傾向を、さも・・
2004.12.17 Fri 大学生タレントの通信簿の補足
2004.12.20 Mon バーニングシフト4 あるいは総論
2005年
2005.01.01 Sat rssモジュールの実験
2005.01.05 Wed 補足
2005.01.07 Fri 総論 本当に広末はマスコミの言うように中途半端だったのだろうか?
2005.01.09 Sun もしかして・・と思っている人も多いかも
2005.01.11 Tue 前の続き 育児放棄記事の読み解き方
2005.01.13 Thu その3 新潮記事の読み解き方
2005.01.16 Sun 補足説明
2005.03.09 Wed 少し前の記事だが
2005.03.17 Thu 新潮がまたやらかしてくれた
2005.04.04 Mon 報道の違いによってどれだけ第一印象がかわってしまうか
2005.04.12 Tue フラッシュの記事
2005.04.28 Thu 世間に蔓延している、プッツン娘という固定観念
2005.06.18 Sat 小雪と広末は対立勢力なのか?
2005.10.30 Sun *2004/11/28以前の記事(新しい記事が上)
2005.11.01 Tue 2004/11/28以後の記事(古い記事が上)>>>>
2014年
2014.01.12 Sun 遂にこの時がきた
2014.01.30 Thu 2014-01-30
2014.01.31 Fri 2014-01-31

閉じる


<<最初から読む

67 / 128ページ

2004.04.18 Sun 時代背景の観点から<その1>

ogiteenaniさんの質問

>そして、そもそもこの周防いくおという人物

どのような過程を得てこういう存在になったのでしょうか?


これをすべて説明すると、ナベプロ全盛時代の芸能界、

または、周防の政治家専属の運転手時代から

話さなければならなくなってしまう。

きりがないし、もっと詳しい常連やサイトはいくらでもあるので

別の観点、社会学的観点から話をしたいと思う。





80年代頃からだと思うが、彼の押すバータレに代表される、

”ホモと正常を使い分ける、両刀使いがいかにも好きそうな女”が、

社会の市民権を得てきたからではないかと思う。


それまでは、男の好きそうな女、

女の好きそうな男しか支持されなかった。

ターゲットが、異性しかいなかった。


しかしその傾向が、80年代からかわってきた。


理由はいくつかある。


国際的に見て、同性が好きな女というものは、

前近代的で、男に都合のいい、排斥すべき対象である

といった論文が文科系学問などのフィールドで湧き上がり、

ジェンダーフリー論議がもりあがってきた。

また、映画の登場人物を

フェミニズム観点から分析して論文を書いたり※1

赤は女色というのは国際的水準ではなく、

日本だけの風習なので排斥すべきだ※2・・などといった

格好の飯の種を見つけた文化人がこぞってこのフィールドに

乗り出してきた。こういう背景があったからだと思う。


 ※1フェミニズム観点から分析して論文を書いたり

   >>彼らは、架空の世界の人物であって、実在の人物や、

   道徳教科書の主人公じゃありもしないのに

   本当は、そういった、批判の対象になどなるわけが無いはず。

   作者は、反面教師をふくむ、あくまでも

   物語の登場人物としてかいたわけであって

   模範として書いたわけではないのだから・・・

   たとえ批判されるべき行動、性格をもっていたとしても

   何ら批判される筋合いではないはずなんだが・・・

   たとえば、フェミニズムからははずれるが 

   海外から来た留学生が、某ドラマでの、

   北条時宗のリーダーシップの描き方を批判していた。

   しかし作者は、時宗を、まさに欠点もありながら、

   その”人間は完全ではない”ということに悩み苦しみながら

   戦い抜いた人物として描くのが目的だったわけであって

   批判はお角違いであろう。

   万国共通である”物語”としての骨子と、

   現実の日本社会の傾向を混同して、

   日本社会を云々・・とウンチクをたれていたら、

   それは、留学生の勘違いもはなはだしい。

   (まったく、日本まで来て何やってんだか・・・)

   もしこれが許されないのなら、物語の登場人物は

   すべて、欠点が一つも無く、

   完全な人物として描かねばならないだろう。

   仕事にミスするシーンも許されず、人間を弱く描いてはいけない、

   そんな話は、フェミニズム文化人の満足は得られるだろうが

   つまらなく、なんの奥深さもなく、したがって物語とはいえない。

   しかしこんな、何とでもいいようができる

   架空の世界についてあれこれ言って飯がくえるんだから

   文化人という仕事はやめられないわなあ。

   

 



※2赤は女色というのは国際的水準ではなく、

  日本だけの風習なので排斥すべきだ

   >>ランドセル、トイレの色の性差などは

   この論旨にのっとれば、日本でしか通用しない

   非グローバルスタンダードなシロモノなので

   けしからんということになる。

   これを、すべての事柄にたいして敷衍していけば

   日本独自で、女性しかやらない着こなしなどの風習は、

   国際水準ではないのですべて廃止せよ・・・と

   そういうことになる。正しいか?これって。


2004.04.19 Mon 時代背景の観点から<その2>

 >>しかしこんな、何とでもいいようができる

   架空の世界についてあれこれ言って飯がくえるんだから

   文化人という仕事はやめられないわなあ。


※1でも触れたとおり、

そういった、フェミニスト学者、文化人の楽な飯の種である文化論に、

象牙の塔だけではなく一般社会までもが影響され

”物語の登場人物のモラルと、現実のモラルの混同”が

社会におこってしまったことがあげられる。

そしてそれが、

世間が、彼のような人物が一押しする、

バータレのようなタイプの芸能人の台頭を

許してしまう原因ともなった。


前に言ったように、あくまでも物語は物語であって、

実社会や、社会の目ざす理想、道徳規範とは、

あくまでも別個に捕らえなけらばならないはずなのに

彼ら視聴者は、それらエセ学者の垂れ流すマスコミ寄稿などに影響され

学問の世界のモノサシを、物語に持ちこんでしまった・・・

ということだ。


このドラマの登場人物は、仕事もできず、男に頼って弱弱しい。

これからの女は、仕事バリバリ出来なきゃダメだ。

あのセンセイもそうおっしゃっている。


だから、これからはそんな登場人物は画面に出すな、

そんな役を演じる女など、ロクなのがいない。

そんな役の合う女優などは、社会が一丸となっていじめて潰せ!


こんなのをドラマに出すから、若いのが影響されて

技術を身に付けようともせず主婦に逃げる女が増えるんだ

男なんて、履歴書要らずで、誰でも明日からできる仕事なんて

ドカタみたいなキツイ仕事しかのこってないのに・・

これだから男に、女は楽だって言われるんだ。

これじゃあいつまで立っても男との差は縮まらない。


だから、登場人物はそういう奴ばかりにしろ!

仕事ができる自立した女性だけ出せ!うじうじ悩むことなどするな

いつも自信持ってるように描け!


それじゃ話が面白くないじゃないか・・

野球で、全打席ホームランをうってる試合を見ているようで・・

でもいいのだ。話の面白さなど二の次だ、

ドラマは、それを見て皆が影響されることが主眼。

つまり社会の模範となることが要求されてしまったのだ。

つまりドラマの、北朝鮮放送化である。


抗議の電話を恐れて、人間の奥深さを描くことよりも

そういった連中のおめがねにかなう作品を作るようになった。


女は自由で闊達で、ちゃらちゃらしていなければならない。

そのほうが、抗議の電話がかからないからだ。

薄っぺらい、こんなもので心を揺り動かされないと

批判されようともかまわない。

害毒を巻き散らず、時代がかったお涙頂戴よりはましだからだ※3

間違っても、女のせつなさなど描いてはいけない。

それは弱さを描くことにほかならないからだ。


しかし当然ながら、そんな話は、面白くも何とも無い。

しかしいいのだ、前述したように、製作者、視聴者双方にとって、

話の面白さなど二の次なのだから。

いかに、ドラマの内容が、庶民や学者センセイどもの

理想とリンクしているかが問題なのだ。


そしてそのようなたぐいのドラマ、映画に、

バッシングされにくいバータレが、うってつけだったということだ。


2004.04.20 Tue 時代背景の観点から<その3>

※3害毒を巻き散らず、時代がかったお涙頂戴よりはましだからだ


   >>人間の弱さを描くと言っても

   なんでもかんでも、義理人情で逃れるというのはいただけない。


   フェミニズム云々というより、

   こっちこそが、まだ社会が未成熟であるという証拠。

   社会が成熟して民度が上がるにつれ、

   そういったことをもてはやすことはなくなってくるだろう。

   これは、欧米の合理主義に対してアジアの・・という

   対比の問題ではないのである。

   アジアでも社会が進んでくれば、

   こういった単純な嗜好は姿を消すし、

   欧米でも未成熟な文化圏であれば、

   こういったものは依然としてもてはやされている。

   あくまで文明の進度の問題である。

   aosa氏の投稿に出てくる人物”あゆ””副島隆彦”氏と同様

   あなたはモダニズムが過ぎるという意見もおありだろうが

   私の持論なのでご容赦願いたい。

    (ちなみにaosa氏の投稿に出てきた”副島氏”は、

     私はかつて

     某予備校の講義でお目にかかったことがあるが

     相当にエキセントリックな人物であった)

本旨に戻る。



天声人語や時事放談、あるいは世間話などで、

最近の女性は●●ですなぁとか言うが、

これは”今日はいい天気ですなあ”のような時候のあいさつ

風邪引いた人にむかって”今年の風邪はしつこいですからお気をつけて”

とかいう決まり言葉と同じで、本当に当人がそう思っている

あるいは本当に世の中がそうなりつつあるというわけではなく

時事ねたにおける、空白を埋める定番言葉のたぐいである。


こんなことを本気にして、マジでネタにする、

あるいは学問的に飯の種にしてとりくもうなど

正気の沙汰ではないのかもしれない。

ただ、だまされているだけであろう。


無能でバカは損、有能で利巧は得。

いつの時代でも男女にかかわり無く世の中そうなっている。

ただ男か女かでその差が違うというだけ。ただそれだけ。


言葉にすれば、このように、せいぜい三行でいいつくせてしまうこと。

わざわざ学問にするべきものでもない。


無能な男はろくに職もなく、

体がきついドカタや空腹なコジキでつらい思いするが、

無能な女は主婦で逃げられる。世間話も楽しいだろう。

その反面、有能な男はいくらでも金を稼げるし、

同時に複数の女性とも付き合える。


しかし有能な女性は、同程度に有能な男性と比べて、

稼ぎと娯楽に限界がある。程度の差があるだけ。

自分が有能だったら男、無能だったら女にうまれりゃ

よかったなあと思っているだけだ。


そんなの、個人のおかれた状況によってすべて違ってくる。

つまりは、人それぞれだ。


主婦でつらい思いをしていると愚痴をこぼしている女性がいるが

あんたが男だったら、その能力じゃ、

たとえ限界までがんばったとしてもろくな職にもつけず、

ほかの、もっと有能な男に職を奪われ、きつい仕事しか残ってないか、

あるいはそれさえも就けず、

今ごろ橋の下でコジキしているよ。それでもいいの?と言い返そう


2004.04.21 Wed 時代背景の観点から<その4>

>>”ホモと正常を使い分ける、両刀使いが、

 いかにも好きそうな女”(時代背景<1>を参照)について





私も、女性に全く興味のなさそうな友人がいて、

ホモではないかという疑惑をそらそうとしているらしく

時々、グラビアやネットを見ながら”この女いいよなあ”と

私にいってくるのだが・・・


そういった”彼女達”は、一応売れてはいるのだが

決まって、私のストライクゾーンから

思いっきり外れている代物ばっかりであった。


どうやら私のような”ノーマル”な男性にとって、

どのような女性がグッとくるか、

どういった、女性のしぐさ、シチュエーションにそそられるかが

全くわかってないらしい。

つまり彼は、自分がぐっとくる女ではなく、

”自分が、世間がぐっとくるだろうと思われる女”

を選んでいるのである。ケインズ美人投票と典型といったらいいか・・・


よく、合成写真で平均を取った顔ほど、皆が美しいと支持する顔だ

と言われるが、彼の持ってくる女が、まさにそれなのである。

確かに美しく、けちはつけようがないのだが、

何となく当り障りがないというか、無難というか、

とにかくグッと来ないのである。

私もやはり、ああ、これは、

ある人が、熱烈に好きになる度合いが大きいという顔ではなく

世間に、好きな人が多そうな顔だな・・と思う。


私が思うに、これが

周防の選択眼と全く同一なんである。


たとえば


  • 私、
  • あるいは、私と女の好みで意気投合する男
  • あるいは反対に、私と女の好みで持論をぶつけ合って対立する男

こういった連中は、周防や私の友人のように、

世間で売れる女というものを選ぶことが出来ないだろうと思う。

何たって、選ぼうとすると、自分の”好み”がどうしても入ってしまう。


しかも、人の好みというものは千差万別、

それがマジョリティーであることは稀である。


私を含む、こういった連中を多数集めて、多数決をとる

あるいはそれぞれの一押しをポイント制にして合計をとる

そうやって一番のものを売り出すということにしても

多分、失敗するだろうと思う。

個人の好み、その合計、多数決・・・

それが、個人の好みの精髄ではない。したがって

それを満たしているものが、必ず売れるわけではないのだから。


だから、私たちみたいな人間は、芸能プロダクションの運営には

向いていないだろうと思う。やったら、たぶん失敗するだろう。



しかし、周防はそれができるんである

あるいは、そのホモ疑惑のある私の友人も・・


2004.04.22 Thu 時代背景の観点から<その5>

>>しかし周防にはそれができるんである

あるいは、私の友人のような人物は・・・


自分が、ホモあるいは両刀であれば、

そういったことに惑わされず、曇りなく、

”好き嫌いが激しくなく、薄められた、いかにも売れそうな女”を

チョイスすることができ、芸能プロ社長にうってつけの人物になれる。


大衆が、何となく無難に支持するような女

こんな女が世間で売れていたとしても、”へえ、そうなんだ”と受け流せる、

いかにも文句も無いだろうな的な女・・

しかし、反対に、

売れてるのが許せなくて、一言文句をいいたい女と比べて

熱烈なファンが多いとは限らない。

周防氏、あるいはホモだと疑われないために

女に興味があるということを装っている私の友人、

こういった類の人物は、

こういった女性の選択に長けていたということだろう。


それが、彼が成功できた理由ではないかと思う。

別に周防が両刀といっているわけではない(言ってるも同然か・・)


バータレの個人サイトの少なさ、

熱狂的ファンの少なさ、バッシングの少なさ

(これは事務所の力もあるが、一応その影響を除外して考えたとしても、

おそらくバッシングの度合いは非バーより少ないだろうと思う)

それに反比例する”何となく支持派”の多さ、無難さ、・・・

彼の選ぶバータレと呼ばれる女性達は

まさに”ケインズ美人投票””合成写真”の典型であるといえよう。


そして、ミリオン連発、トレンディードラマ台頭など

右へならへの、大衆向けの情報化社会の進展がそれを後押しした

”分衆”などという言葉が実感として捉えられてなかった時代、

(この言葉、実は、この時代から結構言われていたんだけど・・

ちっとも具体的ではなかった、相変わらず社会を見渡してみれば

分衆・・・???という状態であった。

それは、いまもあまり変わってはいない)

そういう時代に、このような趣向を持つ

彼のスタートダッシュが成功して

それが、バブルもとっくに終わった今の時代になっても

いまだ社会に影響力を及ぼしているわけである。



>>>>おわり>>>>



読者登録

柏葉まろみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について