目次
2003年
2003.12.16 Tue ウラのウラ その1
2003.12.16 Tue ウラのウラ その2
2003.12.17 Wed 早速圧力かかってきたよ
2003.12.19 Fri あの人の妊娠、結婚について
2003.12.21 Sun 早稲田の学生
2003.12.22 Mon 裏話
page 7
2003.12.24 Wed 浜崎
2003.12.30 Tue バーニング その1
2003.12.30 Tue バーニング その2
2003.12.30 Tue バーニング その3
2004年
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その1
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その2
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・総括して説明すると
2004.01.02 Fri 裏話
2004.01.07 Wed バーニング 4
2004.01.07 Wed バーニング 5
2004.01.08 Thu ○大卒タレント
2004.01.08 Thu 麻生○晶
2004.01.09 Fri バーニング 6
2004.01.09 Fri 返信
2004.01.10 Sat プロとアマチュアの違い
2004.01.10 Sat ホ○プロ
2004.01.10 Sat バーとホ○プロの共通点
2004.01.11 Sun そのとおり
2004.01.11 Sun バーニング 7
2004.01.12 Mon スターチャイルド
2004.01.13 Tue つかこうへいダブルス
2004.01.13 Tue 自分にレスだけど
2004.01.15 Thu 某女優におけるバラエティー至上主義の限界
2004.01.17 Sat ドキュン帝国の緩やかな崩壊
2004.01.17 Sat 宝○社に食い込んでいたバー○ング
2004.01.18 Sun 挙式報道について
2004.01.21 Wed 某タレント
2004.01.21 Wed 結束を固める”ママさんシンジケート”
2004.01.22 Thu スマップの女性版
2004.01.23 Fri 掲示板
2004.01.23 Fri それと
2004.01.23 Fri 補足(2004/4/25)
2004.02.05 Thu 何故、この人が、YahooBBのキャラクターになったのだろうか?
2004.02.05 Thu 補足説明
2004.02.15 Sun 人生の選択・・奥奈恵のケース
2004.02.16 Mon ちなみに、どういった芸能人が、真の人気者といえるのだろうか・・・
2004.02.16 Mon 前レスの補足
2004.02.24 Tue 大工と広末
2004.02.25 Wed 情報
2004.02.26 Thu 工作員の論理
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか? その1
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その2 木村拓哉のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その3 ドラマ”おとうさん”のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その4 中山ドラマに代表されるバードラ、オスカードラマのケース
2004.03.06 Sat 深田恭子の憂鬱
2004.03.07 Sun どうして芸能界は堕落したのか
2004.03.07 Sun 何故マスコミの信頼がなくなったのか
2004.04.02 Fri wasabi
2004.04.02 Fri wasabi 理由その1
2004.04.02 Fri wasabi 理由その2
2004.04.02 Fri wasabi 理由その3
2004.04.02 Fri wasabi 総括
2004.04.02 Fri アミューズについての質問のへの返信
2004.04.05 Mon ogiteenani さんの質問
2004.04.05 Mon <返信>仲間と木曜の怪談について
2004.04.06 Tue egisfaitaさんの質問
2004.04.06 Tue <返信> ゲンダイって・・・
2004.04.08 Thu ogiteenaniさんの質問
2004.04.08 Thu 返信
2004.04.18 Sun 時代背景の観点から<その1>
2004.04.19 Mon 時代背景の観点から<その2>
2004.04.20 Tue 時代背景の観点から<その3>
2004.04.21 Wed 時代背景の観点から<その4>
2004.04.22 Thu 時代背景の観点から<その5>
2004.04.24 Sat 大嫌いな芸能人のトピ
2004.04.26 Mon 通知
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問の答えとジャニーズタレントとアイドル女優との関係
2004.05.11 Tue 静御前って結局誰が適役なの?
2004.06.12 Sat 3/6長瀬は何故・・4の補足説明
2004.06.15 Tue aosa氏の力作
2004.06.15 Tue ”前提”について少々説明を
2004.06.27 Sun 何故韓国ドラマがもてはやされているのだろうか?
2004.06.29 Tue ゲンダイが迷走している
2004.06.29 Tue ”我らが”ヒロスエ??
2004.06.30 Wed ゲンダイの迷走 その2
2004.07.09 Fri 素直になったゲンダイ
2004.07.12 Mon ゲンダイの記事
2004.07.12 Mon 天海をとりあげてみる
2004.07.29 Thu 某ネット記事
2004.08.05 Thu ゲンダイネット 静御前の決着
2004.08.14 Sat リンク
2004.11.02 Tue 補足説明
2004.11.11 Thu 新春カルタ
2004.11.28 Sun 総論 その1 バータレ
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.30 Tue バータレになることによって何を失うのか?
2004.12.01 Wed の解説 性格
2004.12.02 Thu 解説 パターン
2004.12.03 Fri 解説 非バーニング叩きの具体例
2004.12.06 Mon 解説 正妻と側室の違い
2004.12.06 Mon との関連
2004.12.09 Thu
2004.12.10 Fri
2004.12.11 Sat 周防の広末叩き
2004.12.13 Mon バーニングシフトその1 ”小雪シフト”
2004.12.14 Tue バーニングシフト その2 真逆のイメージ
2004.12.15 Wed バーニングシフトその3 稀有な傾向を、さも・・
2004.12.17 Fri 大学生タレントの通信簿の補足
2004.12.20 Mon バーニングシフト4 あるいは総論
2005年
2005.01.01 Sat rssモジュールの実験
2005.01.05 Wed 補足
2005.01.07 Fri 総論 本当に広末はマスコミの言うように中途半端だったのだろうか?
2005.01.09 Sun もしかして・・と思っている人も多いかも
2005.01.11 Tue 前の続き 育児放棄記事の読み解き方
2005.01.13 Thu その3 新潮記事の読み解き方
2005.01.16 Sun 補足説明
2005.03.09 Wed 少し前の記事だが
2005.03.17 Thu 新潮がまたやらかしてくれた
2005.04.04 Mon 報道の違いによってどれだけ第一印象がかわってしまうか
2005.04.12 Tue フラッシュの記事
2005.04.28 Thu 世間に蔓延している、プッツン娘という固定観念
2005.06.18 Sat 小雪と広末は対立勢力なのか?
2005.10.30 Sun *2004/11/28以前の記事(新しい記事が上)
2005.11.01 Tue 2004/11/28以後の記事(古い記事が上)>>>>
2014年
2014.01.12 Sun 遂にこの時がきた
2014.01.30 Thu 2014-01-30
2014.01.31 Fri 2014-01-31

閉じる


<<最初から読む

64 / 128ページ

2004.04.06 Tue <返信> ゲンダイって・・・

>この問題をスク-プしたのが

<<(あのバカインチキ記事で有名な)週!間!現!代!!!>>ですが、恐らく・・・

思わず、勝手に強調させていただきました。

これについては、<メディアを操作するバー・・>の方で活発に議論されているらしいが、おおむね、投稿のとおりだと思う。F1世代に反感を買いにくい、仕事バリバリキャリアウーマン役が得意である江角とキャラがかぶる人たちは、はっきりいってバー内に腐るほどいると思う。

フジテレビは、よくこういった連中に受ける薄っぺらいドラマを飽きるほどつくっていたが、こういった、

○F1世代ウケのいいドラマの企画

○バブル期のケバそうな趣味を引きずってそうなキャスト

これらが得意なフジの大多プロデューサに食い込んでいるバーにとって、フジの社員と結婚しているため、同じくフジに重用されている彼女は、はっきりいって、目の上のたんこぶ以外の何者でもなかっただろうと思われる。

研音自体、ほかにも原、片瀬など、長身のモデル体型の女性が多い。主題歌のバーターもよく使う。ひとつのドラマを、集団でキャスト占有することも多い。他の事務所ならば、せいぜい大物+新人で、二人がいいところなのだが。バーとまともにぶつかる戦略を取っているところが、研音という事務所の特色かと思う。

しかし、すっぱ抜いたのが、あの現代というのがトホホなところ。ゲンダイは、いままで散々インチキを書いてきたため、信頼性は地に落ちて、いまや、東スポ以下の扱いになっている。現在の2ちゃんねるでは、ゲンダイの引用投稿は、ニュースソースとしてではなく、完全にネタ扱いとされている。真に受けて、記事に過剰反応なんかしようものなら、下手すれば荒らし扱いされる。そのゲンダイが、いまさら”まじめな”スクープを載せたとしても、ほとんどの人が、ウラを疑ってしまうのは当然。まあ自業自得なんだろうけど・・

しかしゲンダイの記事のインチキさは、<メディアを操作する・・>での、投稿者の突っ込みの、あまりもの真っ当さで十分証明されていると思うのだが・・・あれをまともに読んでいるものなどいるのだろうか。もしかして、影響があると思っているのはバーだけなのかもしれない。けなされた人たちは、ゲンダイどこ吹く風と、相変わらず芸能界やメジャーリーグで活躍しているし・・・

いまやゲンダイの記事の影響力というものは、思ったほど強くはなく、ネットやweb日記の発達した現在、それらにくらべて、無視してよいほど微々たるもの、もしかしたらほとんど無に等しいものなのかもしれない。

まあ、ゲンダイに狙われるほど大物・・ということで、記事を逆に見れば参考になるかも知れない。松井秀喜、広末、宇多田・・彼女らが大学行けば、ヒマタレント連中がこぞって真似して、彼女らが出来婚や早婚すれば、葉月や翁や、麻生や桜井といった野島ファミリーの先輩連中ですら、みんなまねして・・・まったく。

二流は、時代を切り開くことは決してせず、一流のやったことをおそるおそるついていくことしか出来ないのか?

といっても、二流が、たとえ一流と同じことをやったとしても、彼らのように、世間に流れを巻き起こすことは、決してないだろう・・芸能ニュースの洪水の中に、埋没してしまうのが関の山だろうと・・・だからこそ二”流”というんだろうが・・・



ゲンダイのインチキ記事って、いつも似たようなパターンのような気がする。典型的なパターンは

  • いまや浜○、安○ひろこに続く、新世代のファッションリーダーと言われる○○○
  • いまや宇○○(○末)にとって替わるといわれている、ポスト世代の歌姫(国民的アイドル)といわれる○○○
  • いま、ドラマが好調な上○。その追い風にのって、ますます絶好調の彼女が次に仕掛けるのは・・・



  • いまや癒し系として大ブレイクした彼女が・・
  • いまやCMクイーンとして乗りにのっている彼女が・・、


井川が、菊川が、米倉が・・



















うんざりなんスけど・・・・・・

-------------------------------

これは egisfaita さんの 667 に対する返信です


2004.04.08 Thu ogiteenaniさんの質問

どうにか、このバーニングという組織つぶす事って出来ないんでしょうかね・・・。


2004.04.08 Thu 返信

潰すことは出来なくても、こうやって掲示板でアピールすることが何らかの打撃にはなるだろうと思う。

最近は、web日記も進化しているらしく、キーワードで検索して、似たような意見を持つ管理人同士がリンクしあって、連帯できるような形式がたくさんあるようだ。

大勢の参加者が、一つのフォーラム形式のサイトを運営するという方法もある。

wikiに代表される、パスワードを持ったそれぞれの投稿者が、自由に体裁を決めて書きこむ形式のサイトも出てきているらしい。

掲示板とどう違うのか?ということは、私は専門家ではないのでわからない。詳しい人に聞いてみるか、いろいろ調べてみるのも手かもしれない。私が思うに、和田アキ子などは、こうした、ネットからの攻撃に、かなりの打撃を受けていると思われる。

彼女のほかにも、芸能界、映画界でさしたる実績もないにもかかわらず、やたらでかい顔をして、自分達よりはるかに実績のある”格上”芸能人をけなしている連中も、やはりボロが出てきつつあるようだ。一昔前だったら、皆、気がつかずに何となく賛同していたんではないだろうか・・

これについては、情報化社会の進展というより、近代化に必然的なプロセスにおいて、日本人の民度が上がってきたというのが最大の理由なのではないかと思う。

戦後の貧しさをひきずった”悪しき平等化願望”.それによる嫉妬・・

こういったものの”残滓”が、豊かさによって、すっかり過去のものとなったことにより

”真っ当な手段で成功したトップの者がある程度所得を稼がないと、新規参入者の挑戦意欲が低下するので、社会は進歩しない”

と、こういうふうに、日本人が、意見をシフトしてきつつあると・・

あまりうまく説明できないが、お許しを。



そういったことで、ただ”目立っているから、なまいきだから”あるいは”金をもっているから・・”そういった、単純に嫉妬した投稿には、もはや誰も耳を貸さなくなってきた。問題なのはそこではなく、

  • 何故彼らは目立つべきでないのか、
  • 謙虚にしなければいけないのか
  • 金持ちになってはいけないのか・・・

こういったことが重要であって、ここまで踏み込んだ意見でないと、今は説得力の無い時代なんだろうと思う。





また、アンチバーニングの常連投稿者たちの論理の真っ当さと比べて、広末、宇多田などの、非バーの芸能人に対しての攻撃は、攻撃者の論理があまりにも単純で


  • ワンパターンの煽り、数年前の、使い古されたネタ
  • 浜崎などの、AVEXタレント、ワイドショーウケのいいバータレなどのメディア工作費過剰支出、○通や秋○康の、飯の種タレント連中の、無理やりなヨイショと抱き合わせ。(こんな物をホンキにしている人間がいるから、○通などの大衆洗脳組織は、いつの時代も笑いが止まらないわけだ。)
  • 文章を見て、一見して、いかにも”こいつは社会に出た事が無い甘ちゃんだな”とわかる、世間知らず人間の、怒りの対象を誤った投稿。一昔前だったら、進歩的文化人などと称するインチキ人間達の格好の飯の種にされそうな未熟な人種

これら一本調子な、論理の矛盾した単純な叩き投稿に、いまや説得力はほとんど無いだろうと思われる。


それと、おおむねアンチバーニングの掲示板常連は、ある、非バーの芸能人の熱狂的な支持者であることがほとんどであるが、だからといって彼らが、非バーのタレントのひいきの引き倒しで論理の構成をしているので、その内容は信頼性に足らないものである・・と結論するのは、早計だと思う。



			
  • onyanko氏

アンチバー=後藤真希、モー娘シンパ

  • potemkin_taro氏

アンチバー、アンチモデル系女優、池脇千鶴シンパ

  • eiennobasho02氏

菊川怜、矢田、加藤あい、木村佳乃シンパ(特に菊川)

彼に関しては、別に、アンチバーというわけではない。

支持する女優の面子からみて、どう考えても、女優の演技をよくわかっていないとしか思えない。

 (かつて、siro999999などの常連に、菊川など”芸NO人”の欠点を、徹底的に論破され、芸能界の裏事情を学び、最近は多少おとなしくなった。)

  • siro999999(siro)氏

アンチバー=徹底的な広末涼子シンパ、

また、キャスティングにおいて、バータレ、オスカー女優達とはあまりしっくりいっていない・・というか、趣味が周防とまるきり正反対である・・野島伸司、植田博樹プロデュース作品、彼らのドラマの出演者の支持者でもある

彼も、やはり趣向はpotemkin氏と同様、バータレに代表される、いかにも”水商売モデル系”な大根女優は大嫌いらしく、アンチCMタレントのトピで、男性受け、舌足らず、ロリ声、幼児性など広末と似たようなキャラで、ドラマでは、彼女のサポート役が多い、池脇が好きなpotemkin_taro氏と意気投合している

  • siro999999氏

2ちゃんねる常連の方。先のsiro999999とは別人。

”本家”のsiro氏が、かつて同一人物であることを否定していた。似たようなハンドルのアンチバー常連で、ciro696969という人物もいるが、これも前述の人物とは別人。

 (こちらのsiroのほうは、広末シンパではなく、非バーの弱小事務所、アルテミスプロモーションのタレントのシンパである)※

※もしかして、ほかの人(私の勘違い)かも知れない。

アンチ佐高信、ベテラン声優、小森まなみのファンであることは確かである


  • drecome234氏

(アンチバー、アンチ浜崎=倉木麻衣のシンパ)

  • simasima_iruka氏

オフレコのサイト主、元ヤフーのネタ投稿職人。一時期、このネタは矢田亜希子のファントピに連載されていた。

アンチバー=広末シンパ。ネタだからといって、ウソ八百というわけではなく、結構、うなづける意見が多い

  • aosaweovna(aosa)氏

同上。simasima氏と同様、会話形式の文章構成に極めて長けている。筆者の、あまりもの筆力から察すると、上のsimasima氏と同一人物の可能性あり。もしかするとsiro氏と同一かもしれない・・siro氏も会話形式の投稿は得意としている・・。もし違っていたらお許しを


			

他にも、探せばもっとたくさんいるだろうと思うが、おおむね彼らの意見は、バー擁護投稿のバカさ加減に比べて、よほど、その論旨は一貫している。

いままでの、彼らの功績も、かなり大きいものがあるのではないかと思う。

私も、かなり参考になり、励みにもなったし、なにより楽しませていただいた。

これは ogiteenani さんの 669に対する返信です


2004.04.18 Sun 時代背景の観点から<その1>

ogiteenaniさんの質問

>そして、そもそもこの周防いくおという人物

どのような過程を得てこういう存在になったのでしょうか?


これをすべて説明すると、ナベプロ全盛時代の芸能界、

または、周防の政治家専属の運転手時代から

話さなければならなくなってしまう。

きりがないし、もっと詳しい常連やサイトはいくらでもあるので

別の観点、社会学的観点から話をしたいと思う。





80年代頃からだと思うが、彼の押すバータレに代表される、

”ホモと正常を使い分ける、両刀使いがいかにも好きそうな女”が、

社会の市民権を得てきたからではないかと思う。


それまでは、男の好きそうな女、

女の好きそうな男しか支持されなかった。

ターゲットが、異性しかいなかった。


しかしその傾向が、80年代からかわってきた。


理由はいくつかある。


国際的に見て、同性が好きな女というものは、

前近代的で、男に都合のいい、排斥すべき対象である

といった論文が文科系学問などのフィールドで湧き上がり、

ジェンダーフリー論議がもりあがってきた。

また、映画の登場人物を

フェミニズム観点から分析して論文を書いたり※1

赤は女色というのは国際的水準ではなく、

日本だけの風習なので排斥すべきだ※2・・などといった

格好の飯の種を見つけた文化人がこぞってこのフィールドに

乗り出してきた。こういう背景があったからだと思う。


 ※1フェミニズム観点から分析して論文を書いたり

   >>彼らは、架空の世界の人物であって、実在の人物や、

   道徳教科書の主人公じゃありもしないのに

   本当は、そういった、批判の対象になどなるわけが無いはず。

   作者は、反面教師をふくむ、あくまでも

   物語の登場人物としてかいたわけであって

   模範として書いたわけではないのだから・・・

   たとえ批判されるべき行動、性格をもっていたとしても

   何ら批判される筋合いではないはずなんだが・・・

   たとえば、フェミニズムからははずれるが 

   海外から来た留学生が、某ドラマでの、

   北条時宗のリーダーシップの描き方を批判していた。

   しかし作者は、時宗を、まさに欠点もありながら、

   その”人間は完全ではない”ということに悩み苦しみながら

   戦い抜いた人物として描くのが目的だったわけであって

   批判はお角違いであろう。

   万国共通である”物語”としての骨子と、

   現実の日本社会の傾向を混同して、

   日本社会を云々・・とウンチクをたれていたら、

   それは、留学生の勘違いもはなはだしい。

   (まったく、日本まで来て何やってんだか・・・)

   もしこれが許されないのなら、物語の登場人物は

   すべて、欠点が一つも無く、

   完全な人物として描かねばならないだろう。

   仕事にミスするシーンも許されず、人間を弱く描いてはいけない、

   そんな話は、フェミニズム文化人の満足は得られるだろうが

   つまらなく、なんの奥深さもなく、したがって物語とはいえない。

   しかしこんな、何とでもいいようができる

   架空の世界についてあれこれ言って飯がくえるんだから

   文化人という仕事はやめられないわなあ。

   

 



※2赤は女色というのは国際的水準ではなく、

  日本だけの風習なので排斥すべきだ

   >>ランドセル、トイレの色の性差などは

   この論旨にのっとれば、日本でしか通用しない

   非グローバルスタンダードなシロモノなので

   けしからんということになる。

   これを、すべての事柄にたいして敷衍していけば

   日本独自で、女性しかやらない着こなしなどの風習は、

   国際水準ではないのですべて廃止せよ・・・と

   そういうことになる。正しいか?これって。


2004.04.19 Mon 時代背景の観点から<その2>

 >>しかしこんな、何とでもいいようができる

   架空の世界についてあれこれ言って飯がくえるんだから

   文化人という仕事はやめられないわなあ。


※1でも触れたとおり、

そういった、フェミニスト学者、文化人の楽な飯の種である文化論に、

象牙の塔だけではなく一般社会までもが影響され

”物語の登場人物のモラルと、現実のモラルの混同”が

社会におこってしまったことがあげられる。

そしてそれが、

世間が、彼のような人物が一押しする、

バータレのようなタイプの芸能人の台頭を

許してしまう原因ともなった。


前に言ったように、あくまでも物語は物語であって、

実社会や、社会の目ざす理想、道徳規範とは、

あくまでも別個に捕らえなけらばならないはずなのに

彼ら視聴者は、それらエセ学者の垂れ流すマスコミ寄稿などに影響され

学問の世界のモノサシを、物語に持ちこんでしまった・・・

ということだ。


このドラマの登場人物は、仕事もできず、男に頼って弱弱しい。

これからの女は、仕事バリバリ出来なきゃダメだ。

あのセンセイもそうおっしゃっている。


だから、これからはそんな登場人物は画面に出すな、

そんな役を演じる女など、ロクなのがいない。

そんな役の合う女優などは、社会が一丸となっていじめて潰せ!


こんなのをドラマに出すから、若いのが影響されて

技術を身に付けようともせず主婦に逃げる女が増えるんだ

男なんて、履歴書要らずで、誰でも明日からできる仕事なんて

ドカタみたいなキツイ仕事しかのこってないのに・・

これだから男に、女は楽だって言われるんだ。

これじゃあいつまで立っても男との差は縮まらない。


だから、登場人物はそういう奴ばかりにしろ!

仕事ができる自立した女性だけ出せ!うじうじ悩むことなどするな

いつも自信持ってるように描け!


それじゃ話が面白くないじゃないか・・

野球で、全打席ホームランをうってる試合を見ているようで・・

でもいいのだ。話の面白さなど二の次だ、

ドラマは、それを見て皆が影響されることが主眼。

つまり社会の模範となることが要求されてしまったのだ。

つまりドラマの、北朝鮮放送化である。


抗議の電話を恐れて、人間の奥深さを描くことよりも

そういった連中のおめがねにかなう作品を作るようになった。


女は自由で闊達で、ちゃらちゃらしていなければならない。

そのほうが、抗議の電話がかからないからだ。

薄っぺらい、こんなもので心を揺り動かされないと

批判されようともかまわない。

害毒を巻き散らず、時代がかったお涙頂戴よりはましだからだ※3

間違っても、女のせつなさなど描いてはいけない。

それは弱さを描くことにほかならないからだ。


しかし当然ながら、そんな話は、面白くも何とも無い。

しかしいいのだ、前述したように、製作者、視聴者双方にとって、

話の面白さなど二の次なのだから。

いかに、ドラマの内容が、庶民や学者センセイどもの

理想とリンクしているかが問題なのだ。


そしてそのようなたぐいのドラマ、映画に、

バッシングされにくいバータレが、うってつけだったということだ。



読者登録

柏葉まろみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について