目次
2003年
2003.12.16 Tue ウラのウラ その1
2003.12.16 Tue ウラのウラ その2
2003.12.17 Wed 早速圧力かかってきたよ
2003.12.19 Fri あの人の妊娠、結婚について
2003.12.21 Sun 早稲田の学生
2003.12.22 Mon 裏話
page 7
2003.12.24 Wed 浜崎
2003.12.30 Tue バーニング その1
2003.12.30 Tue バーニング その2
2003.12.30 Tue バーニング その3
2004年
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その1
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その2
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・総括して説明すると
2004.01.02 Fri 裏話
2004.01.07 Wed バーニング 4
2004.01.07 Wed バーニング 5
2004.01.08 Thu ○大卒タレント
2004.01.08 Thu 麻生○晶
2004.01.09 Fri バーニング 6
2004.01.09 Fri 返信
2004.01.10 Sat プロとアマチュアの違い
2004.01.10 Sat ホ○プロ
2004.01.10 Sat バーとホ○プロの共通点
2004.01.11 Sun そのとおり
2004.01.11 Sun バーニング 7
2004.01.12 Mon スターチャイルド
2004.01.13 Tue つかこうへいダブルス
2004.01.13 Tue 自分にレスだけど
2004.01.15 Thu 某女優におけるバラエティー至上主義の限界
2004.01.17 Sat ドキュン帝国の緩やかな崩壊
2004.01.17 Sat 宝○社に食い込んでいたバー○ング
2004.01.18 Sun 挙式報道について
2004.01.21 Wed 某タレント
2004.01.21 Wed 結束を固める”ママさんシンジケート”
2004.01.22 Thu スマップの女性版
2004.01.23 Fri 掲示板
2004.01.23 Fri それと
2004.01.23 Fri 補足(2004/4/25)
2004.02.05 Thu 何故、この人が、YahooBBのキャラクターになったのだろうか?
2004.02.05 Thu 補足説明
2004.02.15 Sun 人生の選択・・奥奈恵のケース
2004.02.16 Mon ちなみに、どういった芸能人が、真の人気者といえるのだろうか・・・
2004.02.16 Mon 前レスの補足
2004.02.24 Tue 大工と広末
2004.02.25 Wed 情報
2004.02.26 Thu 工作員の論理
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか? その1
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その2 木村拓哉のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その3 ドラマ”おとうさん”のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その4 中山ドラマに代表されるバードラ、オスカードラマのケース
2004.03.06 Sat 深田恭子の憂鬱
2004.03.07 Sun どうして芸能界は堕落したのか
2004.03.07 Sun 何故マスコミの信頼がなくなったのか
2004.04.02 Fri wasabi
2004.04.02 Fri wasabi 理由その1
2004.04.02 Fri wasabi 理由その2
2004.04.02 Fri wasabi 理由その3
2004.04.02 Fri wasabi 総括
2004.04.02 Fri アミューズについての質問のへの返信
2004.04.05 Mon ogiteenani さんの質問
2004.04.05 Mon <返信>仲間と木曜の怪談について
2004.04.06 Tue egisfaitaさんの質問
2004.04.06 Tue <返信> ゲンダイって・・・
2004.04.08 Thu ogiteenaniさんの質問
2004.04.08 Thu 返信
2004.04.18 Sun 時代背景の観点から<その1>
2004.04.19 Mon 時代背景の観点から<その2>
2004.04.20 Tue 時代背景の観点から<その3>
2004.04.21 Wed 時代背景の観点から<その4>
2004.04.22 Thu 時代背景の観点から<その5>
2004.04.24 Sat 大嫌いな芸能人のトピ
2004.04.26 Mon 通知
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問の答えとジャニーズタレントとアイドル女優との関係
2004.05.11 Tue 静御前って結局誰が適役なの?
2004.06.12 Sat 3/6長瀬は何故・・4の補足説明
2004.06.15 Tue aosa氏の力作
2004.06.15 Tue ”前提”について少々説明を
2004.06.27 Sun 何故韓国ドラマがもてはやされているのだろうか?
2004.06.29 Tue ゲンダイが迷走している
2004.06.29 Tue ”我らが”ヒロスエ??
2004.06.30 Wed ゲンダイの迷走 その2
2004.07.09 Fri 素直になったゲンダイ
2004.07.12 Mon ゲンダイの記事
2004.07.12 Mon 天海をとりあげてみる
2004.07.29 Thu 某ネット記事
2004.08.05 Thu ゲンダイネット 静御前の決着
2004.08.14 Sat リンク
2004.11.02 Tue 補足説明
2004.11.11 Thu 新春カルタ
2004.11.28 Sun 総論 その1 バータレ
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.30 Tue バータレになることによって何を失うのか?
2004.12.01 Wed の解説 性格
2004.12.02 Thu 解説 パターン
2004.12.03 Fri 解説 非バーニング叩きの具体例
2004.12.06 Mon 解説 正妻と側室の違い
2004.12.06 Mon との関連
2004.12.09 Thu
2004.12.10 Fri
2004.12.11 Sat 周防の広末叩き
2004.12.13 Mon バーニングシフトその1 ”小雪シフト”
2004.12.14 Tue バーニングシフト その2 真逆のイメージ
2004.12.15 Wed バーニングシフトその3 稀有な傾向を、さも・・
2004.12.17 Fri 大学生タレントの通信簿の補足
2004.12.20 Mon バーニングシフト4 あるいは総論
2005年
2005.01.01 Sat rssモジュールの実験
2005.01.05 Wed 補足
2005.01.07 Fri 総論 本当に広末はマスコミの言うように中途半端だったのだろうか?
2005.01.09 Sun もしかして・・と思っている人も多いかも
2005.01.11 Tue 前の続き 育児放棄記事の読み解き方
2005.01.13 Thu その3 新潮記事の読み解き方
2005.01.16 Sun 補足説明
2005.03.09 Wed 少し前の記事だが
2005.03.17 Thu 新潮がまたやらかしてくれた
2005.04.04 Mon 報道の違いによってどれだけ第一印象がかわってしまうか
2005.04.12 Tue フラッシュの記事
2005.04.28 Thu 世間に蔓延している、プッツン娘という固定観念
2005.06.18 Sat 小雪と広末は対立勢力なのか?
2005.10.30 Sun *2004/11/28以前の記事(新しい記事が上)
2005.11.01 Tue 2004/11/28以後の記事(古い記事が上)>>>>
2014年
2014.01.12 Sun 遂にこの時がきた
2014.01.30 Thu 2014-01-30
2014.01.31 Fri 2014-01-31

閉じる


<<最初から読む

57 / 128ページ

2004.04.02 Fri wasabi 理由その2

ベッソンが、彼女の出演作に、綿密に目を通していると推測されるもうひとの理由として、もともと、シナリオ自体が過去の彼女の作品をモチーフにしているということがあげられる。

この作品に出てくるヒロインの”少年院上がり”というキャラは、多分”リップスティック”が下地だろうし、”ヒロインの母の死によって、父が、成長した娘=ヒロインと会う”というストーリーは、”世界で一番パパが好き”の影響である。もちろん、成長した娘と父の出会い・・というのは、”鉄道員”、あるいは”秘密””愛なんていらねえよ。夏(愛なんて・・は、父ではなく兄となっているが、モチーフは同一である)”などでも共通して見られるように、少女時代の彼女の作品でとりあげられる、一貫したモチーフとなっているのは明らかである。ベッソンが、彼女を起用するということを決定した後、この、彼女の”裏に流れる、一貫したモチーフ”を彼が敏感に読み取り、彼女に合わせたストーリーを書き上げた・・というわけである。

とにかく、このようなことを、企画から完成まで、すべて彼一人のみの思いつきで推し進めるということは、はっきりいって、ありえないことである。いくらベッソンが、平均からはなはだしく外れた、おかしな趣味の人間だったとしても。

このような大規模な映画一本を作り上げるなどということは、周囲の人間の賛同がなければ、絶対に先に進まないたぐいのものである。ましてやバータレのように、金で役を買うだの、肉体営業で云々だの、そういう”小規模な”世界ではない。これらに比べて、金の流れは、比較にはならないほど大きい、キャスト出来不出来に、大勢の人間の浮沈がかかっているのだ。

とにかく、いくらこの映画が、彼自身の会社で製作したとはいえ、決定権を持つ関係者は、彼だけではないはずである。当然、周囲を納得させるに足る材料をそろえなければ、企画を先に進ませることは出来ない。その”材料”が、広末を綿密に分析したレポートであることは間違いなく、そして、それが十分説得に足る内容であったことも、企画が、実際に実現の運びとなったことからもかんがみて、間違いはない。


2004.04.02 Fri wasabi 理由その3

また、ベッソンが、キャスト選択に慎重になる理由として、彼の映画に期待されていることが、他の映画と比べて、やや特殊であるということがあげられる。

レオン等の作品以来、いつも、観客が”次に彼が発掘してきた少女は、いったい誰だろう?”と期待しているのだ。言葉は不適当かも知れぬが、彼の映画は、やや少女趣味の傾向を持つ人間達を対象にしての、いわば、お披露目キャンペーンの意味合いも持っているのだ。

これらの期待を裏切らないためにも、作品の内容は別として、ベッソンが、よくよくキャスティングに吟味しただろうということが伺える。


2004.04.02 Fri wasabi 総括


肝心の作品の出来は?国内では散々だといわれたが、海外では、一応、興行目標は達成している。これは、ベッソンの狙いどおりになったといってもいいだろう。この映画を、外れたと思っている欧米人は少ない。もともとこの映画は、日本とヨーロッパでは、期待されいる内容が異なっているのである。欧米では、アクション大作というよりは、むしろ、バンドデシネ(フランス漫画)的な見方をされていて、軽く受け流す類のものとして受け止められている。マジに突っ込みを入れることなど無粋なこと。逆に、軽く突っ込みを入れながら、ナンセンス部分はさらりと受け流すのが”粋”な見方であろうと。残念ながら日本では、そういう見方をされなかったが・・・

”世界中の人々が注目する大舞台に出るに当たって、女優は、世界に出しても恥ずかしくない、日本を代表するべき人材でなければならないのに・・しかし・・””こんな女が、日本女性の典型として欧米に見られてしまう・・・ああ恥ずかしい。”日本代表のオリンピック選手じゃあるまいし、そんな、肩肘はって見る必要はなかったのだが・・何しろ、この映画を見ている欧米人自体、この映画の性格上、そんな見方を一切していないのだから・・まあ、このこと自体、日本人が、”欧米の作品に起用されれば、すなわち日本を代表するに値する云々”といった、発展途上的ものの見方しかできていない現れであるのだから、仕方のないことと言えるのかもしれない。

欧米以外の国で、ある日本人が抜擢されても、その人物が日本に恥じない人物であるべきだなどと思っている人間など一人もいない、たとえその人物が力不足で、不適当だと思っても、気にしないであろう。もしかして”世界には、物好きな奴もいるもんだなあ・・”で済まされるかもしれない。それが、こと欧米に限っては、そういう見方しか出来ないというのは、まだ、日本が欧米の下であるという認識をしていることの現れであろう。


2004.04.02 Fri アミューズについての質問のへの返信

アミューズってバーニングとは関係ないんでしょうか?

アミューズのタレントって叩かれてるの聞いたことないんですけど、、、

関係あるのかな?


確か、新事務所(アミューズ)を立ち上げる際、バーニングの資金提供を受けたという話は聞いたことがある。サザンの初期曲の版権が、現在でもバーに握られたままであるのはその影響らしい。

資金提供、派手なプロモとの交換条件として、版権を手渡したということか・・・しかしそれ以後、アミューズがなんとか独り立ちできるようになってからは、距離をおき始めているようで・・

そのためか、中山美穂と共演した金城武の評価は散々だったし。しかし、これによって”中山共演”というリスクが大きくなってしまい、中山ドラマ自体のレベル低下を引き起こしたのだから、因果応報、自業自得というべきか。

最初から、まったくバーと無縁の事務所よりも、最初のころバーの力を散々利用しておいて、自分が力をつけていくにつれて、恩を忘れたかのようにバーと距離をおき始めた事務所の方が、”大きくなれたのは誰のおかげだとおもっているんだ!・・といった、”裏切りもの””抜け忍”的扱いをバーにされやすい。複雑な感情のもつれにより、はじめからライバル同士という勢力よりも、過酷な扱いをされやすい。これは、家元の独立問題などと、同じ根があるのかもしれない。

現在のアミューズの看板は、役者では福山、深津の両者、音楽ではポルノグラフィティあたりだと思うが、他のドラマ勢力、たとえば役者一筋のパパドゥ、女優一筋のフラーム、スターダストと違い、”主題歌バーター”をよくつかうという戦略は、バーニングと競合していると思う。

深津の出ている”大捜査線”で(病弱なはずの)水野や(最初はキャストにいなかったはずの)内田が、婦警役でレギュラーを狙ってきたのは明らかだし、福山自体、内田と(根も葉もない)噂がたったことがある。しかし、だからといって、意識してバーが切り崩しを狙っているのかどうかは、これだけではわからない。単に、人気ドラマのキャストに食い込みたかっただけ、福山の人気にあやかりたかっただけかもしれない。

フラーム(広末、小雪)や研音(江角、反町など)、ギザ(ビーイング系=倉木など)、サンミュージック(安達、酒井)まで行くと、明らかに切り崩していると、素人目にみてもわかるのだが・・・だが、アミューズはどうだか・・・

これは

655

に対する返信です


2004.04.05 Mon ogiteenani さんの質問

『プロダクション尾木ってバーニング系なんですか?』



読者登録

柏葉まろみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について