目次
2003年
2003.12.16 Tue ウラのウラ その1
2003.12.16 Tue ウラのウラ その2
2003.12.17 Wed 早速圧力かかってきたよ
2003.12.19 Fri あの人の妊娠、結婚について
2003.12.21 Sun 早稲田の学生
2003.12.22 Mon 裏話
page 7
2003.12.24 Wed 浜崎
2003.12.30 Tue バーニング その1
2003.12.30 Tue バーニング その2
2003.12.30 Tue バーニング その3
2004年
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その1
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その2
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・総括して説明すると
2004.01.02 Fri 裏話
2004.01.07 Wed バーニング 4
2004.01.07 Wed バーニング 5
2004.01.08 Thu ○大卒タレント
2004.01.08 Thu 麻生○晶
2004.01.09 Fri バーニング 6
2004.01.09 Fri 返信
2004.01.10 Sat プロとアマチュアの違い
2004.01.10 Sat ホ○プロ
2004.01.10 Sat バーとホ○プロの共通点
2004.01.11 Sun そのとおり
2004.01.11 Sun バーニング 7
2004.01.12 Mon スターチャイルド
2004.01.13 Tue つかこうへいダブルス
2004.01.13 Tue 自分にレスだけど
2004.01.15 Thu 某女優におけるバラエティー至上主義の限界
2004.01.17 Sat ドキュン帝国の緩やかな崩壊
2004.01.17 Sat 宝○社に食い込んでいたバー○ング
2004.01.18 Sun 挙式報道について
2004.01.21 Wed 某タレント
2004.01.21 Wed 結束を固める”ママさんシンジケート”
2004.01.22 Thu スマップの女性版
2004.01.23 Fri 掲示板
2004.01.23 Fri それと
2004.01.23 Fri 補足(2004/4/25)
2004.02.05 Thu 何故、この人が、YahooBBのキャラクターになったのだろうか?
2004.02.05 Thu 補足説明
2004.02.15 Sun 人生の選択・・奥奈恵のケース
2004.02.16 Mon ちなみに、どういった芸能人が、真の人気者といえるのだろうか・・・
2004.02.16 Mon 前レスの補足
2004.02.24 Tue 大工と広末
2004.02.25 Wed 情報
2004.02.26 Thu 工作員の論理
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか? その1
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その2 木村拓哉のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その3 ドラマ”おとうさん”のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その4 中山ドラマに代表されるバードラ、オスカードラマのケース
2004.03.06 Sat 深田恭子の憂鬱
2004.03.07 Sun どうして芸能界は堕落したのか
2004.03.07 Sun 何故マスコミの信頼がなくなったのか
2004.04.02 Fri wasabi
2004.04.02 Fri wasabi 理由その1
2004.04.02 Fri wasabi 理由その2
2004.04.02 Fri wasabi 理由その3
2004.04.02 Fri wasabi 総括
2004.04.02 Fri アミューズについての質問のへの返信
2004.04.05 Mon ogiteenani さんの質問
2004.04.05 Mon <返信>仲間と木曜の怪談について
2004.04.06 Tue egisfaitaさんの質問
2004.04.06 Tue <返信> ゲンダイって・・・
2004.04.08 Thu ogiteenaniさんの質問
2004.04.08 Thu 返信
2004.04.18 Sun 時代背景の観点から<その1>
2004.04.19 Mon 時代背景の観点から<その2>
2004.04.20 Tue 時代背景の観点から<その3>
2004.04.21 Wed 時代背景の観点から<その4>
2004.04.22 Thu 時代背景の観点から<その5>
2004.04.24 Sat 大嫌いな芸能人のトピ
2004.04.26 Mon 通知
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問の答えとジャニーズタレントとアイドル女優との関係
2004.05.11 Tue 静御前って結局誰が適役なの?
2004.06.12 Sat 3/6長瀬は何故・・4の補足説明
2004.06.15 Tue aosa氏の力作
2004.06.15 Tue ”前提”について少々説明を
2004.06.27 Sun 何故韓国ドラマがもてはやされているのだろうか?
2004.06.29 Tue ゲンダイが迷走している
2004.06.29 Tue ”我らが”ヒロスエ??
2004.06.30 Wed ゲンダイの迷走 その2
2004.07.09 Fri 素直になったゲンダイ
2004.07.12 Mon ゲンダイの記事
2004.07.12 Mon 天海をとりあげてみる
2004.07.29 Thu 某ネット記事
2004.08.05 Thu ゲンダイネット 静御前の決着
2004.08.14 Sat リンク
2004.11.02 Tue 補足説明
2004.11.11 Thu 新春カルタ
2004.11.28 Sun 総論 その1 バータレ
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.30 Tue バータレになることによって何を失うのか?
2004.12.01 Wed の解説 性格
2004.12.02 Thu 解説 パターン
2004.12.03 Fri 解説 非バーニング叩きの具体例
2004.12.06 Mon 解説 正妻と側室の違い
2004.12.06 Mon との関連
2004.12.09 Thu
2004.12.10 Fri
2004.12.11 Sat 周防の広末叩き
2004.12.13 Mon バーニングシフトその1 ”小雪シフト”
2004.12.14 Tue バーニングシフト その2 真逆のイメージ
2004.12.15 Wed バーニングシフトその3 稀有な傾向を、さも・・
2004.12.17 Fri 大学生タレントの通信簿の補足
2004.12.20 Mon バーニングシフト4 あるいは総論
2005年
2005.01.01 Sat rssモジュールの実験
2005.01.05 Wed 補足
2005.01.07 Fri 総論 本当に広末はマスコミの言うように中途半端だったのだろうか?
2005.01.09 Sun もしかして・・と思っている人も多いかも
2005.01.11 Tue 前の続き 育児放棄記事の読み解き方
2005.01.13 Thu その3 新潮記事の読み解き方
2005.01.16 Sun 補足説明
2005.03.09 Wed 少し前の記事だが
2005.03.17 Thu 新潮がまたやらかしてくれた
2005.04.04 Mon 報道の違いによってどれだけ第一印象がかわってしまうか
2005.04.12 Tue フラッシュの記事
2005.04.28 Thu 世間に蔓延している、プッツン娘という固定観念
2005.06.18 Sat 小雪と広末は対立勢力なのか?
2005.10.30 Sun *2004/11/28以前の記事(新しい記事が上)
2005.11.01 Tue 2004/11/28以後の記事(古い記事が上)>>>>
2014年
2014.01.12 Sun 遂にこの時がきた
2014.01.30 Thu 2014-01-30
2014.01.31 Fri 2014-01-31

閉じる


<<最初から読む

53 / 128ページ

2004.03.07 Sun どうして芸能界は堕落したのか

インチキ雑誌の台頭。これがもっとも問題であった。○経エンタだの、宝○だの、枚挙に暇が無い。それがまことしやかに業界分析としての権威として世間に説得力を持っているところが、他愛も無い三流ゴシップ誌、スポーツ新聞と比べてたちが悪いところだ。

  • あやややミキティーの歌唱力を専門家が分析したところ、宇多田より上だと判明。
  • 今まで、主人公の娘役として、世間の人が真っ先に思い浮かべるのは、榎本加奈子だった。
  • アイドルから女優への転身に成功したのは、中山美穂ただ一人。

権威あるとされているはずの媒体が、何故こういったウソを載せるのかというと、それが真実だからではなく、書けばファンや事務所が喜ぶからである。

ミキティーが、宇多田より上と言えば、UFAとミキティーファンが喜ぶ。そして、ファンは雑誌を買ってくれるだろう。実際、周囲に、そんなことを言っている人物は一人もいないが、そんなことはどうでもいいことだ。ちょうちん記事を見てどれだけの人間が喜ぶか、それだけである。だから、誰か喜ばして、雑誌の部数を稼げるのならば、どんなことでも、たとえウソでも書く。

娘役といって普通の人が真っ先に思い浮かべるのは、広末か松本恵だろう。

自分は、娘役で榎本加奈子を真っ先に思い浮かべる人間というものに、出会ったことが無い。世間でも同様だろう。

深田や広末はまだアイドルで、女優ではない、今のところアイドル出身で女優と呼べるのは中山美穂ただ一人である・・・こういっている人間にも、出会ったことが無い。はっきりいって、中山も、広末や深田と同じくアイドル畑の住人としてみているか、あるいは広末や深田も、中山と同様、実績ある女優として既に見ているかのどちらかである。この二人を、別の存在として認識している人種など、マスコミの脳内にしか存在していない。”アイドルから本格派女優の脱皮としての、唯一の成功例中山美穂”などは、マスコミ、あるいは周防郁雄の脳内にだけのみ存在してるバーチャルな代物”全国民が誕生日を気にかけられるほどの国民的存在である西田ひかる”だの、”国民から、民間外交官の役割を期待されているほど芸能界で重要な存在である藤原紀香”とおなじようなものであろう。証拠に、そんなことを書いている海外メディアなど一つも無い。日本に詳しいアジア人も同様だろう。

アイドルから女優への脱皮に苦しむ広末、深田のご両人、この先彼女達はどこに行くのだろうか・・・

彼女達は、果たして中山のようになれるのだろうか・・それを考えると、やはり中山は偉大な存在だなぁ・・

マスコミ(周防)はこう訴えたいんだろうが、はっきりいえば、イチローと松井にむかって、彼らも清原のような存在になれるのだろうかと心配しているようなものである。


2004.03.07 Sun 何故マスコミの信頼がなくなったのか

世間が、マスコミを何故信用しなくなってきたのかというと

松田聖子のバックダンサーの、チンコ騒動に端を発している。

ジェフ君のネタがある程度成功したことを目の当たりにした、松田の利権を常々狙っていた周防とマスコミが、次にシナリオを書いたのがこれである。今思えば、ジェフの例で、世間なんて簡単にだませるものだと思い込んで調子に乗りすぎた。あそこでやめとけばよかったのだ。

ジェフの次はこれだ!聖子の下半身事情第二弾を打ち上げるぞ!


”松田聖子とやりすぎておちんちん痛くなっちゃったーーー

みんな、松田にこき使われて、可愛そうなボクのチンコに同情してーー”

世間の人々は一人残らず、バックダンサーのチンコに哀れみの目を向け、一方、松田を嘲笑することだろう。しめしめ。記者たちはほくそえんだ。

しかし・・・・





世間の嘲笑を受けたのは松田ではなく、バックダンサーのチンコの方であった。そして”あんたもたいへんねぇ”と世間の同情を受けたのは、逆に、松田の方であった。

そんなに嫌なら、さっさと松田と契約解消して、ほかのタレントと仕事すればいい。どうしてそれをしなかったのだ?余程無能で仕事がこないダンサーなのか?それとも、松田と離れることをしなかったのは、このいきさつが、でっち上げだからなのか?

セックスにまつわるいざこざは、あくまで当人同士でカタをつければいいことであって、その方が手っ取り早い。どうしてそうしなかったかというと、やはり、トラブル解決以外の、たとえば世間を騒がせて松田を陥れるとか、何かしら、他の目的があるのだろう・・・世間の人間はそう思ったからだ。

世間は、記者が思うほどバカではなかったのだ。逆に、このいきさつにより、松田が消えることもなかった。松田も変なのばかりに言いがかりつけられて、大変だな・・人気も実力もある証拠なんだろうな・・・と、世間は、逆に松田を認めることになった。まあ、他にもマネージャーの暴露騒動とかいろいろあったけど。本人は、必死に、これは売名ではないと訴えていたが、今となっては・・・・

多分、記者も半分ふざけていたんだろう。これを本気にして、抗議の電話をかける大衆の姿を見て、それを笑う。自分の扇動によってだまされるのを哄笑して、仲間と酒の席の、ネタにでもしたかったのだろう。”おいおい、アレをマジに受け取って、抗議の電話かけたバカがいたんだってなあ・・・ハハハ、書いてる俺達だって受けねらいで書いたのに本気にすんなよって、俺達だって、周防さんからたのまれて仕方なく、商売だって割り切って書いてるのにさ。まったく周防さんも無茶苦茶でしょうがねえよなあ。だから自分でも楽しめるくらい面白おかしく書かなきゃやってられないよ”とか何とかいって・・・実際、そこまで盛り上がる事は無かったが。

だから、このような、書いている人間でさえ哄笑しているネタごときにだまされる人種というのは、余程のバカであって、多分、教祖の空中浮揚とやらを真に受けて、オウムに入信するレベルの人間と同程度であろう。それは、この芸能人は、あんなに「世間を騒がせたのだから叩かれて当然だの、まったく鵜呑みにして思考停止に陥っている人種にもいえることだ。まあ、今はネットの発達によって、こういった”マスコミ鵜呑み派”は知能の低い、かっこ悪いという認識をされ、インテリっぽい、頭よさそうな”マスコミ不信派”にすっかり押されて、すっかりマイノリティーとなってしまただろうが・・・

世間が騒いでいるのではなく、周防が世間を騒がせている。世間を騒がせているのは、周防ただ一人。だからそれにのせられている人たちも、浅原ただ一人にのせられているオウム信者と同様、洗脳されている・・”鵜呑み人間”は”わかっている人たちに”一般人がオウム信者を見る目と、同じようにみられているということだ。”この人、何にも知らないで、あーあ、ザマねえなぁ・・”と、こういうことである。


2004.04.02 Fri wasabi

現在、広末涼子とレノ主演の映画が放映されている。

この映画に対する、いわゆる肉体営業の類の噂を流していた工作員が、現在、ピンチに立たされている。作品の出来は別として、その世界配給という作品の性格上、論理の矛盾を隠せなくなり、いまや、話に説得力を持たせることが不可能となってきている。


2004.04.02 Fri wasabi 理由その1

この映画は、ごまかしのきく国内の単館上映作品ではなく、また、全国配給より大規模な、世界配給作品である。

一般的に、このような作品は、前述した小規模の作品に比べて、より失敗リスクは大きい、つまり、失敗することは許されないのだ。よって、キャストを選ぶ際、国内映画、ましてや単館上映作品とは比べ物にならないほど、キャストの選択はシビアになる。パッと見でキャストを決めるなどという、軽はずみなことはしない。キャスト候補の能力を綿密に調べ、吟味に吟味を重ね、それで起用するかしないかの決断を下す。これは、動く金の大きさの比較からいって、普通の人が、常識で考えれば理解できる範囲であろう。当然、彼女の出演作品は、徹底的に調べ尽くされているとみていい。もちろん、他の日本女優も、多数候補に上ったことであろう(当然、その中には”落選”したバータレ連中も入っているだろうと思われる)。


2004.04.02 Fri wasabi 理由その2

ベッソンが、彼女の出演作に、綿密に目を通していると推測されるもうひとの理由として、もともと、シナリオ自体が過去の彼女の作品をモチーフにしているということがあげられる。

この作品に出てくるヒロインの”少年院上がり”というキャラは、多分”リップスティック”が下地だろうし、”ヒロインの母の死によって、父が、成長した娘=ヒロインと会う”というストーリーは、”世界で一番パパが好き”の影響である。もちろん、成長した娘と父の出会い・・というのは、”鉄道員”、あるいは”秘密””愛なんていらねえよ。夏(愛なんて・・は、父ではなく兄となっているが、モチーフは同一である)”などでも共通して見られるように、少女時代の彼女の作品でとりあげられる、一貫したモチーフとなっているのは明らかである。ベッソンが、彼女を起用するということを決定した後、この、彼女の”裏に流れる、一貫したモチーフ”を彼が敏感に読み取り、彼女に合わせたストーリーを書き上げた・・というわけである。

とにかく、このようなことを、企画から完成まで、すべて彼一人のみの思いつきで推し進めるということは、はっきりいって、ありえないことである。いくらベッソンが、平均からはなはだしく外れた、おかしな趣味の人間だったとしても。

このような大規模な映画一本を作り上げるなどということは、周囲の人間の賛同がなければ、絶対に先に進まないたぐいのものである。ましてやバータレのように、金で役を買うだの、肉体営業で云々だの、そういう”小規模な”世界ではない。これらに比べて、金の流れは、比較にはならないほど大きい、キャスト出来不出来に、大勢の人間の浮沈がかかっているのだ。

とにかく、いくらこの映画が、彼自身の会社で製作したとはいえ、決定権を持つ関係者は、彼だけではないはずである。当然、周囲を納得させるに足る材料をそろえなければ、企画を先に進ませることは出来ない。その”材料”が、広末を綿密に分析したレポートであることは間違いなく、そして、それが十分説得に足る内容であったことも、企画が、実際に実現の運びとなったことからもかんがみて、間違いはない。



読者登録

柏葉まろみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について