目次
2003年
2003.12.16 Tue ウラのウラ その1
2003.12.16 Tue ウラのウラ その2
2003.12.17 Wed 早速圧力かかってきたよ
2003.12.19 Fri あの人の妊娠、結婚について
2003.12.21 Sun 早稲田の学生
2003.12.22 Mon 裏話
page 7
2003.12.24 Wed 浜崎
2003.12.30 Tue バーニング その1
2003.12.30 Tue バーニング その2
2003.12.30 Tue バーニング その3
2004年
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その1
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その2
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・総括して説明すると
2004.01.02 Fri 裏話
2004.01.07 Wed バーニング 4
2004.01.07 Wed バーニング 5
2004.01.08 Thu ○大卒タレント
2004.01.08 Thu 麻生○晶
2004.01.09 Fri バーニング 6
2004.01.09 Fri 返信
2004.01.10 Sat プロとアマチュアの違い
2004.01.10 Sat ホ○プロ
2004.01.10 Sat バーとホ○プロの共通点
2004.01.11 Sun そのとおり
2004.01.11 Sun バーニング 7
2004.01.12 Mon スターチャイルド
2004.01.13 Tue つかこうへいダブルス
2004.01.13 Tue 自分にレスだけど
2004.01.15 Thu 某女優におけるバラエティー至上主義の限界
2004.01.17 Sat ドキュン帝国の緩やかな崩壊
2004.01.17 Sat 宝○社に食い込んでいたバー○ング
2004.01.18 Sun 挙式報道について
2004.01.21 Wed 某タレント
2004.01.21 Wed 結束を固める”ママさんシンジケート”
2004.01.22 Thu スマップの女性版
2004.01.23 Fri 掲示板
2004.01.23 Fri それと
2004.01.23 Fri 補足(2004/4/25)
2004.02.05 Thu 何故、この人が、YahooBBのキャラクターになったのだろうか?
2004.02.05 Thu 補足説明
2004.02.15 Sun 人生の選択・・奥奈恵のケース
2004.02.16 Mon ちなみに、どういった芸能人が、真の人気者といえるのだろうか・・・
2004.02.16 Mon 前レスの補足
2004.02.24 Tue 大工と広末
2004.02.25 Wed 情報
2004.02.26 Thu 工作員の論理
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか? その1
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その2 木村拓哉のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その3 ドラマ”おとうさん”のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その4 中山ドラマに代表されるバードラ、オスカードラマのケース
2004.03.06 Sat 深田恭子の憂鬱
2004.03.07 Sun どうして芸能界は堕落したのか
2004.03.07 Sun 何故マスコミの信頼がなくなったのか
2004.04.02 Fri wasabi
2004.04.02 Fri wasabi 理由その1
2004.04.02 Fri wasabi 理由その2
2004.04.02 Fri wasabi 理由その3
2004.04.02 Fri wasabi 総括
2004.04.02 Fri アミューズについての質問のへの返信
2004.04.05 Mon ogiteenani さんの質問
2004.04.05 Mon <返信>仲間と木曜の怪談について
2004.04.06 Tue egisfaitaさんの質問
2004.04.06 Tue <返信> ゲンダイって・・・
2004.04.08 Thu ogiteenaniさんの質問
2004.04.08 Thu 返信
2004.04.18 Sun 時代背景の観点から<その1>
2004.04.19 Mon 時代背景の観点から<その2>
2004.04.20 Tue 時代背景の観点から<その3>
2004.04.21 Wed 時代背景の観点から<その4>
2004.04.22 Thu 時代背景の観点から<その5>
2004.04.24 Sat 大嫌いな芸能人のトピ
2004.04.26 Mon 通知
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問の答えとジャニーズタレントとアイドル女優との関係
2004.05.11 Tue 静御前って結局誰が適役なの?
2004.06.12 Sat 3/6長瀬は何故・・4の補足説明
2004.06.15 Tue aosa氏の力作
2004.06.15 Tue ”前提”について少々説明を
2004.06.27 Sun 何故韓国ドラマがもてはやされているのだろうか?
2004.06.29 Tue ゲンダイが迷走している
2004.06.29 Tue ”我らが”ヒロスエ??
2004.06.30 Wed ゲンダイの迷走 その2
2004.07.09 Fri 素直になったゲンダイ
2004.07.12 Mon ゲンダイの記事
2004.07.12 Mon 天海をとりあげてみる
2004.07.29 Thu 某ネット記事
2004.08.05 Thu ゲンダイネット 静御前の決着
2004.08.14 Sat リンク
2004.11.02 Tue 補足説明
2004.11.11 Thu 新春カルタ
2004.11.28 Sun 総論 その1 バータレ
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.30 Tue バータレになることによって何を失うのか?
2004.12.01 Wed の解説 性格
2004.12.02 Thu 解説 パターン
2004.12.03 Fri 解説 非バーニング叩きの具体例
2004.12.06 Mon 解説 正妻と側室の違い
2004.12.06 Mon との関連
2004.12.09 Thu
2004.12.10 Fri
2004.12.11 Sat 周防の広末叩き
2004.12.13 Mon バーニングシフトその1 ”小雪シフト”
2004.12.14 Tue バーニングシフト その2 真逆のイメージ
2004.12.15 Wed バーニングシフトその3 稀有な傾向を、さも・・
2004.12.17 Fri 大学生タレントの通信簿の補足
2004.12.20 Mon バーニングシフト4 あるいは総論
2005年
2005.01.01 Sat rssモジュールの実験
2005.01.05 Wed 補足
2005.01.07 Fri 総論 本当に広末はマスコミの言うように中途半端だったのだろうか?
2005.01.09 Sun もしかして・・と思っている人も多いかも
2005.01.11 Tue 前の続き 育児放棄記事の読み解き方
2005.01.13 Thu その3 新潮記事の読み解き方
2005.01.16 Sun 補足説明
2005.03.09 Wed 少し前の記事だが
2005.03.17 Thu 新潮がまたやらかしてくれた
2005.04.04 Mon 報道の違いによってどれだけ第一印象がかわってしまうか
2005.04.12 Tue フラッシュの記事
2005.04.28 Thu 世間に蔓延している、プッツン娘という固定観念
2005.06.18 Sat 小雪と広末は対立勢力なのか?
2005.10.30 Sun *2004/11/28以前の記事(新しい記事が上)
2005.11.01 Tue 2004/11/28以後の記事(古い記事が上)>>>>
2014年
2014.01.12 Sun 遂にこの時がきた
2014.01.30 Thu 2014-01-30
2014.01.31 Fri 2014-01-31

閉じる


<<最初から読む

38 / 128ページ

2004.01.23 Fri それと

相対的に叩きたがるのは、バラエティータレントのシンパとて同じである。

彼らは、事あるごとに”バラエティーもなかなか難しいものだ、アドリブ、機転をきかせたりできる、つまり、頭がよくなくてはできない、だからバラエティーに使ってもらっているタレントはえらいのだ。反対に、●●のように、バラエティーになかなか出ない、露出を避けているようなタレントは、バカなのだ”と言う。

決まった台詞しか言わない役者と違って、バラエティーは創造的?なお仕事というわけである。

だったらバラタレ連中は、そんなに貴重な能力を持った希少な人材で、引く手あまたの仕事ならば、他のことなどやらず、バラエティー一筋に専念していればいいものの、やたらと他の仕事、連中が創造的でない仕事と見下して?いる、たとえば舞台やミュージカル、映画に出たがるのは、なぜなんだろう。そっちで十分な稼ぎを得ていないのか?

やっぱり、バラエティーに露出していながら、演技の仕事では不調なタレントを必死で弁護したい気持ちがあるのだろう。実際は演技に失敗してバラエティーに”落ちて”きたのだが、”バラエティーは演技より上””女優は、バラドルよりバカ”と”バラヨイショ、役者叩き”をすることによって、それらタレントの落ちっぷりをごまかしたい。そう思っているのだろう。


2004.01.23 Fri 補足(2004/4/25)

2ちゃんねる、あるいはゲンダイネットでの、大河ドラマでの、広末の静御前役についての不満記事(不満投稿)

これらにいたっては、広末起用の不安材料として、彼女の芸能的な実力には触れず、本人にこれからスキャンダルが出る可能性、あるいは本人の持つ、あまりかんばしくないイメージを取りあげているし※。また、初期キャストや、他の適役として上戸彩、加藤あいなどの名前を出している時点で、工作がモロばれである。あからさますぎて、全然”スマート”でない。もうちょっとうまくやれよ

※しかし、これからスキャンダルが出るかどうか、どうして予測できるのか?もしかして準備(?)してるのか?

NTTなどの時と同じように、広末を引きずり下ろして、加藤や上戸をねじ込むために・・

しかも、本人の演技力には一切触れていないし。ここ数年の大河に起用される要因は、知名度、演技力ではなくタレントイメージであると、あからさまにいっているようなものである。演技に不安がありながら、あえてバーやジャニーズを起用しつづけている(そして、義経のときももそうするであろう)大河スタッフと事務所サイドを、ゲンダイ記者やネット工作員は、何とかして正当化したいわけだ。


2004.02.05 Thu 何故、この人が、YahooBBのキャラクターになったのだろうか?



実は、掲示板管理者は、芸能人などの中傷記事の書き込みに対して、当人から訴えられたら、損害賠償を払わなければならない。投稿者本人にも責任は追求できるが、削除の権限をもつ管理者の方が、責任重大である。判例ではそうなっている。

掲示板管理者は、芸能人から名誉毀損で訴えられるのが怖い。かといって削除のコストもバカにならない。芸能人が投稿者を一人一人訴えることもできるが、人物を特定しないと、訴訟することはできない、事実上不可能である。だからそんなことはせず、まず訴えるなら、管理者を訴える。

そういう弱い立場の管理者が、芸能人から訴えられながらも、逆襲として、個人を訴える・・といったことは二度手間になる。芸能人が直接投稿者の身元を突き詰める手段をもっていないので、事実上、管理者が「削除義務を怠った」ということで、矢面に立たされる。

だがそんな管理者の立場を払拭する方法がひとつだけある。訴訟されたら負けそうな芸能人を、自社の契約で、取り込んでしまえばよい。そうすれば、もし芸能人が訴えるという手段に出て管理者と対立するようなことがあったら、管理者は報復としてキャラクター契約を打ち切ってしまえばよいので、お互い喧嘩せず、持ちつ持たれつの関係となる。ヤフーは、どうせ毎年高額な宣伝費を使わなければならないのだから、それを、こういったタレントのギャラにつかえば、一挙両得となる。タレント側も、高額な契約料を見込める。また管理者と協力関係にあれば、芸能人が、管理者の調査協力を得て、管理者ではなく、直接投稿者を訴えることも可能となる。これは、中傷投稿者にとっては、大きな心理的圧迫である。お互い利口な方法である。

最もこの掲示板で中傷されているのは誰か?最も訴えられたら負けそうな芸能人は・・・最も、取り込んだら有利となる人物は・・・というわけで、この人がキャラクターになった原因に、アンチも一役買っているわけだ。


2004.02.05 Thu 補足説明

>ヤフーは、どうせ毎年高額な宣伝費を使わなければならないのだから、それを、こういったタレントのギャラにつかえば、一挙両得となる。


損害賠償でこの人に金を払うのが確実ならば、どうせなら、前もって、損害賠償と同額のギャラを払った方がいい。そういう面もある。

削除管理コストを浮かし、訴訟コストを浮かし、毎年かかる広告代を有効に使い・・一石三鳥かもしれない。


2004.02.15 Sun 人生の選択・・奥奈恵のケース

広末涼子が大河ドラマに出演することに対して、広末の抜けた穴のために、これから、今まで広末がしてきた仕事がしばらくは自分に回ってくるとぬか喜びしていた、広末に圧迫され続けていて、今まで、ろくな仕事をもらえなかった格下の女性タレント達が、失望し、反乱をはじめているらしい。

2ちゃんねるなどで、NHKの腐敗をたたいたり、他のふさわしいキャストを列挙したりしているのだがいかんせん、名前を挙げたタレント達は、ほとんどが、今まで、実力の上で広末に淘汰されていたバー系のタレント、しかも一度NHKにでて、こりゃダメだと、視聴者、NHK双方に、そっぽを向かれたタレントばかりである。誰が見ても、工作だとわかってしまう。


今まで広末が出ていた、堂本剛、田村正和モノなど、看板枠、堤モノなどの本格派枠、どれも、かなり恵まれた枠である。

対照的に、最近、億万長者と結婚したある女優などは広末や深田が上にいたおかげで、今まで、ロクなドラマに出さしてもらえなかった。広末とほぼ同時期に台頭してきた、同年代の女優にもかかわらずである。

彼女の出産により、これでやっと、自分にもましな仕事が回ってくる。こう思った矢先の、広末の復帰情報である。彼女の怒りがおさまらないのも、うなずける話だ。

この女は、どこまで私の仕事の邪魔をするのだ・・・

このままでは、永久に、あの女の下で、自分にいい仕事は回ってこない、これは、なんとかしなくてはならない・・・

そう思うのも、無理は無い。

第一、金持ちと結婚したのも、広末に対するあてつけである。

自分は広末なんかと全く違って、ちゃんとした人間だということをアピールしたかった。こういうわけだ。

しかし、世間的にちゃんとした人間ということと、ちゃんと仕事ができる人間ということは、また別の話だ。タレント稼業、昼の奥様劇場、CMなどの「ヤワな仕事」などではこういったいいイメージは、有利かもしれない。しかし、こういった仕事と違って、本格的なレベルを要求される、演技の仕事などにプラスになるかというと、そうではないのだ。実は、彼女の起用に、慎重になっている制作スタッフが多いのだ。

彼女は、金を持っている、余裕のある人間である。

スタッフの心配とは、彼女が台詞を間違ったり、台詞をちゃんといえなくても、ヘンな演技しても、ドタキャン、あるいは挙句の果てに強制降板させられても慰謝料払えばへっちゃら、と思ってるのではないか?ということである。

こうなると、せっぱつまった人間の方がちゃんと仕事してくれるのではないか・・・?と製作スタッフが思い、そういった人間の方に、優先的に、いい仕事が舞い込みやすい。女性として、最良と思える選択が、仕事では、逆に不利に働く・・こういうことになる。

金持ちとの結婚。確かに、一個の女性としては、最良の選択かもしれない。しかし、役者として、仕事のうえで、それが有利に働くかといえば、そうではない。プライベートの人間としても、仕事をしている人間としても有利に働く・・そんな都合のいい選択肢など、ありはしないのである。世の中、そう上手くいくはずが無い。



読者登録

柏葉まろみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について