目次
2003年
2003.12.16 Tue ウラのウラ その1
2003.12.16 Tue ウラのウラ その2
2003.12.17 Wed 早速圧力かかってきたよ
2003.12.19 Fri あの人の妊娠、結婚について
2003.12.21 Sun 早稲田の学生
2003.12.22 Mon 裏話
page 7
2003.12.24 Wed 浜崎
2003.12.30 Tue バーニング その1
2003.12.30 Tue バーニング その2
2003.12.30 Tue バーニング その3
2004年
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その1
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その2
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・総括して説明すると
2004.01.02 Fri 裏話
2004.01.07 Wed バーニング 4
2004.01.07 Wed バーニング 5
2004.01.08 Thu ○大卒タレント
2004.01.08 Thu 麻生○晶
2004.01.09 Fri バーニング 6
2004.01.09 Fri 返信
2004.01.10 Sat プロとアマチュアの違い
2004.01.10 Sat ホ○プロ
2004.01.10 Sat バーとホ○プロの共通点
2004.01.11 Sun そのとおり
2004.01.11 Sun バーニング 7
2004.01.12 Mon スターチャイルド
2004.01.13 Tue つかこうへいダブルス
2004.01.13 Tue 自分にレスだけど
2004.01.15 Thu 某女優におけるバラエティー至上主義の限界
2004.01.17 Sat ドキュン帝国の緩やかな崩壊
2004.01.17 Sat 宝○社に食い込んでいたバー○ング
2004.01.18 Sun 挙式報道について
2004.01.21 Wed 某タレント
2004.01.21 Wed 結束を固める”ママさんシンジケート”
2004.01.22 Thu スマップの女性版
2004.01.23 Fri 掲示板
2004.01.23 Fri それと
2004.01.23 Fri 補足(2004/4/25)
2004.02.05 Thu 何故、この人が、YahooBBのキャラクターになったのだろうか?
2004.02.05 Thu 補足説明
2004.02.15 Sun 人生の選択・・奥奈恵のケース
2004.02.16 Mon ちなみに、どういった芸能人が、真の人気者といえるのだろうか・・・
2004.02.16 Mon 前レスの補足
2004.02.24 Tue 大工と広末
2004.02.25 Wed 情報
2004.02.26 Thu 工作員の論理
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか? その1
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その2 木村拓哉のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その3 ドラマ”おとうさん”のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その4 中山ドラマに代表されるバードラ、オスカードラマのケース
2004.03.06 Sat 深田恭子の憂鬱
2004.03.07 Sun どうして芸能界は堕落したのか
2004.03.07 Sun 何故マスコミの信頼がなくなったのか
2004.04.02 Fri wasabi
2004.04.02 Fri wasabi 理由その1
2004.04.02 Fri wasabi 理由その2
2004.04.02 Fri wasabi 理由その3
2004.04.02 Fri wasabi 総括
2004.04.02 Fri アミューズについての質問のへの返信
2004.04.05 Mon ogiteenani さんの質問
2004.04.05 Mon <返信>仲間と木曜の怪談について
2004.04.06 Tue egisfaitaさんの質問
2004.04.06 Tue <返信> ゲンダイって・・・
2004.04.08 Thu ogiteenaniさんの質問
2004.04.08 Thu 返信
2004.04.18 Sun 時代背景の観点から<その1>
2004.04.19 Mon 時代背景の観点から<その2>
2004.04.20 Tue 時代背景の観点から<その3>
2004.04.21 Wed 時代背景の観点から<その4>
2004.04.22 Thu 時代背景の観点から<その5>
2004.04.24 Sat 大嫌いな芸能人のトピ
2004.04.26 Mon 通知
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問の答えとジャニーズタレントとアイドル女優との関係
2004.05.11 Tue 静御前って結局誰が適役なの?
2004.06.12 Sat 3/6長瀬は何故・・4の補足説明
2004.06.15 Tue aosa氏の力作
2004.06.15 Tue ”前提”について少々説明を
2004.06.27 Sun 何故韓国ドラマがもてはやされているのだろうか?
2004.06.29 Tue ゲンダイが迷走している
2004.06.29 Tue ”我らが”ヒロスエ??
2004.06.30 Wed ゲンダイの迷走 その2
2004.07.09 Fri 素直になったゲンダイ
2004.07.12 Mon ゲンダイの記事
2004.07.12 Mon 天海をとりあげてみる
2004.07.29 Thu 某ネット記事
2004.08.05 Thu ゲンダイネット 静御前の決着
2004.08.14 Sat リンク
2004.11.02 Tue 補足説明
2004.11.11 Thu 新春カルタ
2004.11.28 Sun 総論 その1 バータレ
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.30 Tue バータレになることによって何を失うのか?
2004.12.01 Wed の解説 性格
2004.12.02 Thu 解説 パターン
2004.12.03 Fri 解説 非バーニング叩きの具体例
2004.12.06 Mon 解説 正妻と側室の違い
2004.12.06 Mon との関連
2004.12.09 Thu
2004.12.10 Fri
2004.12.11 Sat 周防の広末叩き
2004.12.13 Mon バーニングシフトその1 ”小雪シフト”
2004.12.14 Tue バーニングシフト その2 真逆のイメージ
2004.12.15 Wed バーニングシフトその3 稀有な傾向を、さも・・
2004.12.17 Fri 大学生タレントの通信簿の補足
2004.12.20 Mon バーニングシフト4 あるいは総論
2005年
2005.01.01 Sat rssモジュールの実験
2005.01.05 Wed 補足
2005.01.07 Fri 総論 本当に広末はマスコミの言うように中途半端だったのだろうか?
2005.01.09 Sun もしかして・・と思っている人も多いかも
2005.01.11 Tue 前の続き 育児放棄記事の読み解き方
2005.01.13 Thu その3 新潮記事の読み解き方
2005.01.16 Sun 補足説明
2005.03.09 Wed 少し前の記事だが
2005.03.17 Thu 新潮がまたやらかしてくれた
2005.04.04 Mon 報道の違いによってどれだけ第一印象がかわってしまうか
2005.04.12 Tue フラッシュの記事
2005.04.28 Thu 世間に蔓延している、プッツン娘という固定観念
2005.06.18 Sat 小雪と広末は対立勢力なのか?
2005.10.30 Sun *2004/11/28以前の記事(新しい記事が上)
2005.11.01 Tue 2004/11/28以後の記事(古い記事が上)>>>>
2014年
2014.01.12 Sun 遂にこの時がきた
2014.01.30 Thu 2014-01-30
2014.01.31 Fri 2014-01-31

閉じる


<<最初から読む

33 / 128ページ

2004.01.18 Sun 挙式報道について

17日に挙式が行われた広末夫妻についてテレビ局がどう報道するかで、バーニング社長、周防氏に対する、局の忠誠心が、いっせいにはかられるらしい。いわば究極の選択、踏絵の状態である。

批判めいた報道、あるいはスルーに近いコメントをすれば、周防氏の覚えはこれからもめでたく、付き合いはこれまでどおり、だが少しでも賞賛のニュアンスがあれば、周防氏は、このテレビ局は、自分と敵対したとみなし、今後の関係は一切決裂、以後、完全に白紙状態となる。まさに局は今”どっちに色を決めるか”といった、関が原の戦いの前の、諸大名のような心境である。

勿論バーニングと袂を分かつ局もあるだろう。上がその”色”を決めれば、バーニング色の強いコメンテーター、関係者は、いっせいに職を追われるか、あるいは、そうなる前に、事前に”阪神大震災の日の結婚を賞賛するとはけしからん。講義の意をこめて降板する”とか何とか理由をつけて、コメンテーターを辞することだろう・・・どっちみち、後になるか前になるかの違いだけで、クーデタ-はさけられない。上がどう出るか・・・連中は、戦々恐々としている。まさに、針の筵の上状態である・・・。

日曜番組の和田、オスピー、こういった人物が、局経由で、周防氏の後ろ盾を完全に断たれ、いっせいに粛清される・・・このような光景もありえないわけではない。

何しろ今となっては、バーニングに擦り寄って得る物より、それによって失うもののほうが大きいのだ。月9で、バーの中山達に擦り寄れば、バー抜け忍の、松雪擁するスターダストは勿論、他の中山等とキャラのかち合う女優のいる事務所は排除するしかなかった。しかし、ビギナーでの小成功によって、バーの提携によって今まで失ったものがいかにおおきかったか、見事に露呈されてしまった。他の番組でさえ同様だろう。石井館長の力を借りなくても、格闘番組は成立する。レコ大だって、エイベックスにすりよったメリットより、それによって、他の歌手達を逃がしてしまったデメリットの方が、はるかに大きいだろう。これは歌番組全体に言えることだ。

そうすると、どの局も、いまさら周防氏の威光にすがるのは得策ではないということになる。だが、テレビ局など、組織全体としては、それでいいのかもしれないが、今までのしがらみにとらわれた、毒舌キャラなどといった個人の連中にとっては、そんなこと、急に出来る相談ではない。何しろ自分でさんざん悪口を言ってきたのだから・・それが急にコロリとかわっても、信頼を失うだけだろうから・・・そうすると、バー寄りの”めいっぱいの抵抗”を続けて、いずれ粛清に甘んじるか、あるいは上の方針が変わらないことを祈りつづけるか・・この二つの選択肢しか、ないだろうと思われる。


2004.01.21 Wed 某タレント

某、バー○ング系のタレントが、この好機とばかりに、YahooBBのキャラクターを広末から奪取してもらおうと”あのお方”におねだりするなど、ブランク明けの人気復活に向け、活発に水面下工作を展開しているらしい。



結婚会見で、広末はマスコミにいい印象を与えなかったので、CM的には使いづらいという既成事実を、ゲンダイネットなどの工作で、大衆全体の世論であるようにでっちあげ、バカな大衆を煽り立て、広末を、CMから降板させる口実にしているらしい。

広末がCMに使いづらいというのは、大衆の要望ではなく、企業側(使う側)の要望でさえなく、タレントにおねだりされ、自分の力が今だ健在であることを誇示したい、周防とそのタレント、たった二人の要望であるのだが、それを、自分達の都合ということを隠蔽するため、国民全体の声である・・・・という風に煽り立て、広末降板に、世間が違和感を持たせなくする作戦は、今まで何度も見られた、典型のパターンである。

周防機関紙であるゲンダイネットが、まず、その尖兵となって、早速、扇動工作を開始した。ゲンダイネットが切り込み隊長、これも、いつものパターンである。


まず、掲示板のコピーペースト職人がそれにつづき、その次に、その記事に対する同調コメントの職人。それから、そういった扇動に乗せられやすい、芸能のウラに全く無知な、ヒマな主婦、知的レベルの劣った若者などの、一般の人々・・・・それを周防系の、メジャーなマスコミ取り上げて、これが一般市民の反応の典型だと宣伝する・・・この4つの段階を踏むというのも、既におなじみのパターンである。最初から最後まで、すべて自分達の息のかかった勢力の工作ではなく、間に、自分達とは関係ない勢力(騙されやすい大衆)の支持というプロセスをはさんでいるところが、大衆に説得力をもたせるに当たって、かえって有効である。ここらへんが巧妙なところだ。

実は、某半島系の、その手の扇動工作に長けた国家が、大衆誘導の指導にあたっているので、この手のマジックは、お手の物である。つまり芸能マスメディアに限って言えば、日本は、○○○の植民地なのである。”あの国”が、芸能を有効な大衆プロパガンダの手段と位置付けているところから見て、日本芸能界を、重要な”利益を吸い取れる畑”と見ていることに、間違いは無いだろう。


2004.01.21 Wed 結束を固める”ママさんシンジケート”

しばらく前、同じ年頃の子供を持つ、母親のタレント同士の結束を宣伝した、ワイドショー特集が放送された。

実は、某出産タレントを、このシンジケート内に取り込み、”仲良しママさんタレント四人組”として、彼女達による、芸能ニュースでの育児関連の報道の独占を狙い、同時に、他勢力のママさん(予定)タレント報道の完全排除に向けて、早速、工作を開始しているらしい。

出産を終えたばかりの○山を含め、○藤、○高、三人はバーだが、残る○井はサンミュージックである。だが親交は深く、バー移籍の話も持ち上がったこともあるほど、結束は固い。この機に、バー移籍の可能性も高い。

張られるシナリオとしては、育児に不慣れな”新米”中○のことを、かいがいしく”先輩”三人が協力して助け合い、それぞれ母親として成長していく・・まあ、なんてひたむきな、芸能界ママさん四人衆なんでしょう。まだ妊娠もしていないくせに休業にはいった○○とか、黒ベールで隠したほどの、人目にさらせないような、みっともないバカのダンナを持つ○○なんかとは、大違いだわ!・・・と大衆を錯覚させるという、ガチンコ、あいのり張りの、ダラダラとテレビを見すぎて、思考停止に陥っているバカが、いかにも騙されやすいようななシロモノであるのは、いうまでもない。

この”四人組”は、中国の毛沢東、華国鋒時代の、あの”四人組”をモデルにしているといわれている。権力の、四人内での完全独占、自分以外の、ライバルのナンバー2、ナンバー2候補の完全粛清、これもきっちり視野に入れているといわれている。彼女達は、将来”本家”をしのぐほどの勢力を持つのかもしれない。


2004.01.22 Thu スマップの女性版

SMAPの女性版、言うなればGirl's SMAPが結成されるらしい。


といっても、所属事務所はまちまちなので、実際にグループを結成するわけでなく、共同で帯番組を一つ持ったり、メンバーで共通の仕事をもったりして、SMAP的な売り出し方をする・・・ということである。

  1. フライング結婚をした、既婚者のメンバー、ファン層の、異性支持の比率が極端に多い。だが反面異性をひきつける行動は同性に”ええ格好しい”と見られて、同性支持は少ない。つまり木村拓哉的存在である、グループの、牽引車的存在の女性(1980生)近作 ”元カレ”
  2. ↑の妹的な立場、上メンバーのやる事なすことすべてにあこがれる、グループ内では、末っ子の甘えん坊、いわば香取慎吾的存在の女性(1982生)近作 ”彼女が死んじゃった”
  3. 最年長者で、グループのリーダー格、だが他のメンバーと違い、CDを出していない。多分マイク通せば音痴なんだろうな的、つまり中居正広的存在の女性(1978生)近作 ”僕と彼女の生きる道”
  4. クールでニヒル、いつも何考えてんだかわからない。稲垣吾郎的存在の女性(1981生)近作 ”オレンジデイズ”
  5. オヤジ殺し、年配者うけ、同世代に強烈な印象はなく、存在感は乏しいが、全世代にわたって支持があり、なんとなく使い勝手がいい。いわば草薙剛的存在の女性(1980生)近作 ”プライド”

事務所は、1はフラーム、2がホリプロ、3はバー系のトヨタオフィス、4.5はスターダストで、まるでまちまちなんだが、キャラクター設定はまるでSMAPである。もしかして、いつの時代でも、こういう5つのポジションが芸能界には必須で、それがアイドル系女優の分野でも例外ではなく、自然と、空きがあった分野で一人づつブレイクして、自然と、このポジションに職務分化していったのかもしれない(気のせいか、年齢分布もSMAPと酷似している。そして、メンバーはすべて、ジャニーズ男優のヒロイン役として相性がよい)それがSMAPのばあい、その”世の中で必要とされているキャラクター達”を、グループ内ですべて独占している・・ということなのかもしれない。こういったキャラクター分けは、ビートルズ、7人の侍、刑事もの、ゴレンジャーシリーズなど、例はいくらでも見つかる。






........ネタなので本気にしないように


2004.01.23 Fri 掲示板

掲示板で、広末涼子のジミ結婚を叩いている人物は、ほとんどが、他タレントシンパの工作員らしい。

(ママさんタレント分野)
彼女と同様に、人気絶頂期にできちゃった結婚引退をしたが、役者と違い、流行り廃りの激しい音楽界であったため、ブランクを空けて自分のポジションを失うことを恐れ、復帰をあせる余り、子育てに価値を見出すことができなくなって、ついに離婚、親権放棄をしてしまった、某アーティスト。
同じママさんタレントでも、歌い手という立場の余りの不安定さと比べて、女優という比較的安定した立場に嫉妬して、あいつも同じようになれば・・・・と望む、彼女を叩いて、”女優に比べて歌手なんて所詮ははやりモノ”という、世間の冷ややかな視線を、●室シンパは、すこしでもカモフラージュさせたいとのぞんでいる。
(結婚分野)
野球選手と豪華結婚式をしたにも関わらず、相変わらず不評な女性柔道家。
りょうこはりょうこでも、違うりょうこの方を見たかった・・・という下々の意見や、ジミ婚に対する賞賛、ハデ婚に対する非難。世間の、それら多くの声をなんとかして押さえたいために、彼女を叩いて”あいつも豪華な結婚式すりゃあいいのになぜやらなかったんだ!・・・でも、あいつはやりたくてもできなかったのだ。●わ●ちゃんとちがって、世間に慕われてないからだ。そんな需要も、要望も無かったから・・・だから、テレビ中継もできなかったし、豪華ゲストも呼べなかったんだ”・・・●わ●シンパは、是が非でもそういうことにしておきたい。
(アイドル分野)
アイドル集団として一時期は絶頂にありながら、最近は歌でぱっとせず、彼女と違い、演技のフィールドで酷評され、歌からの路線変更にも失敗し始めている、某女性グループ。
かつて歌手活動をしていた彼女は、女優活動という十分な”保険”があった。プロデューサーも固定されていず、たとえプロデューサーがこけても、あるいは歌手活動そのものがこけても、本業ではないので、すべてを失うということは無かった。
しかし、●●娘は、演技など他の分野でも成功していなく、歌手活動以外に”保険”はない、また、その歌手活動にしても、つんくがこけてしまえばそれっきりで、立場は大変危うい。リスク分散をまったくしていないだけあって、これから生き延びていくことは難しい。アイドル専門家の間でも、広末のようなオールジャンルな人間よりも、相対的に過小評価されつつある。
●●娘シンパとしては、世間の●●娘にたいするこれらの批判を、少しでも緩和したい。だから、相対的に彼女を貶めて、”あ●ややご●きのほうが、旬!アイドルとしては偉大!売上は上!あいつは落ち目!あいつはそんなに歌売れなかった!”ということにしておきたい。アイドルとしては、そうかもしれないが、向こうは一人、こっちは十数人なので、比較にならないはずだが・・その証拠に、ソロで比較すれば、売り上げなんて、連中も似たようなもんである。また、女優というフィールドでは、全く比較材料が無いし・・しかし、連中はこれからどうするんだろうか・・・
(事務所分野)
CM,ワイドショーの過剰な露出などで延命してきた、オスカー、バーニングなどのタレント
彼女達が最近軒並み調子をおとし、逆に、広末、宇多田ヒカルのような、マスコミ露出を押さえた女優、アーティスト達が、そういった露出、煽りの少なさにもかかわらず、落ち目にならずに、固定層をガッチリつかむ戦略で芸能界のポジションをキープしている。
そういった低迷を隠したいため、”広末なんか芸能ニュースで全然取り上げられなかった!もうみんな興味なくなっているんだ。落ち目なのだ!でも同じ涼子でも●●なんかは、宝石の宣伝とかでバンバン出てる。広末とちがって、世間にまだまだ需要があるからだ。●●なども、出産、子育て特集が毎回のように組まれている。でも広末は全然出ない!これも、世間の関心が、こっちの方が高いからなんだ!”・・・バー●レのシンパは、是が非でも、そういうことにしておきたいのだろう。気がつけよいいかげんに。


読者登録

柏葉まろみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について