目次
2003年
2003.12.16 Tue ウラのウラ その1
2003.12.16 Tue ウラのウラ その2
2003.12.17 Wed 早速圧力かかってきたよ
2003.12.19 Fri あの人の妊娠、結婚について
2003.12.21 Sun 早稲田の学生
2003.12.22 Mon 裏話
page 7
2003.12.24 Wed 浜崎
2003.12.30 Tue バーニング その1
2003.12.30 Tue バーニング その2
2003.12.30 Tue バーニング その3
2004年
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その1
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その2
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・総括して説明すると
2004.01.02 Fri 裏話
2004.01.07 Wed バーニング 4
2004.01.07 Wed バーニング 5
2004.01.08 Thu ○大卒タレント
2004.01.08 Thu 麻生○晶
2004.01.09 Fri バーニング 6
2004.01.09 Fri 返信
2004.01.10 Sat プロとアマチュアの違い
2004.01.10 Sat ホ○プロ
2004.01.10 Sat バーとホ○プロの共通点
2004.01.11 Sun そのとおり
2004.01.11 Sun バーニング 7
2004.01.12 Mon スターチャイルド
2004.01.13 Tue つかこうへいダブルス
2004.01.13 Tue 自分にレスだけど
2004.01.15 Thu 某女優におけるバラエティー至上主義の限界
2004.01.17 Sat ドキュン帝国の緩やかな崩壊
2004.01.17 Sat 宝○社に食い込んでいたバー○ング
2004.01.18 Sun 挙式報道について
2004.01.21 Wed 某タレント
2004.01.21 Wed 結束を固める”ママさんシンジケート”
2004.01.22 Thu スマップの女性版
2004.01.23 Fri 掲示板
2004.01.23 Fri それと
2004.01.23 Fri 補足(2004/4/25)
2004.02.05 Thu 何故、この人が、YahooBBのキャラクターになったのだろうか?
2004.02.05 Thu 補足説明
2004.02.15 Sun 人生の選択・・奥奈恵のケース
2004.02.16 Mon ちなみに、どういった芸能人が、真の人気者といえるのだろうか・・・
2004.02.16 Mon 前レスの補足
2004.02.24 Tue 大工と広末
2004.02.25 Wed 情報
2004.02.26 Thu 工作員の論理
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか? その1
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その2 木村拓哉のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その3 ドラマ”おとうさん”のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その4 中山ドラマに代表されるバードラ、オスカードラマのケース
2004.03.06 Sat 深田恭子の憂鬱
2004.03.07 Sun どうして芸能界は堕落したのか
2004.03.07 Sun 何故マスコミの信頼がなくなったのか
2004.04.02 Fri wasabi
2004.04.02 Fri wasabi 理由その1
2004.04.02 Fri wasabi 理由その2
2004.04.02 Fri wasabi 理由その3
2004.04.02 Fri wasabi 総括
2004.04.02 Fri アミューズについての質問のへの返信
2004.04.05 Mon ogiteenani さんの質問
2004.04.05 Mon <返信>仲間と木曜の怪談について
2004.04.06 Tue egisfaitaさんの質問
2004.04.06 Tue <返信> ゲンダイって・・・
2004.04.08 Thu ogiteenaniさんの質問
2004.04.08 Thu 返信
2004.04.18 Sun 時代背景の観点から<その1>
2004.04.19 Mon 時代背景の観点から<その2>
2004.04.20 Tue 時代背景の観点から<その3>
2004.04.21 Wed 時代背景の観点から<その4>
2004.04.22 Thu 時代背景の観点から<その5>
2004.04.24 Sat 大嫌いな芸能人のトピ
2004.04.26 Mon 通知
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問の答えとジャニーズタレントとアイドル女優との関係
2004.05.11 Tue 静御前って結局誰が適役なの?
2004.06.12 Sat 3/6長瀬は何故・・4の補足説明
2004.06.15 Tue aosa氏の力作
2004.06.15 Tue ”前提”について少々説明を
2004.06.27 Sun 何故韓国ドラマがもてはやされているのだろうか?
2004.06.29 Tue ゲンダイが迷走している
2004.06.29 Tue ”我らが”ヒロスエ??
2004.06.30 Wed ゲンダイの迷走 その2
2004.07.09 Fri 素直になったゲンダイ
2004.07.12 Mon ゲンダイの記事
2004.07.12 Mon 天海をとりあげてみる
2004.07.29 Thu 某ネット記事
2004.08.05 Thu ゲンダイネット 静御前の決着
2004.08.14 Sat リンク
2004.11.02 Tue 補足説明
2004.11.11 Thu 新春カルタ
2004.11.28 Sun 総論 その1 バータレ
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.30 Tue バータレになることによって何を失うのか?
2004.12.01 Wed の解説 性格
2004.12.02 Thu 解説 パターン
2004.12.03 Fri 解説 非バーニング叩きの具体例
2004.12.06 Mon 解説 正妻と側室の違い
2004.12.06 Mon との関連
2004.12.09 Thu
2004.12.10 Fri
2004.12.11 Sat 周防の広末叩き
2004.12.13 Mon バーニングシフトその1 ”小雪シフト”
2004.12.14 Tue バーニングシフト その2 真逆のイメージ
2004.12.15 Wed バーニングシフトその3 稀有な傾向を、さも・・
2004.12.17 Fri 大学生タレントの通信簿の補足
2004.12.20 Mon バーニングシフト4 あるいは総論
2005年
2005.01.01 Sat rssモジュールの実験
2005.01.05 Wed 補足
2005.01.07 Fri 総論 本当に広末はマスコミの言うように中途半端だったのだろうか?
2005.01.09 Sun もしかして・・と思っている人も多いかも
2005.01.11 Tue 前の続き 育児放棄記事の読み解き方
2005.01.13 Thu その3 新潮記事の読み解き方
2005.01.16 Sun 補足説明
2005.03.09 Wed 少し前の記事だが
2005.03.17 Thu 新潮がまたやらかしてくれた
2005.04.04 Mon 報道の違いによってどれだけ第一印象がかわってしまうか
2005.04.12 Tue フラッシュの記事
2005.04.28 Thu 世間に蔓延している、プッツン娘という固定観念
2005.06.18 Sat 小雪と広末は対立勢力なのか?
2005.10.30 Sun *2004/11/28以前の記事(新しい記事が上)
2005.11.01 Tue 2004/11/28以後の記事(古い記事が上)>>>>
2014年
2014.01.12 Sun 遂にこの時がきた
2014.01.30 Thu 2014-01-30
2014.01.31 Fri 2014-01-31

閉じる


<<最初から読む

30 / 128ページ

2004.01.15 Thu 某女優におけるバラエティー至上主義の限界

かるた前半後半面白かったよ。



かつてバラエティーで鳴らした某女優が、経営危機だったバーニング系事務所から、非バーの事務所へ移籍した。これからは、バラエティー畑は、あくまで宣伝とみなし、メインのフィールドを、演技に求めていくと思われる。

実は、これでバラエティー至上主義の限界が、如実にあらわされてしまったといってよいのだ。スカウトキャラバン系、国民的美少女系、たとえば佐藤○子、その他いろいろ、最初は役者仕事でブレイクしながら、演技一筋へいくと思うや、バラエティーへと路線変更したものはたくさんいる。最近、こういった者たちの活動が、頭打ちになり、続々と行き詰まりを見せているのだ。役者でブレイクした者ではなく、イエローキャブタレント等、”バラ専門”の人材の台頭、立ちはだかるキャリアの壁・・・・バラエティーでも生き残りは厳しく、かといって本来の演技仕事でも、実績の乏しさゆえ、実績豊富な、本業一筋の女優達に、大きく水をあけられてしまっていて、食い込む余地がほとんどなくなっているのが現状だ。

しかし大手事務所の考えることはどれも一緒で、どうしても、タレントを自分の政治力が有利に働くフィールドで仕事させたがる。政治力が有効なジャンル、バラエティー、ドラマ枠、こういった”限られたフィールド”に、弱小を蹴散らし座り込む・・・彼らはこういったことに掛けてはお得意だ。地道な産業、ニッチ産業なんて目もくれない。

しかし当たり前だが、大手が絡みやすい、大手に有利なジャンルと、大手の有利さは出ないが、長期効果のある、将来有効なジャンル、本人の成長になるジャンルというのは、まるで別物だ。もしバーから移籍した某女優が、これから演技の世界で成功すれば、バー、ホリ○ロ、オス○ーなどの大手は、もともと演技に素質のある人材を、バラエティーなどの仕事で、無駄に使いつぶしていたことになる・・・そうなれば、タレント本人のためにも、視聴者のためにも、長期的に考えれば使う側の利益にもなってない・・・こういった、非難の声が高まるだろうと思われる。


2004.01.17 Sat ドキュン帝国の緩やかな崩壊

ローマ帝国が、すべてのシステムをローマ人を対象としていた時代から、拡大を続けるうちに、次第にそれだけでは立ち行かなくなり、システムの対象がローマ人以外も内包せざるをえなくなってきたとき、初めて崩壊の兆しを見せ始めた。拡大の限界、いわば宿命といったところだろう。バーニング帝国も同様。

バーニング帝国(インペリアヌス=バーニンギア)も、いわば初期ローマにおけるローマ人=ドキュンのみを基盤としていた、地方国家であった。ドキュンの、ドキュンによる、ドキュンのための国家であった。すべてはドキュンのみをターゲットにしていた。低賃金層である、ドキュンのみ心に響く安価な低俗雑誌、ドキュンのみ購買層とした、すぐに飽きる音楽、無料で見られるCM、ワイドショー、すべて、彼らのような人間が手に届きやすい、無料、あるいは安価なものばかりである。ローマ帝国と同様、こういったジャンルを”占領”し、”アガリ=収穫”を求め、放射線状に収束する、カエサル道ならぬ、スオー道を通じて、すべての収穫を、首都ローマのためならぬ、首都アカサカバーニングのために使う・・・ローマ帝国の、数々の衛星諸国、植民地ブリタニカ、ガリア、リビア・・・同じくバーニング帝国も、多くの衛星諸国、植民地を持っていた。レヴィア、ビッグアップリア、トヨタオフィシア、その他多数・・・そしてそれによって生み出された、パックス、バーニンガーナ(バーニングによる平和)も。

しかし帝国の宿命、無限拡大路線を続けるうち、ドキュン以外の人間も、ターゲットにせざるをえなくなってきた。大衆ジャンル以外の、ガチガチのカルテルを誇る分野・・・舞台芸術畑、歌舞伎、狂言などの伝統芸能畑、文芸映画畑・・・こういったジャンルに進出しなければ、拡大はおぼつかない。しかし、こういった国家の住民は、ドキュンではない。全くの異民族である。中期ローマのように、徹底的に滅ぼして占領するか、それとも後期ローマのように、システムの一部として彼らをとり込み、ローマのシステムに、緩やかに内包させるか・・・・同様のジレンマに立たされたわけである。

ドキュン帝国=バーニング帝国のとったプロセスは、結局ローマと同じものだった・・・・ゲルマン人同様、ドキュン以外の異分子の内包が、必然的に、芸術性などといった、”画一的なマスコミの、対ドキュン報道”とあいいれない色を出さざるをえなくなって、統一性を失ってしまった。ドキュン畑以外のジャンルでは、高額所得層、芸能芸術に造詣の深い層、こういった層に都合のいい報道とは、下衆なドキュン報道と、時に相反するものとなる。というわけである。

これがドキュン帝国(インペリアヌス・ドキュニア)=バーニング帝国の崩壊を生み出した。ローマと同様、統一性の崩壊=それから生まれる、個々の民族にとって相反する矛盾=大崩壊の引き金・・・・・

歴史は繰り返すものだ。


2004.01.17 Sat 宝○社に食い込んでいたバー○ング

「Jポップ」という言葉を広めた、別冊宝○の、”音●誌が書かないJポップ批評”シリーズ。実は「音楽誌が書かない・・」のではなく「宝●とは違い、バーニングの力などが及んでいない雑誌は余りにもバカらしくて書かない・・・」なんだが、それはおいといて、とにかく、”過剰露出メディアいじられ系”ともいえる、いまいち立場があやふやなバー系アーティスト連中にとって、この「Jポップ」というカテゴリは、誠に便利な言葉であろうと想像できる。バンドの本格派から、鈴木あみ、宇多田、スピードにいたるまで、ファミリーでは、小室もつんくも伊秩も、みんなまとめてJポップ・・確かにバーの連中にとっては、”まとめ売り”ができて楽だろう。

やはり、バーに遠慮しているメディアに普遍的にみられる、”素直にほめりゃあいいものを・・・何で?”的な、いささかひねくれた論評が多い。標的は言わずもがな、非バーの星、宇多田、広末たちなのだが、彼女達と少々キャラがかぶりながらもスタンスが対照的なキャラクターである、特定のバー系歌手に遠慮しているのがありありとわかって、今となっては非常に見苦しい。



”Jポップ批評2”からの内容を、試しに取り上げてみると

鈴木○み(小室)、モ○娘(つんく)、ス○ード(伊秩)のように特定のファミリーに属している人物と違って、不特定多数の大物(当然非バー)の提供を受けている広末は、本人の顔が見えてこない・・・一応、アルバムの水準の高さは褒めてはいるが、一人のプロデューサーに一任させよ、女優の余技と見透かされているようで不快・・・と言い切る。確かにいえてるんだが・・・

だがこれは、プロデューサーこけたら皆こけた、というような、リスクヘッジをまるでしていないバー連中に対する、遠慮以外の何者でもない・・だろう。鈴○は小室がこけたら、いや歌手活動そのものがこけてしまったらどうするのだ?つんく一人に依存しているモー娘は?同じく伊秩のス○ード、Deepsはどうなのだ?

確かに言っていることは、当たっているともいえなくは無いんだが・・・だからといって広末のことをここまで言っておいて、「全然歌が上手くない鈴○あみは小室の上でのびのび楽しんでいるようで、見ていて心地よい」「つんくプロデュースのアイドル作品には、問題もあろうが、作品の出来不出来が自分に跳ね返ってくる覚悟が、ちゃんと作品を貫いているのだ」と、ここまでいう必要あるんだろうかと思うんだが、どっちみち今となっては、リスクヘッジの無さゆえ、一人残らず消えてしまった方々であるので、笑って済ませてしまいましょう・・・かな。

どっちみち、ほかにも、「和製ローリン・ヒル、沖縄出身を背景に、安○を貫くブルースの素」だの「男なら全員M○X好きでしょう!テレビにM○Xが出たらオヤジは全員画面に釘付け!」「吉川○なの、本人作曲のウサギちゃんSAY GOODBYEは名曲だった。彼女の声は捨てがたい」(その他突込みどころ多数)・・・どうせ、ふざけて書いたんだろうと思われる、突込みどころ満載のこれらの記事を冷静に読むと、「それにしても、今考えるとあの時代って、なんだったんだろう・・・でも、なんだか記者って大変なんだなー」という感想しか、沸いてこない。


2004.01.18 Sun 挙式報道について

17日に挙式が行われた広末夫妻についてテレビ局がどう報道するかで、バーニング社長、周防氏に対する、局の忠誠心が、いっせいにはかられるらしい。いわば究極の選択、踏絵の状態である。

批判めいた報道、あるいはスルーに近いコメントをすれば、周防氏の覚えはこれからもめでたく、付き合いはこれまでどおり、だが少しでも賞賛のニュアンスがあれば、周防氏は、このテレビ局は、自分と敵対したとみなし、今後の関係は一切決裂、以後、完全に白紙状態となる。まさに局は今”どっちに色を決めるか”といった、関が原の戦いの前の、諸大名のような心境である。

勿論バーニングと袂を分かつ局もあるだろう。上がその”色”を決めれば、バーニング色の強いコメンテーター、関係者は、いっせいに職を追われるか、あるいは、そうなる前に、事前に”阪神大震災の日の結婚を賞賛するとはけしからん。講義の意をこめて降板する”とか何とか理由をつけて、コメンテーターを辞することだろう・・・どっちみち、後になるか前になるかの違いだけで、クーデタ-はさけられない。上がどう出るか・・・連中は、戦々恐々としている。まさに、針の筵の上状態である・・・。

日曜番組の和田、オスピー、こういった人物が、局経由で、周防氏の後ろ盾を完全に断たれ、いっせいに粛清される・・・このような光景もありえないわけではない。

何しろ今となっては、バーニングに擦り寄って得る物より、それによって失うもののほうが大きいのだ。月9で、バーの中山達に擦り寄れば、バー抜け忍の、松雪擁するスターダストは勿論、他の中山等とキャラのかち合う女優のいる事務所は排除するしかなかった。しかし、ビギナーでの小成功によって、バーの提携によって今まで失ったものがいかにおおきかったか、見事に露呈されてしまった。他の番組でさえ同様だろう。石井館長の力を借りなくても、格闘番組は成立する。レコ大だって、エイベックスにすりよったメリットより、それによって、他の歌手達を逃がしてしまったデメリットの方が、はるかに大きいだろう。これは歌番組全体に言えることだ。

そうすると、どの局も、いまさら周防氏の威光にすがるのは得策ではないということになる。だが、テレビ局など、組織全体としては、それでいいのかもしれないが、今までのしがらみにとらわれた、毒舌キャラなどといった個人の連中にとっては、そんなこと、急に出来る相談ではない。何しろ自分でさんざん悪口を言ってきたのだから・・それが急にコロリとかわっても、信頼を失うだけだろうから・・・そうすると、バー寄りの”めいっぱいの抵抗”を続けて、いずれ粛清に甘んじるか、あるいは上の方針が変わらないことを祈りつづけるか・・この二つの選択肢しか、ないだろうと思われる。


2004.01.21 Wed 某タレント

某、バー○ング系のタレントが、この好機とばかりに、YahooBBのキャラクターを広末から奪取してもらおうと”あのお方”におねだりするなど、ブランク明けの人気復活に向け、活発に水面下工作を展開しているらしい。



結婚会見で、広末はマスコミにいい印象を与えなかったので、CM的には使いづらいという既成事実を、ゲンダイネットなどの工作で、大衆全体の世論であるようにでっちあげ、バカな大衆を煽り立て、広末を、CMから降板させる口実にしているらしい。

広末がCMに使いづらいというのは、大衆の要望ではなく、企業側(使う側)の要望でさえなく、タレントにおねだりされ、自分の力が今だ健在であることを誇示したい、周防とそのタレント、たった二人の要望であるのだが、それを、自分達の都合ということを隠蔽するため、国民全体の声である・・・・という風に煽り立て、広末降板に、世間が違和感を持たせなくする作戦は、今まで何度も見られた、典型のパターンである。

周防機関紙であるゲンダイネットが、まず、その尖兵となって、早速、扇動工作を開始した。ゲンダイネットが切り込み隊長、これも、いつものパターンである。


まず、掲示板のコピーペースト職人がそれにつづき、その次に、その記事に対する同調コメントの職人。それから、そういった扇動に乗せられやすい、芸能のウラに全く無知な、ヒマな主婦、知的レベルの劣った若者などの、一般の人々・・・・それを周防系の、メジャーなマスコミ取り上げて、これが一般市民の反応の典型だと宣伝する・・・この4つの段階を踏むというのも、既におなじみのパターンである。最初から最後まで、すべて自分達の息のかかった勢力の工作ではなく、間に、自分達とは関係ない勢力(騙されやすい大衆)の支持というプロセスをはさんでいるところが、大衆に説得力をもたせるに当たって、かえって有効である。ここらへんが巧妙なところだ。

実は、某半島系の、その手の扇動工作に長けた国家が、大衆誘導の指導にあたっているので、この手のマジックは、お手の物である。つまり芸能マスメディアに限って言えば、日本は、○○○の植民地なのである。”あの国”が、芸能を有効な大衆プロパガンダの手段と位置付けているところから見て、日本芸能界を、重要な”利益を吸い取れる畑”と見ていることに、間違いは無いだろう。



読者登録

柏葉まろみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について