目次
2003年
2003.12.16 Tue ウラのウラ その1
2003.12.16 Tue ウラのウラ その2
2003.12.17 Wed 早速圧力かかってきたよ
2003.12.19 Fri あの人の妊娠、結婚について
2003.12.21 Sun 早稲田の学生
2003.12.22 Mon 裏話
page 7
2003.12.24 Wed 浜崎
2003.12.30 Tue バーニング その1
2003.12.30 Tue バーニング その2
2003.12.30 Tue バーニング その3
2004年
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その1
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その2
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・総括して説明すると
2004.01.02 Fri 裏話
2004.01.07 Wed バーニング 4
2004.01.07 Wed バーニング 5
2004.01.08 Thu ○大卒タレント
2004.01.08 Thu 麻生○晶
2004.01.09 Fri バーニング 6
2004.01.09 Fri 返信
2004.01.10 Sat プロとアマチュアの違い
2004.01.10 Sat ホ○プロ
2004.01.10 Sat バーとホ○プロの共通点
2004.01.11 Sun そのとおり
2004.01.11 Sun バーニング 7
2004.01.12 Mon スターチャイルド
2004.01.13 Tue つかこうへいダブルス
2004.01.13 Tue 自分にレスだけど
2004.01.15 Thu 某女優におけるバラエティー至上主義の限界
2004.01.17 Sat ドキュン帝国の緩やかな崩壊
2004.01.17 Sat 宝○社に食い込んでいたバー○ング
2004.01.18 Sun 挙式報道について
2004.01.21 Wed 某タレント
2004.01.21 Wed 結束を固める”ママさんシンジケート”
2004.01.22 Thu スマップの女性版
2004.01.23 Fri 掲示板
2004.01.23 Fri それと
2004.01.23 Fri 補足(2004/4/25)
2004.02.05 Thu 何故、この人が、YahooBBのキャラクターになったのだろうか?
2004.02.05 Thu 補足説明
2004.02.15 Sun 人生の選択・・奥奈恵のケース
2004.02.16 Mon ちなみに、どういった芸能人が、真の人気者といえるのだろうか・・・
2004.02.16 Mon 前レスの補足
2004.02.24 Tue 大工と広末
2004.02.25 Wed 情報
2004.02.26 Thu 工作員の論理
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか? その1
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その2 木村拓哉のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その3 ドラマ”おとうさん”のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その4 中山ドラマに代表されるバードラ、オスカードラマのケース
2004.03.06 Sat 深田恭子の憂鬱
2004.03.07 Sun どうして芸能界は堕落したのか
2004.03.07 Sun 何故マスコミの信頼がなくなったのか
2004.04.02 Fri wasabi
2004.04.02 Fri wasabi 理由その1
2004.04.02 Fri wasabi 理由その2
2004.04.02 Fri wasabi 理由その3
2004.04.02 Fri wasabi 総括
2004.04.02 Fri アミューズについての質問のへの返信
2004.04.05 Mon ogiteenani さんの質問
2004.04.05 Mon <返信>仲間と木曜の怪談について
2004.04.06 Tue egisfaitaさんの質問
2004.04.06 Tue <返信> ゲンダイって・・・
2004.04.08 Thu ogiteenaniさんの質問
2004.04.08 Thu 返信
2004.04.18 Sun 時代背景の観点から<その1>
2004.04.19 Mon 時代背景の観点から<その2>
2004.04.20 Tue 時代背景の観点から<その3>
2004.04.21 Wed 時代背景の観点から<その4>
2004.04.22 Thu 時代背景の観点から<その5>
2004.04.24 Sat 大嫌いな芸能人のトピ
2004.04.26 Mon 通知
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問の答えとジャニーズタレントとアイドル女優との関係
2004.05.11 Tue 静御前って結局誰が適役なの?
2004.06.12 Sat 3/6長瀬は何故・・4の補足説明
2004.06.15 Tue aosa氏の力作
2004.06.15 Tue ”前提”について少々説明を
2004.06.27 Sun 何故韓国ドラマがもてはやされているのだろうか?
2004.06.29 Tue ゲンダイが迷走している
2004.06.29 Tue ”我らが”ヒロスエ??
2004.06.30 Wed ゲンダイの迷走 その2
2004.07.09 Fri 素直になったゲンダイ
2004.07.12 Mon ゲンダイの記事
2004.07.12 Mon 天海をとりあげてみる
2004.07.29 Thu 某ネット記事
2004.08.05 Thu ゲンダイネット 静御前の決着
2004.08.14 Sat リンク
2004.11.02 Tue 補足説明
2004.11.11 Thu 新春カルタ
2004.11.28 Sun 総論 その1 バータレ
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.30 Tue バータレになることによって何を失うのか?
2004.12.01 Wed の解説 性格
2004.12.02 Thu 解説 パターン
2004.12.03 Fri 解説 非バーニング叩きの具体例
2004.12.06 Mon 解説 正妻と側室の違い
2004.12.06 Mon との関連
2004.12.09 Thu
2004.12.10 Fri
2004.12.11 Sat 周防の広末叩き
2004.12.13 Mon バーニングシフトその1 ”小雪シフト”
2004.12.14 Tue バーニングシフト その2 真逆のイメージ
2004.12.15 Wed バーニングシフトその3 稀有な傾向を、さも・・
2004.12.17 Fri 大学生タレントの通信簿の補足
2004.12.20 Mon バーニングシフト4 あるいは総論
2005年
2005.01.01 Sat rssモジュールの実験
2005.01.05 Wed 補足
2005.01.07 Fri 総論 本当に広末はマスコミの言うように中途半端だったのだろうか?
2005.01.09 Sun もしかして・・と思っている人も多いかも
2005.01.11 Tue 前の続き 育児放棄記事の読み解き方
2005.01.13 Thu その3 新潮記事の読み解き方
2005.01.16 Sun 補足説明
2005.03.09 Wed 少し前の記事だが
2005.03.17 Thu 新潮がまたやらかしてくれた
2005.04.04 Mon 報道の違いによってどれだけ第一印象がかわってしまうか
2005.04.12 Tue フラッシュの記事
2005.04.28 Thu 世間に蔓延している、プッツン娘という固定観念
2005.06.18 Sat 小雪と広末は対立勢力なのか?
2005.10.30 Sun *2004/11/28以前の記事(新しい記事が上)
2005.11.01 Tue 2004/11/28以後の記事(古い記事が上)>>>>
2014年
2014.01.12 Sun 遂にこの時がきた
2014.01.30 Thu 2014-01-30
2014.01.31 Fri 2014-01-31

閉じる


<<最初から読む

24 / 128ページ

2004.01.10 Sat バーとホ○プロの共通点

この事務所の戦略はほとんど同一といってもいいのだが、ホ○プロが毒舌タレント、ご意見番といった生身の人間の舌をつかった直接的な攻撃であるのに大して、バー○ングの方は、マスコミ、評論家等を使った、じわじわとした、間接的な手法をとっているのが違うところだ。マスコミ記者は自社の人間ではないし、直接的な叩きとは違い、なんとなく持ち上げといて落とす、平行して自社タレントを比較して持ち上げる・・・といった、より陰湿というか、巧妙というか、スマートというか・・・

まあタレントと違って、記者、テレビ編集者は、大衆心理を知りつくしたプロなんだから、当たり前か・・・でも記者、編集者とはいえ、タレントと同じ一個の人間であるからして、根は同じ・・・と言うべきか。


2004.01.11 Sun そのとおり

10日の投稿プロとアマチュアの違いに対する返信

>凡人とできる奴の違いは大きなものです。従って、見切りも早い方がよいと言うわけです。



返信します。

でも、そういう、はたから見て、さっさと見切りつけたほうがいいのに、いまだに業界に未練があるやつ・・・というやつこそ、商売する側にとって、これほどおいしいカモはいない。

本来は夢をあきらめさせて、他の道をすすめた方がいいのに、夢のために、ずっと、金を吐き出してくれる。事務所の宣伝効果になるのはほんのひとにぎりのトップの連中だけ。予備校で有名学校に合格できるのなんて一握り、だがそれが絶大な宣伝効果となって入塾生が殺到する。だがそうやって集まる人材は玉石混交で、ホントは、大手には難しい、きめこまやかなケアが必要な、劣等生まで呼び寄せてしまう。でも商売なので””あなたもがんばればあれくらいいける”などとだまして、入れる。月謝をこいつらからも取って、ランク下位クラスに押し込んで、雑な対応しかしない。そのあいた手間ヒマ、金を、宣伝効果の高いトップ連中の成績アップあるいは宣伝費そのものに使う。またそれに釣られて入塾者が・・・きりがない。芸能事務所もいっしょ。レッスン料、モデル登録費・・・売れる見込みもありゃしないのに”私も、いずれは、先輩達のようになれるかもしれない!”と夢見させて払わせる。トップ連中は売れるべくして売れたのに、写真モデルやCMに出れば”あの子、どこの子?”問い合わせが殺到。その反対に・・・お前達とは、最初から立つ土俵が違ってたのに。

だからジャ○ーズはその面でえらいのかもしれない。そういう夢見る金ずるとなりそうな若者から金とろうとせず、莫大な金を掛けてちゃんと面倒見る。ひとりでも売れたら、ちゃんと回収できる。だから必死で売ろうとする。他の事務所は売れないやつで儲けを出す。売れているやつは、勘違いカモを集める集客効果。だから極端なはなし、宣伝効果さえあれば赤字でもいい。赤字分は、広告業界に宣伝費を払っているのと同じこと。それでカモがじゃんじゃん集まってくることができれば帳尻あうのだ。ジャニーズは宣伝うんぬんいうよりも資金回収のためにトップが実質的な黒字も出さなければ、まだ売れてないジュニアのごくつぶし抱えたままつぶれてしまう。だから売れているやつから儲けを出さないといけない。

ジャニーズは、ホモセクハラだなんだかんだいわれてるけど、それはおいといて、赤字覚悟で育てる、芽が出て売れてくれれば、十分回収できる・・余裕があった日本企業のいい典型だったのかもしれない。

他の大手のカモ集め商法は、はっきりいって、イチオシで売り出した連中って、おい、オマエんとこはこんなのしかいないのか?こんなのがトップなのか、やる気あんのか?と思うような、レベルが低いのが多い。その集客効果で、レッスン料をふんだくることができる、カモを大量に集めることができればいいのだから。本気で、長く活躍できるのを売り出そう、じっくり育てようなんて気にはならないのだ。無能で金集められなくて、赤字で消えてもいいのだ。しばらく宣伝にさえなってくれれば。その方が手間隙かけてじっくり育てるより、手っ取り早いのだ。気がつけ、ホ○プロのス○ージママ養成コースの、お母さん達よ!!

大手の売り出した人間は、下積みが長かったり、いかにも事務所の力だけといった、売れそうも無い人間だったり、いかにも”私もがんばればあのくらいなれそうだ”と売れてないやつがいかにも勘違いしそうな連中が多い。そのほうが、凡人には手の届きそうも無い実力者イメージより、都合がいいのだから当たり前だ。あんなやつでも、大手に入れば売れるんだ!じゃあ私も大手はいろーっと””あんなのが売れてるんだったら、私も、まだチャンスあるかもしれないから、もう少しがんばってみよーっと”そう思うからだ。実力が歴然としている、いかにも売れるのが当たり前の人間、芸暦も、下積みせずのエリートコース、こういった人間が売れても、夢を見られないので、勘違い人間は、ついていかないだろうと思われる。でもそれじゃ大手は商売にならない。


2004.01.11 Sun バーニング 7

しかし一つの疑問がある。なぜバーニング対抗勢力が一同に結集して、バーニングにされたことと同じように、バーニングを攻撃しないのかということだ。

実はその傾向はもう始まっているのだが、今までは、バーニングの餌をちらつかせた切り崩し工作が巧妙だったので、足並みがそろわず、その動きが妨げられていた。現在はその傾向も弱まりつつあって、徐々に、対抗勢力の大結集が起こりつつある。

しかし今までそのような連合が不活発だったのは、上記以外の理由が大きい

バーニングが、マスコミの上げ底なしの実質的な、莫大な固定ファン層、強力な映像制作者との信頼関係などを持つ、敵勢力のタレント、事務所を攻撃すれば、それを奪った効果は計り知れない。肥沃な土地、戦略的価値の高い地域を占領する・・・・当然、これに多大な戦力をつぎ込むのをいとわない。同様に、バーニングは、多大な労力を費やしてまで、ライバルつぶしに固執する価値があった。

しかし非バーニングのタレントは、すぐバーにつぶされる弱小ならともかく、そこそこの準大手、中堅は堅実な経営をしてるところが多く、なんだかんだいわれながらも固定ファンはがっちりで、そこそこ利益は上がっていて、他を侵略してまでも、拡大するという必然性は少ない。またそういった敵の土地を奪ったところで、バータレの実質的シェアなど、マスコミヨイショで底上げされたものであって、肥沃どころではなく、実際は貧困な土地である。よって”収穫”もそれほど期待できず、そんなところに多大なコストを掛けて戦力をつぎ込む理由が見当たらないのだ。自分のところでそこそこ収穫を上げているのだから、他は目をくれず、自分の領土(=固定ファン層、テレビ、映画製作者の信頼)を徹底的に守りきった方が得策なのである。

よって、非バーの連中は皆モンロー主義敵、上杉謙信的な内向きの傾向が多く、大連合を組んで、共同でバーを倒そうなどといった、積極的な考えはおこらなかったのである。勿論、どこかが言い出したとして、事務所ごとに思惑がまちまちで、絶対に足並みはそろわなかったであろう。

しかし最近その傾向が変わりつつあって、音頭を取っているのは吉本、研音、廣済堂系あたりだろうと思われる。芸映は規模は小さいが、権威だけは昔からあって、いわゆるお公家的な、ノータッチの聖域という認識であったが、フラームの躍進によって地力をつけはじめると、最近はバーも遠慮しなくなって、サンミュージック同様、反バーの急先鋒と変化を遂げた。勿論、彼らの目標は、バータレの”土地”、つまりシェアの奪取=ファン層の奪取なんかではなく、バーの持つ”攻撃力”の減殺=マスコミ影響力の排除であることは、いうまでもないが。


2004.01.12 Mon スターチャイルド

バー○ング、オ○カー、ホ○プロ等、自分達のやり方が通用しなくなってきていることを、うすうす自覚していることを前にも述べたが、実際、他のことに方向転換は出来ても、”スキャンダルが完璧に無いタレント”に、相変わらず価値を見出していて、未練たらしくも、その幻想に、いまだ見切りをつけられずにいるのだ。

スキャンダルを、莫大なコストを掛けて押さえる。

この情報化社会において、いくら巨大事務所であろうと、その手法は通用しなくなってきた。

だが大手は”スキャンダルが出ないタレント”にいまだ固執していて、そういったタレントを獲得したら、どんなに有利だろうかと、いまだにあこがれている。相変わらず演技力、カリスマ性、こんなことに興味はこれぽっちも待っていないのだ。規模がでかいだけあって、どうやってそれをこれから生かしていくことができるか・・大手だから、思考はそんなもんが限界だろう。

そこで、彼らは発想の大転換を起こした。出るスキャンダルを押さえるのではなく、そもそも、スキャンダルが物理的に出ようが無い状態のタレントを、売り出せばいいではないか!と。

ホ○プロが最終的に出した手法は、バーチャルアイドルであった。だがしかし、これは世間に受け入れられず、アイドル氷河期が終わり、ホンモノが台頭してしまうと、太刀打ちできず消えていった。現在ホリ○ロは限界を悟り、考え直して、スキャンダル対策を個人の責任に任せる手法をとり、コストを押さえている。

オ○カーの手法は、素質的に、スキャンダルを出しそうも無いタレントを売り出す、という手法をとった。本人の芸能センスは考慮に入れず、社交的付き合いに興味が無い、芸能界そのものに興味が無い、カタギの人間を売り出す、と。○川がそれであった。だがしかし、そういった人材は、処世術以外の、自身の芸能センスといったものの向上に、興味が無い、あるいは芸能センスがもともと備わっていない者が多く、演技力といった点で、他の、ゴーイングマイウェイ的なタレントと比べて、限界にきている。これも、彼らは自覚しはじめている。

バー○ングは、スネに傷があろうとなんだろうと強引に押さえる・・という手法で、それが限界にきたと自覚している。これは前に言った。

そこで、もっとも発想の転換をしたのが、残る彼ら(バー○ング)であった。バーチャルアイドルのように、完全に架空ではない、菊○のように、100%スキャンダルが出ないと確信できない手法でもない。この二つのいいとこどりで推し進め、半バーチャルといったキャラクターを作り出そうとしているのだ。それは


幽閉、監禁アイドルである


物理的に幽閉、監禁してしまえば、バーチャルアイドルのように、スキャンダルは出ようが無い。かといって生身の人間でないと大衆は親近感は沸かない。だが外に放っておくと、どんなにもともと内向的な人間であっても、誘惑に負けきれず何をやらかすかわからないし、やらかして無くても、いろいろ話に尾ひれがついて、結局評判に響いてしまう。

だがそれが物理的に幽閉、監禁された人物であればそれが一挙に解決する。今までのように”ここから抜けたら怖い目にあう”という精神的な監禁ではない。物理的なものであれば、全く失敗は無い。だが精神的な監禁と同様、本人の精神の問題がある。長時間の幽閉のために、当の本人が狂ってしまったら何の意味も無い。だがその辺は抜かりは無い。人間の性欲、食欲などのすべての欲望、あるいはストレスを、全部処理できるような設備をすべて取り揃えた、中で人間的な精神活動をすべてまかなうことができる、そういった、おおがかりな閉鎖設備を、丸ごと作り上げようと準備しているのだ。勿論、外界からは完全にシャットアウトされている。今までは、それが、外部社会の芸能人御用達クラブだったりしたわけだが、一般人も紛れ込むことが出来て、それはマスコミ関係者も例外ではなかった。だが今回のシステムは全く違う。完璧に外界をシャットアウトできることができるのだ。そこで何をやろうとも絶対に外には漏れない。逆に中からも何一つ入らない。完璧なシステムである。

いわば宇宙旅行時代のカプセルのようなもので、格好の実験例として、この”幽閉アイドルプロジェクト”は、N○SDAの強力もとりつけてあるらしい。もっとも近未来的な、21世紀型アイドルといえるだろう。もし、幼少からそれが成されるようなことまでに行き着けば、そこから生まれたアイドルは、いわば”2001年宇宙の旅”に出てきた、スターチャイルドといえる存在なのかもしれない。



























もちろん、ネタです


2004.01.13 Tue つかこうへいダブルス

妊娠中にもかかわらず、同時に二つの舞台公演を成し遂げた某女優に対して、以前、同じ役で送り込んだ女優達の所属する、バーニングが、嫉妬して、掲示板等で工作員による大量の攻撃を仕掛けているらしい。



筧○夫、春○等、今までこの舞台を支えてきた重鎮達が、彼女の妊娠を知り、来年は、彼女ではなく違うヒロインを迎えなければならないとわかったとたん、たちまち士気低下を起こし、今回限りで卒業することになったのだ。おそらく、彼女のおかげで、この役が実力派女優という看板枠となったことに目に付けたバーが、来期から相当のごり押し、大衆扇動をして、役に収まり、舞台をぶち壊しにすることを敏感に悟ったのだとおもわれる。今は無き、○の国から、寅○んのケースと全く同様である。つかの舞台も、これらと同じようになるのではないか・・・彼らもそう感じ取ったわけだ。

数年前、同じような、某バーニング系のタレントがこの舞台に立ったが、大宣伝を打った割には反響はさっぱりであった。だから、この先代者の、あまりの評価の無さをカヴァーするため、今回の彼女について、舞台中に妊娠した・・計画性、プロ意識の無さ・・・というネタに絞って、集中砲火を浴びせるよう、指令を出したと思われる。

だが、肝心の、舞台での彼女の演技はどうだったかということについては、全く手出しできないのだ。何しろ、投稿者は、舞台など見ていないのだから・・・いずれは、実際に見た舞台ツウに、細かいところを指摘され、すごすごと退散するしかない。しかも演技そのものについては、ほとんど非の打ち所が無かった・・・というのが、ほとんどの評論家の意見であった。これでは、内容について権威ある?酷評記事をくまなく探して、コピペして・・・といった工作員お得意のアラ探しを、しようがない(しかも自分も見ていないし・・)。だから”妊娠”に的をしぼって、肝心の内容そっちのけの論争に持ち込むしか戦略は無い。だが専門家、舞台通、などは、そんなゴシップ的な話題を黙殺しているのが現状。なかなかそっちのほうに論点がいかないのが、バーをやきもきさせているところだろう。ワイドショー好きの大衆と、それに金を払ったり逆に金をもらって生活しているプロの目は、違うのだ。

だがワイドショー、インチキ掲示板に載せられた馬鹿連中はまるきり鵜呑みにして、この舞台の出来が、妊娠のおかげでよくなかったんだ・・・・まわりも気を使って、来年また彼女を使ってたとしても、周囲はいつ彼女が妊娠するか不安で、稽古に入らないだろうなあ・・・去年は、何であんなのを出したんだ!今年はちゃんとした人、例えば人気がある○○さんにしろ!などと、大衆扇動にのっかって、妊娠はしないかもしれないが(世俗の男と隔離して、某お偉いさんとしか接触が無いのだから当たり前だ)肝心の演技がトホホである、バー系タレントの押し込みに、全く抵抗しないと思われる。何しろ連中は、舞台をこれっぽっちも見ちゃいないのだからなんとでもいえる。舞台を見てもいない人間が、舞台をこれから見ようともしない人間にあれこれ言っているのだから、はたから見て、失笑もののやり取りしかできていない。だが実際の観客動員は、そんなものに惑わされない人間がほとんどなので(何しろ大金払うのだ)、扇動の影響はほとんど無いだろうと思われる。だがワイドショー好きな、”○○姉妹、○○うのなどが豪華ファッションで観劇にきていました・・・”などといったバカ宣伝に載せられる連中は、ああやっぱり売れっ子なんだなーと勘違いして大金落とす・・・・・とはやっぱり思われない。映画やドラマと違って、安くはないからなあ・・・やっぱりバーは、そこのところの違いを、いまだよくわかっちゃいない。



読者登録

柏葉まろみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について