目次
2003年
2003.12.16 Tue ウラのウラ その1
2003.12.16 Tue ウラのウラ その2
2003.12.17 Wed 早速圧力かかってきたよ
2003.12.19 Fri あの人の妊娠、結婚について
2003.12.21 Sun 早稲田の学生
2003.12.22 Mon 裏話
page 7
2003.12.24 Wed 浜崎
2003.12.30 Tue バーニング その1
2003.12.30 Tue バーニング その2
2003.12.30 Tue バーニング その3
2004年
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その1
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・その2
2004.01.01 Thu なぜ広末涼子の不登校が・・総括して説明すると
2004.01.02 Fri 裏話
2004.01.07 Wed バーニング 4
2004.01.07 Wed バーニング 5
2004.01.08 Thu ○大卒タレント
2004.01.08 Thu 麻生○晶
2004.01.09 Fri バーニング 6
2004.01.09 Fri 返信
2004.01.10 Sat プロとアマチュアの違い
2004.01.10 Sat ホ○プロ
2004.01.10 Sat バーとホ○プロの共通点
2004.01.11 Sun そのとおり
2004.01.11 Sun バーニング 7
2004.01.12 Mon スターチャイルド
2004.01.13 Tue つかこうへいダブルス
2004.01.13 Tue 自分にレスだけど
2004.01.15 Thu 某女優におけるバラエティー至上主義の限界
2004.01.17 Sat ドキュン帝国の緩やかな崩壊
2004.01.17 Sat 宝○社に食い込んでいたバー○ング
2004.01.18 Sun 挙式報道について
2004.01.21 Wed 某タレント
2004.01.21 Wed 結束を固める”ママさんシンジケート”
2004.01.22 Thu スマップの女性版
2004.01.23 Fri 掲示板
2004.01.23 Fri それと
2004.01.23 Fri 補足(2004/4/25)
2004.02.05 Thu 何故、この人が、YahooBBのキャラクターになったのだろうか?
2004.02.05 Thu 補足説明
2004.02.15 Sun 人生の選択・・奥奈恵のケース
2004.02.16 Mon ちなみに、どういった芸能人が、真の人気者といえるのだろうか・・・
2004.02.16 Mon 前レスの補足
2004.02.24 Tue 大工と広末
2004.02.25 Wed 情報
2004.02.26 Thu 工作員の論理
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか? その1
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その2 木村拓哉のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その3 ドラマ”おとうさん”のケース
2004.03.06 Sat 長瀬智也は何故凋落したのか?その4 中山ドラマに代表されるバードラ、オスカードラマのケース
2004.03.06 Sat 深田恭子の憂鬱
2004.03.07 Sun どうして芸能界は堕落したのか
2004.03.07 Sun 何故マスコミの信頼がなくなったのか
2004.04.02 Fri wasabi
2004.04.02 Fri wasabi 理由その1
2004.04.02 Fri wasabi 理由その2
2004.04.02 Fri wasabi 理由その3
2004.04.02 Fri wasabi 総括
2004.04.02 Fri アミューズについての質問のへの返信
2004.04.05 Mon ogiteenani さんの質問
2004.04.05 Mon <返信>仲間と木曜の怪談について
2004.04.06 Tue egisfaitaさんの質問
2004.04.06 Tue <返信> ゲンダイって・・・
2004.04.08 Thu ogiteenaniさんの質問
2004.04.08 Thu 返信
2004.04.18 Sun 時代背景の観点から<その1>
2004.04.19 Mon 時代背景の観点から<その2>
2004.04.20 Tue 時代背景の観点から<その3>
2004.04.21 Wed 時代背景の観点から<その4>
2004.04.22 Thu 時代背景の観点から<その5>
2004.04.24 Sat 大嫌いな芸能人のトピ
2004.04.26 Mon 通知
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問
2004.05.09 Sun iufewailubgaさんの質問の答えとジャニーズタレントとアイドル女優との関係
2004.05.11 Tue 静御前って結局誰が適役なの?
2004.06.12 Sat 3/6長瀬は何故・・4の補足説明
2004.06.15 Tue aosa氏の力作
2004.06.15 Tue ”前提”について少々説明を
2004.06.27 Sun 何故韓国ドラマがもてはやされているのだろうか?
2004.06.29 Tue ゲンダイが迷走している
2004.06.29 Tue ”我らが”ヒロスエ??
2004.06.30 Wed ゲンダイの迷走 その2
2004.07.09 Fri 素直になったゲンダイ
2004.07.12 Mon ゲンダイの記事
2004.07.12 Mon 天海をとりあげてみる
2004.07.29 Thu 某ネット記事
2004.08.05 Thu ゲンダイネット 静御前の決着
2004.08.14 Sat リンク
2004.11.02 Tue 補足説明
2004.11.11 Thu 新春カルタ
2004.11.28 Sun 総論 その1 バータレ
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.29 Mon
2004.11.30 Tue バータレになることによって何を失うのか?
2004.12.01 Wed の解説 性格
2004.12.02 Thu 解説 パターン
2004.12.03 Fri 解説 非バーニング叩きの具体例
2004.12.06 Mon 解説 正妻と側室の違い
2004.12.06 Mon との関連
2004.12.09 Thu
2004.12.10 Fri
2004.12.11 Sat 周防の広末叩き
2004.12.13 Mon バーニングシフトその1 ”小雪シフト”
2004.12.14 Tue バーニングシフト その2 真逆のイメージ
2004.12.15 Wed バーニングシフトその3 稀有な傾向を、さも・・
2004.12.17 Fri 大学生タレントの通信簿の補足
2004.12.20 Mon バーニングシフト4 あるいは総論
2005年
2005.01.01 Sat rssモジュールの実験
2005.01.05 Wed 補足
2005.01.07 Fri 総論 本当に広末はマスコミの言うように中途半端だったのだろうか?
2005.01.09 Sun もしかして・・と思っている人も多いかも
2005.01.11 Tue 前の続き 育児放棄記事の読み解き方
2005.01.13 Thu その3 新潮記事の読み解き方
2005.01.16 Sun 補足説明
2005.03.09 Wed 少し前の記事だが
2005.03.17 Thu 新潮がまたやらかしてくれた
2005.04.04 Mon 報道の違いによってどれだけ第一印象がかわってしまうか
2005.04.12 Tue フラッシュの記事
2005.04.28 Thu 世間に蔓延している、プッツン娘という固定観念
2005.06.18 Sat 小雪と広末は対立勢力なのか?
2005.10.30 Sun *2004/11/28以前の記事(新しい記事が上)
2005.11.01 Tue 2004/11/28以後の記事(古い記事が上)>>>>
2014年
2014.01.12 Sun 遂にこの時がきた
2014.01.30 Thu 2014-01-30
2014.01.31 Fri 2014-01-31

閉じる


<<最初から読む

19 / 128ページ

2004.01.08 Thu 麻生○晶

週刊誌などで、テレビに詳しい文化人のコメントを掲載するときに必ず名前に上がってくる、麻生○晶という人物がいるが、フラッシュの写写丸と同様、実際は=本誌記者のコメント と言うことで、実際は架空の人物らしい。

麻生○晶という人物そのものは、実在している。だが、その人物が、実際にかかれてあるようなコメントをしたか、あるいは本当にそう思っているのか、あるいは記者がいちいち電話してその人物にたずねたのかというと、そういうわけではなく、記者が、自分(あるいは自社)の意見ではなく、だれか権威ある人物の意見であるとした方が都合がいいときに、この人物の名前をかたって、自分の意見を書いているにすぎない。

自分や、自社に都合のいい、ある特定の組織の意向を汲んだ偏向記事を書くときには、本当は自分が書いていながら、自由にその人の名前をつかっていいという、業界の了承があるのだ、楽な、何かと便利な存在というわけである。

しかし、その人物が、全くバーチャルな人物であれば、イザヤ・ベンダサンのようにいずれは露見して、信頼性が損なわれる。だから、適当な、それらしき実在の人物を担ぎ出して、その人物が評論家であるとして、この人が言った・・・としておいた方が何かと都合がいいわけである。

実際、この人物はかなり昔に東大を卒業して以降、評論活動は数えるほどで、ほとんど評論活動は行っていない。仮に、早くに本格的な評論を引退して、テレビという世俗的な分野に移行しただけで、実際はかなりキレル人物だった・・・としても、経歴が本当ならば、今は、フレキシブルな評論活動などとても出来そうもない、かなり高齢の人物である。

実際は、名前を貸しているだけの、今は全く活動を行っていない、著名な活動実績もほとんど無い、勿論テレビ評論など一切していない、とうの昔に引退した人物であろう。だれかが、大手事務所に都合のいいコメントをするときに、記者本人の意向なのにも関わらず、それを隠したいときに重宝する、半ば架空の文化人のペンネームとして都合のいい人物として担ぎ出した、でっち上げた人物。それが麻生○晶である。

もちろん本人も、”自分の名義で何を言ってもかまわない。自分はすべての意見について事後承諾する”・・・・といった、全権委任を承諾している。もちろん、たまには”アレはないんじゃないか・・もっとこうして欲しい・・といった”スーパーバイザー的な参考意見もはさむ。だが大筋では、自分の名前で書かれた記事、コメントの内容に関しては、全権を委任していることにはかわりはない。

だが、麻生が一人の人間でなく、実質、大勢の人間の合同ペンネームであるからして、当然、一貫性の無い、たとえばあちらで意見をいい、またあちらでは今までとは真逆の意見を言ったり・・・というケースがありうる。これでは困る。

だから、業界では”麻生○晶のキャラクター設定集”という、この人物の持つ性格、経歴、好み、思考の傾向、行動パターンなど、すべて網羅した、ドラマ、映画などのキャラクター設定と全く同じような、詳細に設定された統一基準を作り、、この人の記名で原稿を書くときは、これにのっとった内容の原稿を書くことを、不文律としてさだめている。

まあ、某大手芸能事務所の意向に、完璧に沿ったものであるから、また、記者がこの人の名を使いたい時というのは、たいてい、そういった大手の意向を汲んだ意見を書きたいときであるからして、逸脱はほとんどありはしないが・・・・

昔、椎名○子といった、実在してはいるが、名前だけの、半ばでっち上げゴーストライト集団がいたり、イザヤ・ベンダサンなどのように、某在日外国人の名を語り、日本人としては言いづらい日本批評を書いて、日本人に対して説得力をもたせたり、秋○康や○ーイングといった人物や組織が、よくこういった手を昔からやっていたことから考えてみても、こういう手法は、業界にとって、いろいろと都合がいいのかもしれない。シェイクスピアなども、こういった、”ある特定の意向を主張したいがために汲まれた合同プロジェクト”・・という説が絶えないが、やはり歴史的にみて人間のやることはいつも同じようなことかと思われる。


2004.01.09 Fri バーニング 6

バーニングの焦りは、まだ他にもある

今までバーニング支持のターゲット層(=非バーニング叩きのターゲット層)は、世間の厳しさを知らぬ、まだ”おっぱいチューチュー”の若者や、世間知らずの主婦等であったというのは前にも述べたが、それにも変化がおこっているのだ。

今まで大学不登校アイドル達の叩きに荷担していた、”何かと憤りを覚えるが、それが的外れなことが多い世間知らずの若者”が、卒業を迎える年代となり、社会と接点を持ち始めるようになってきて、精神的に成長してきてしまったのだ。就職活動、あるいはアルバイト獲得などで、数限りない、自分に向けられる淘汰圧を経験して、”自分が蹴落とされるたんびに、蹴落とした相手を恨んでたら、いちいちきりがない”・・ということに、気が付いてしまったのだ。つまり大人となってしまったのだ。

その広末涼子にしても、煽りをくって早稲田を落ちたのはせいぜい一人であるし、その一人の人物も、早稲田がぎりぎりであるからして、他の、たとえば明治、法政に受かっているかも知れず、落ちたからといって、リストラのように次の日から食うに困ったり、住むところを追い出される心配をする必要があるわけでもない。しかも会社上層部の不手際による大量リストラ、急激な技術革新などによる合理化、不況による規模縮小などのように、しかも大量に、一度に、自分もふくむ首が、吹き飛ぶでもなく、せいぜい一人、それが自分であるかは、淘汰された対象の多さによって、間接的つまりかなり薄められていて、それもリストラのように直接的でも無く、ましてや生活がかかっているわけでもなく、ランク落ちの大学入学等、雇用と違っていくらでもセーフティーネットはある。また若者も、世間が、広末の問題とか、こういった、自分の生活を直接脅かす以外の事柄に無関心だということに気が付く。


これを目の当たりにし、オトナは生活で手一杯ということを言い訳にして、こういった、広末問題などの社会問題に対して立ち向かおうとせず、知らん顔を決め込んでいる!などと、とやかく言うやつがいたら、頭がおかしい野郎である。だって、こんなしろもの、立ち向かうべき問題どころか、ホントにたいしたことではないのだから。少なくともオトナの思考回路からはそうふうにしか導けない・・


広末涼子が突然包丁をもって自分の家に押し入り一家惨殺企てるわけでもなし、突然日本上空で核爆発して、自分を含む日本人を一人残らず滅亡さすわけではないからだ。だから、広末涼子などどうでもよく、武器もって、自分を含む家族の命を狙って、一家惨殺するかもしれぬ不法○○人犯罪者、や、核分裂して自分を含む日本人の命を脅かす○○ドンミサイルや発電所、オトナは、これらのことに関心を持ったり憤りを抱いたりしている。

結局、広末涼子の自分に向けられた淘汰圧なぞ、せいぜい早稲田落ちた人間一人・・。その圧力でさえ、自分に向けられたものであるかどうかさえ怪しい・・なきに等しいものであったのだ。当然、個人の集合である、社会に対する影響力も同様、なきに等しい。皆と同じように、直接自分の生活、生命に関わる、直接的、はるかに強力な淘汰圧・・・リストラ、不況。合理化、治安、核ミサイル・・・こういう事にこそ、対策を講じたり、対策の不手際に憤りを覚えるべきだ・・そう思ってしまったのである。

つまり、バーニングのプロパガンダの対象となるはずの若者たちが、真っ当な頭の人間になってしまったというわけである。

残るのは、世間知らずの主婦、あるいは今だに社会に出るのを拒みつづけている、思考が現実と遊離した、モラトリアム人間だけであるが、主婦は別として、そういったバーチャル人間は、当然問題がある人物であることが多く、はっきり言ってキ○○イしかいないといってもよく、彼らの極端な意見に説得力は全く無く、社会と遊離したその極論は世間には響かず、はっきり言って、バーニングの意向がこんな層に響いても逆効果、百害あって一利無しなのだ。

実際は、世間を騙そうとしている”最先端文化人”気取りの、エセインテリ評論家・・というのもいる。勿論書いたようなことを本気でおもったり、憤ったりいるわけではなく、はっきりいって金儲け目当てで、広末不登校についての自分の意見等、自分もよく知らない世俗のトレンドに乗っかって、知ったかぶりのウンチクをなげかけ、だまくらかして無知な連中から印税を巻き上げたいとおもっているだけの連中である。ユダヤ陰謀論とか、そういうことをいろいろ書いている連中と、根は同一である。だがこれも連中がある程度金を手にして撤退してしまえば、後は潮が引くようにブームは消えてしまうだけである。何しろ、いくら頭の切れる評論家、学者先生といえども、魑魅魍魎の、芸能界の複雑なからくりなどに対しては、素人同然なのだ。いずれ時がたてばボロがばれてしまう。”これからは○○の時代だ!”だが時がたっても一向にそうならない。アナクロ、時代遅れの傾向だと散々連中が罵倒した、男性層が主に支持していた広末は相変わらず生き残っている。一方、最先端だと、フェミニズム論者があれほどイチオシしたバータレ連中は消えかかっている。彼らも騙されやすいとうことにかけては、主婦、若者同様なのだ。でも世間に説得力あるというのが、彼らに比べてタチがわるいところであろう。


2004.01.09 Fri 返信

id:pokopiko:20040108

それって6条さんですか


それはいえません

とにかく、アイドルオタクと称する、演技論、女優論、映像作品論、こういったことにいささかアヤシイ人間は、こういったものに引っかかりやすいということは言えている。タレント本人の仕事の実績だけでなく、プライベートの経歴、生い立ち、素行などやたら詳細に知っている、あるいは興味を持ったりするが、それらも、ただ詳しく知っているだけで、それにどういった意味があるのか、それがいいのか悪いのか、情報の内容、質的なものはあまり興味を持たない。映画好きは、興味のない駄作については、知っても意味がないので余り詳しく知らないし知ろうともしない。映画に関する情報だけは詳しく知っているが、それが自分が見てよかったか悪かったかという情報を持たない・・そんな人間は真の映画好きとはいえない。それと同じことだ。

誰がどの大学行ってて、いつ卒業してて、どんなことしてて・・・しかしそれらの情報そのものは、肝心の本人の仕事と直接関係の無いことであれば、何の意味も持たない。だから普通の人はタレントの仕事にしか興味が無い。アイドルオタクは違う、そういった”トリビア”こそが自分達の存在価値を表す指標であると思い込んでいる。

小川範子は、どうして現在日本を代表する、トップ女優となっていないのだろうか?やまだかつてないウインクの片方の女の子を、業界はどうして仕事で使ってくれないのだろうか?そんなに、タレントが大学を卒業するということが、芸能界で切り札となりうるなら、芸能界で大卒に価値がある、有利なはずならば、とっくにそうなっていなければおかしいはずなのだが。低学歴、中退女優の勢力が、彼女達に、圧力でも掛けているのとでもいうのだろうか?


2004.01.10 Sat プロとアマチュアの違い

プロは結果のみ求められる。どんなにがんばっても結果がついていかないのならば一切評価されない。才能というのは、常人が一生努力してやっとたどりつけるか、あるいは一生やってもたどり着けないことをすこしの努力で、あるいは努力せずに、あっという間にできてしまうことをいう。当たり前の話だが。誰でも、他をすべて犠牲にしたり、年季をかけたり、努力しさえすれば、必ずそのくらい偉大なことができてしまうのなら、みんなやってしまうので、価値が無い。みんな、そこまでしてもなお、どうあがいても、イチローのようにヒットを打ったり、宇多田ヒカルのように歌えないからこそ、イチローや宇多田ヒカルのような人材は一人しかいなくて、希少価値があって、高額な金を世間から集めることができる。

だがそれがバカにはわからない、どれくらいがんばったかが、評価の対象になってしまえば、それはアマチュアだ。がんばってCD売りました。ロシア縦断して、合宿して、ボイトレして、何万枚売れなきゃ引退だとかライン決めて、苦労してつくったことをアピールして、あるいは自分そのものが苦労人だったということアピールして、だからあたしに同情してCD買って!これをやってしまったらプロではない。肝心の、作品の内容で勝負していない。視聴者、購買者は、はっきいって作者がどれくらい苦労したことなんかどうでもよい。何でプロなのにそこまで苦労しなきゃならないんだ。限界まで苦労してその程度か?それじゃあ、それ以上のレベルは、もう望めないではないか・・・とにかく作品がおもしろいかつまらないか、それしか興味が無い。もし低水準の作品でも、作者はがんばってこれ作ったんだから、それを買って自分は自己満足を得たのでいいんだ・・・・それでは、プロの作品、商品を買ったとはいえず、身内がでている素人のど自慢大会を観たり、町内会で演芸会を開催したり、自分の子供の学芸会、野球大会や運動会を見るのと同じ、あるいはアロマテラピーやエステで満足を得るといった、自己ヒーリングの一つ、精神療法の一環だろう。だがプロは身内や素人や子供ではないのだ。がんばったからといって過程が賞賛される、教育が必要とされる未熟者ではなく、ましてや同情の対象でもない。完成された人間でなければならないはずだ。”あんなこと”をしてまでしか売れない、客も買ってくれないのならば、それは、鑑賞に堪える作品、プロが作った作品に値しないと言うべきだ。


2004.01.10 Sat ホ○プロ

バーニングだけではなく、この事務所も岐路に立っている。バーと同様、今までの戦略が立ち行かなくなっているのだ。

彼らの戦略とは、バラエティー至上主義。つまりバラエティーの影響力は、ドラマや映画の影響力に勝る・・というテーゼである。頂点にいる、帯番組の司会者である紅白常連の人物のもと、その人物の交友関係、圧倒的な影響力の傘の下、バラエティーでのヨイショ、あるいは売名、顔売り、レギュラー獲得。毒舌キャラの活動によるライバル排除、身内の相互ヨイショ等、いろいろな活動を行ってきた。

伝統的な基本戦略は、この事務所のトップにいる人物が、まず、自社所属アイドル台頭の邪魔となる、対抗する勢力を殺害する(といっても、実際にナイフを携えて相手を殺しにいくわけではなく、”芸能人としての存在”を舌で傷つけ、殺すということ)それから、そのトップの圧倒的な力を傘にした、下っ端のブレイクを狙う自社アイドルが、怖いものなしの、腰ぎんちゃくの毒舌タレントとなり、一緒にその攻撃に加担し、邪魔なライバル勢力をまず排除し、地ならしを完全に終えた後、それから自分達のブレイクを狙う・・・という段階を踏む、逐次共同攻撃の体裁を取っていた。

バラエティー至上主義であるからして、まずそういう前段階を完全に踏まえた上で、はじめて演技、歌の畑の占領を狙う・・・物量の絶対優勢下、猛烈な砲爆撃で圧倒して、それから安全な占領を狙う、いわば旧米軍的な安全主義といったらいいだろうか。まあこれはバーニングも同じことで、大手の考えることは皆同じようなものなんだが・・・

つまりトップに芸能界の御意見番、その下に多くの”小御意見番”が居座っている、”全員御意見番システム”なのだが、勿論、バッシング、ヨイショ担当の、”他勢力の排除”に特化した、ご意見番専門=兵隊アリのような存在と、それらの兵隊に守られた、売り出される本命=占領された後に居座る本命、女王蜂予備軍のような存在に、アリと同様、いささか職務分化が見受けられる。

だがこんな”猛烈な地ならし”も、それが見方勢力=本命の女王蜂予備軍のブレイクに、効果が無ければどうしようもない、”兵隊”も、自分は毒舌ヨゴレキャラだの散々悪評たれながされて、自分に全く利にならない、自社とはいえ他人の利益になることばかりしかやらせてもらえないのだったら、士気もおちる。そして肝心の女王蜂予備軍が、そんな状態に嫌気がさして、気持ちが離れてしまえば大変なことになる・・・

しかし現在、芸能界のご意見番として、汚名、不評を一手に引き受けながら、それがマイナスになっていない人物は、トップのあの人しかいない。他の兵隊は、デメリットしかない。女王蜂予備軍も、実力勝負させてもらえない、担ぎ上げられた無菌室お姫様状態では、これから芸能界を生き残っていくことに不安になり、実力勝負しているアイドルという存在のほうに魅力を持ち、そういった格好の模範として、他の事務所の人たちに、交友、親交等、気持ちが移動していくことになる。誰とは言わないが、なんとなくわかるとは思う。

とにかく、猛烈な地ならし工作というものは、他の勢力の打撃に効果があっても、自身の能力の向上には全く寄与しない。したがって所属タレントの実力は伸びず、またそういう人材も集まらず、またあってもそれ以上育たず、いまさらお役御免となった”兵隊担当、お姫様担当”が、たとえば実力の要求される舞台女優等に転進したところで、生きのこっていけるわけが、ありはしないのである。そういった先輩達の不振を目の当たりにして、後輩達にも動揺が伝わるのは当然、そうなったら皆、今までの戦略が通用しなくなったと思いだし、事務所が崩壊し始めるのも、時間の問題だろう。



読者登録

柏葉まろみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について