閉じる


試し読みできます

ダイジェスト

 甲府師御崎町で新居を構えた太宰は、生活を改善し、堅実な家庭を築こう、健全な小市民たろうと努力する。

 

 「春の盗賊」は泥棒に入られるつくり話だが、主人公の太宰は電灯を消して泥棒を安心させ、暗闇の中で創作物でもある別人格「津島修司」と長々とお喋りを始める。隣室にぱっと明かりがともって、見ると、泥棒は影も形もない。襖をあけて入ってきた妻は「あんな、泥棒なんかに、小説みたいなことを仰ったりなんかして」と太宰をなじる。太宰は結婚してはじめて妻をぶん殴ろうかと思う。


1
最終更新日 : 2014-10-13 01:17:01

試し読みできます

おくづけ

 

戯曲 春の盗賊


http://p.booklog.jp/book/83666


著者 : ハルカ
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/michellejohndoe/profile


感想を書く際・上演の際はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/83666

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/83666



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ

 


3
最終更新日 : 2014-10-13 01:17:01

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

ハルカさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について