閉じる


『赤』火のエレメントヒーリング

火エレメントのヒーリング効果

火のヒーリング(太陽神経系統ヒーリング)

 エネルギーケアは、太陽と火のエネルギーの加護ヒーリングを行います。

 

デトックスのエレメント波動ヒーリング

「血液循環に対するエネルギー波動調整」

 

活力のエレメント波動チャージ

「大腿部(水分代謝)に対するエネルギー波動調整」

 

それぞれ遠隔セッションします。

 

 

太陽に関する光次元マスターの支援波動強化
 皆さんと繋がるアマテラス(別名・ラー、アポロン)系のエネルギーを波動を一時的に繋がりを濃密にして強化します 。

 

得られるエネルギー効果

 つながりを強化することによって、生命力、情熱、明るさ、自信、破壊と創造性、男性性をより豊かに発揮するヒーリングを受けることができます。(女性の場合は自分に宿る男性性と女性性のバランス調整)

  

月のチャクラケア

 月の光のヒーリングは、第一チャクラ性器周辺に関わるチャクラの調整ヒーリングを行います。

 

 

月のエレメントーヒーリング設定日 

 火のエネルギーは、以下の月の日に、エネルギーポイントをつくり、ヒーリングを自然のエネルギーと共に受けることができます。

 

 

・デトックスの波動

「獅子座の月のエネルギーヒーリング

 

 

 

・活力の波

 

「射手座の月のエネルギーチャージ」

 

 

 

 

※1回のお申し込みで、一回分のエネルギー浄化&活性ポイントを作ります。

 

お申し込みはこちら↓ 

 波動エレメントヒーリングを申し込む

  


最終更新日 : 2014-11-03 02:26:43

火のエレメントを助けるハーブ紹介

 火のエレメントを助けるハーブ紹介

 

 

「ハイビスカス」

疲労回復、眼精疲労予防と回復

 

 ハイビスカスは多くの皆さんがご存知の通り、南国の花のことです。新陳代謝、つまり身体を動かして汗をかいて起こる疲労などにとても適して補助してくれます。

 

特に夏ばてを起こしやすい時期にぴったりです。多くの成分はクエン酸やアミノ酸といった疲労回復を助ける成分です。含まれている成分のとおり、とてもすっぱい味が特徴です。

 

飲んでみた味の感想や効果など

 

 味は、単体で飲むと、ともかくすっぱいです。はちみつや甘いステビアのハーブを加えたりなどして飲んだりするのが一般的なようです。私がお勧めなのが、サイダーに入れて飲む方法です。

 

 割合は、サイダー2/3・ハイビスカスを煎じた水1/3です。甘さと炭酸のシュワっとする感じと、すっぱさが心地よいくらいに飲めます。夏場に家に帰ってからすぐにこれを飲むと、目元から疲労がリフレッシュするのを感じています。おすすめです。

 

 

「ローズレッド」

沈静作用、更年期障害の緩和、寂しさや悲しさの緩和

 

 ローズレッドは主にバラの花弁のことを言います。とくに生殖器に関わる女性ホルモンに直接に影響されやすいハーブです。そのため、妊娠中は多量摂取不可です。

 

 近年は、アロマブームで更年期障害の激しい精神を緩和する際に用いられています。香りにこそ効能を特に重点を置いているハーブなので、ぜひ、香りがひきたつ様に飲んだりしてみると良いでしょう。

 

飲んでみた味の感想や効果など

 

 私はローズ系のアロマがとても苦手で、犬猿しているときがありました。試飲して体の反応を見るときは、細かく、ちぎったりして飲んでいました。けれど、紅茶に混ぜるなどして飲むと格別でした。高級感がある良い喫茶店のお店のような味になり、楽しむことができました。

 

 また、ローズは好みの人とそうでない人にはっきりと差があり、嫌いだった人でも、ある年齢を過ぎると突然好きになったり、日によっては得意だったり苦手だったりするそうです。ホルモン変化に忠実なので、この匂いが好きなときは、少し女性ホルモンが変化して落ち着かないときなのかなと、身体をみる判断の材料として試飲していました。

 

 

「ローズヒップ」

強壮作用、生理不順や生理痛みの緩和など

 

 ローズヒップが疲れにきくのは、大量に含まれているビタミンCがあるからです。疲れているその日のうちに、ビタミンを摂るように心がけると、次の日以降の疲れの残り方は断然違います。

 

 ぜひ、日々の生活の中に少しづつ摂取してみてください。このローズヒップは乾燥すれば紅茶と一緒に煎じて飲むこともできますし、実をお菓子の中に入れて楽しむこともできます。ビタミンCは蓄積がとても難しいビタミンですので、日々消耗します。全ての栄養級数にいえることですが、栄養で大切なのは、少しづつ何気なく摂取していることです。

 

飲んでみた味の感想や効果など

 

 すっぱいラズベリーのような味がします。ビタミンCの粒上のお菓子の味に似ています。乾燥すると、実がとても硬くなるので、かなり熱いお湯煎じるか、または砕くと良いとされています。

 

 でも、女の人だと砕くのはちょっと大変かも・・・。熱い紅茶を入れる際に、コップに入れておくと女性らしいほんのりフルーティーな紅茶になりますので、おすすめです。

 

写真:薔薇(ローズ)

 


最終更新日 : 2014-11-03 02:02:41

火のエレメント月星座とチャクラケア

「最もエネルギー燃焼を発揮する月星座」

 

  火のエレメントは、名前の通りとても情熱的に様々なものに作用します。一見すると、痛みを伴うと思われた身体状況の変化は、次の日に迎える健康的な身体つくりのためのものだったことが多くあります。特に心臓に影響を受ける「獅子座」の月星座の前日に、必ず動悸のようなものが訪れることを発見しました。

 

 私は以前から若干の不整脈があり、時折眠る前に胸の動悸が気になっていたのですが、周期的に身体を健康にするために若干の整脈サイクルが、自然と身体の中に起きていることを理解しました。そのように、月の光から受けるエネルギー燃焼は、今から未来へつなぐための燃焼作業として受け止めることもできます。

 

 

血液循環(心臓系)や性器周辺に関連したエネルギーケア方法

 

 色では赤のエネルギー、地球では火のエネルギー、チャクラでは第3チャクラ第1チャクラと深くかかわりがあります。 

 

 以下の星座の日を参照に、満ちる月(新月から満月になろうとする期間)に、瞑想や自己ケアやレイキヒーリング等で活性化すると、情熱、生命力の回帰、血行促進新の活性化等を助けます。欠ける月(満月から新月になろうとする期間)に行うと、ハートや性欲など性に関することのホルモンバランスを整えるなどに適したエネルギーが活性化します。

 

 

月の光を受けた身体ケア方法

 

 胸部と下腹部周辺をいたわることが最も効果的です。特にさそり座の日は性器等に無理をかけず、赤い下着を身に着けたり、冷やさず、清潔にすることが重要です。妊娠中の場合もそれに該当します。男性の場合は身体状態によっては、冷水等で時折冷やしたりなどして、温帯バランスを整えることが効果的です。

 

 また、火のエネルギーをケアする方法としては、生命力を足りないという概念をお持ちの方は特に、瞑想イメージの改革が重要です。もともと、人間には完璧な生命力や情熱やエネルギーの源が存在します。どこかから瞑想によってエネルギーを引き寄せるという概念ではなく、自分自身に宿る炎の生命を信じ貫くイメージをすることによって、気高い生命力を取り戻すことができます。 

 

火のエレメント星座
・火のエレメント 「牡羊座」「獅子座」「射手座」

 

 

 

 

 

 


最終更新日 : 2014-03-26 18:50:34