閉じる


<<最初から読む

18 / 22ページ

『最初に目に映ったものは』 志菜

投稿時刻 : 2014.02.08 21:48
総文字数 : 992字
獲得☆3.571
※制限時間後に投稿
 最初は、きみの笑顔だった。
 何も言えずに黙っているぼくに、きみは手を差し出して、
「遊ぼう」
と、言ってくれた。
 ぼくは、びっくりして、恥ずかしくって、でもうれしくて、「うん」と頷いた。
 それから二人で一緒に遊んだ。
 ツヤツヤした椿の葉っぱを丸めた雪の上に乗せて、お菓子屋さんごっこをしたり、真っ赤な南天の実と笹の葉を取ってきて雪うさぎを作ったり。雪合戦もしたね。
 そうしているうちにも、また雪はちらほら降り出してきて、きみはかまくらを作ろうと言った。
 前にテレビで作り方をやってたんだって。かまくらの中に入ると暖かいんだって。
 でもかまくらを作るには、まだまだ雪は足りないから、ぼくときみはあちこちから雪を集めてきた。
 駐車している車のボンネットから。ブロックの塀の上から。日陰になった沓脱石の上から。
 小さな雪の山ができたところで、辺りは暗くなってきた。ぼくはもう少し一緒に遊びたかったけど、きみは家の人が心配する前に帰らなくちゃいけないと言った。
 だから、ぼくときみは約束をした。
 明日もまた一緒に遊ぼうって。かまくら作りの続きをしようって。
 二人だけの約束をしたんだ。
 
 次の日、きみは学校に行った。
 見送るぼくに、ランドセルを背負ったきみは
「帰るまで待っててね」
と、笑顔で言った。
 ぼくもきみに負けないくらいの笑顔で「もちろんさ」と笑った。
 その日は昨日と違って、とてもいいお天気だった。
 柔らかな日差しが暖かくて、かまくらの中とどっちが暖かいかな、なんて考えながらぼくはきみの帰りを待っていた。
 お日様がどんどん高くなるにつれて、暖かくて気持ちよくて、ぼくは眠くなってきた。きみがいなくて退屈だったしね。
 そして、夢の中で、きみと一緒にかまくらを作ったんだ。
 大きな大きな山を作って、シャベルで叩いて硬くする。それから入口を作って、どんどん中をくりぬいていくんだ。
 とても素敵なかまくらができた。夢の中でぼくたちは、並んで座って、白い世界をずっと眺めていた。
 水色の、プラスティックの二つの目で、キラキラと光る雪を見ながらぼくは、ずっと、ずっと、一緒にこうしていたいって思ったんだ。

「あー、やっぱり溶けちゃった」
 走って帰ってきた少女は、溶けた雪の塊の前で呟いた。小さく口をとがらせて、雪だるまの目玉にしていた水色のペットボトルの蓋を拾い上げる。
 そのままポケットに入れて家に帰りながら、少女は小さなくしゃみをした。

 ――終――


※作品集への掲載にあたって、誤字等を一部修正しました。

終わりに

 初の執筆オフ同時開催となりました第14回てきすとぽい杯、お楽しみいただけましたでしょうか。
 開催当日の2月8日は、関東地方で記録的な大雪となりまして、執筆オフ会場の周囲にもどっしりと雪が降り積もり、交通機関の麻痺や、地域によっては停電まで発生するという、容易には忘れられない一日となりました。
 そんな悪条件にも関わらず、最終的には四人の作者さまが会場までお越しくださいまして、なんとか予定通り、オンライン競作+執筆オフの開催がなりましたこと、また、遠方から会場ハングアウト中継にご参加くださった皆さまへも、感謝の言葉よりほかありません。

 さて、今回のお題「バッドエンド」。久々に簡単・ゆるい、というご意見が上がる一方で、厳しい・苦手、という言葉も聞かれるなど、普段からの作風によって得手不得手が大きく分かれるお題でしたようです。
 また一口にバッドエンドと言いましても、「バッド」の捉え方、結末に至るまでの過程や演出には、それこそ多彩なバリエーションがあり、お寄せいただいた12作品中に、題材や結末がかぶったと思えるものが一つもなかったことも、大変興味深い結果であったように思います。

 執筆オフにつきましては、進行や中継機材の不備、開催時期などに反省点も多くございますが、ひとまず大過なく開催でき、会場からの投稿も無事行っていただけましたこと、ご参加・ご協力いただいた皆さまに感謝しますとともに、時期など未定ではありますが、いつかまた機会がございましたら類似の形態での執筆会開催なども検討してまいりたいと考えております。


 ――最後になりますが、今回もそれぞれにユニークな仕掛けや工夫の凝らされた、魅力的な作品をお寄せくださった作者の皆さま、執筆オフおよび中継ハングアウトにご参加くださった皆さま、オフ開催地検討にご協力くださった皆さま、そして、投票・感想・チャットにご参加くださった全ての皆様に、改めまして心よりの感謝を。
 そして何よりも、今回、執筆オフの開催をご提案くださった永坂暖日さんに、この場を借りてお礼申し上げます。素敵なご提案、ありがとうございました!

 てきすとぽい杯は、来月より通常開催に戻りますが、引き続き、毎月中旬頃の土曜夜に定期開催を予定しております。お時間ございましたら、どうぞお気軽にご参加くださいませ。

2014年3月7日
てきすとぽい杯 運営担当

 

※ なお、次回てきすとぽい杯は、明日2014年3月8日(土) 開催の予定です。

執筆オフ当日の様子


20
最終更新日 : 2014-03-07 23:22:20

てきすとぽい広告


21
最終更新日 : 2014-03-07 22:44:29

奥付



てきすとぽい杯 作品集
〈第14回〉


http://p.booklog.jp/book/83460



編集まとめ : てきすとぽい
http://text-poi.net/


てきすとぽい プロフィール
http://p.booklog.jp/users/textpoi/profile


表紙デザイン : 蟹川森子
てきすとぽい杯コピー : 茶屋休石


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/83460

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/83460



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー
http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ

22
最終更新日 : 2014-03-07 22:47:04

この本の内容は以上です。


読者登録

てきすとぽいさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について