閉じる


<<最初から読む

16 / 22ページ

『バッドエンドについて』 ayamarido

投稿時刻 : 2014.02.08 19:19
総文字数 : 1280字
獲得☆3.400


《執筆オフ・ルポタージュ賞》
バッドエンドについて
ayamarido


 

 中国製の安いPCを捨て、いざ待望のソニーVAIOを購う時きたれり、と意気揚々と発注した矢先、ソニー本社において、VAIOブランドを外資へ売り払う決定がなされた。
 すなわち、
「これはバッドエンドではないだろうか」
 と思うたのだけれど、さほどバッドでもなし、そもそも、
「ソニーのVAIO!」
 を入手できるのだから、これはむしろグッドじゃないかと、自らを慰められるので話は違う、では何がバッドエンドであろうかと考えたところが、
「ふひひ、書こうとした小説が最後まで思い浮かばないことがバッドだぜ」
 で、幕引きを図ることでどうだと考えたのだけれど、その程度の発想をする人なんて何人もいるだろうし。
「じゃあ、この雪だ。東京に遊びに来た挙句、この大雪で新幹線がとまって家に帰れない。停電も起きた。ああ何て悪い結末だ!」
 と言ってみたところが、やっぱり、おもしろくも何ともない。
 思い返せば、うえはるさんの入選絵を見るべく訪れた渋谷から、浮世絵の太田記念美術館の原宿まで歩いたその間、ずっと細川護煕の選挙カーと併走する破目になり、ガラス製の、パンダのオリみたいな選挙カーの荷台に、二人のおばさんと、一人のおじさんが乗り込み、赤い服を着て、マイクを握ったおばさんが、
「細川護煕、細川護煕。ほ、そ、か、わ、護煕。ありがとうございます。ありがとうございます。助手席に乗っているのが本人です。最後のお願いに参りました。細川護煕。細川護煕。道の反対側からも温かいご声援、ありがとうございます。細川護煕。細川護煕。脱原発。原発が一台も稼動していない今がチャンスです。日本の未来は東京が変える。細川護煕。細川護煕。明日の選挙ではどうぞ、細川護煕、細川護煕を、皆様、何卒よろしくお願いします」
 と叫んでいるのを、ずっと聞かされていたことが、バッドかもしれない。選挙カーはノロノロと走るので、徒歩のこちらとさほど速度が変らず、従って延々と、
「細川護煕、細川護煕。あたたかいご声援ありがとうございます。助手席にいるのが本人です。ありがとうございます。明日の投票では細川護煕。細川護煕。どうぞよろしくお願いします」
 である。
 ガラスの檻を見るに、おそらく最初のうち、檻の中には本人、細川護煕が入って手を振っていたのであろう。だがそのうち寒さに耐えかね、助手席へ移って、膝に毛布を置いて、そうして通行人に手を振るに至ったようである。
「ありがとうございます。ありがとうございます」
 などと、おばさんの叫び声の合間、頼りないマイク音声が聞こえた。
「ありゃきっと風邪でも引いてるぜ。かわいそうに」
 と、そんな想像をしたところで、ああなるほど。これで明日、彼が落選したなら、この数週間のお祭騒ぎも水の泡。連呼もむなしきかぎりなり。
 すなわち、
「明日の選挙結果こそバッドエンドに相違なし」
 と、最終的にニヤリとしたところ、ところで斯様に細川護煕細川護煕と連呼したこの短文、公職選挙法に引っかるんじゃないのと疑われ、これ最終的に掲載すること能わずとなれば、
「書いても発表できないなら、まさしくバッドエンドですね」
 と、隣からニヤニヤ。
 


(了)

『ハイパーメディアクリエーター(笑)』 松浦徹郎

投稿時刻 : 2014.02.08 18:43
総文字数 : 921字
獲得☆3.312
 黒歴史なんて言葉があるが、程度の差こそあれ誰にだって思い当たることのひとつやふたつはあるはずだ。
 ほら、中学生の頃を思い出せよ。
 ちょっと人には見せたくないようなノート、作ってなかったか? オリジナルの必殺技とか、そういうのが描いてあるやつだ。
 高校の頃、深夜ラジオに投稿はしていたか? ストーカーみたいにはがき送って。そんで、いつかは自分があっち側にいけるって信じていなかったか?
 俺は大学まで引きずっていた。
 完全にこじらせていた。
 イベントでオタ芸を打つような、開き直りはできなかった。もう完全に業界人になるって決めていたから。消費オタにはならないって。
 仲間も何人かいたよ。同志だよ。
 だけど、みんな就活とかを前に消えていった。
 金融を目指したり、手堅い資格を取りに行ったり。
 俺は違ったけどね。
 覚悟が違うんだよ。連中とは。
 だから成功したんだ。
 絵は描けない。作曲もダメ。
 だけど俺、クリエーター。
 ほら、ものを創るのって感性の問題だからさ。
 え? 具体的に何してるのって??
 そりゃ、いろいろな方面とタイアップとか?
 細かいことはしないよ。それは職人さんの仕事だから。ほら俺クリエーターだから。
 仕事は絶好調。ヨドバシカメラのゴールドポイントだって百万単位でたまってるし。いい加減、ポイント使ってくださいって店員にいつもいわれるんだよね。
 芸能人とも交友関係多くて。飲むのも仕事かな? こんな風にね。
 ほとんどのやつが黒歴史っていって目を背けてきた夢を、俺は叶えたの。
 つまり勝ち組。
 どうどう? 俺のトーク。
 なんか楽しくない?
 次、なんの目が出るかな。
 ほらキミ、さいころふって。何が出るかな、何が出るかな――。
 え? 他の席から呼ばれた??
 ああ、そうなんだ……。
 じゃあ、……って、キミも??
 あれあれ? みんな行っちゃうの? なんだよ、寂しいなあ。
 もっと話そうよ。楽しいじゃん!
 なんだよもう! 俺ほっといていいの?
 宴はこれからだっていうのに!
 ああ、黒服くん。ちょっと3人くらいそろえてよ。女の子。
 無理? 飲み過ぎだから帰れって?
 わかったよ。もう来ないよ、こんな店! ワーン、もう来ねーよ! ってやつ。
 それじゃ、支払はツケで。うん。今、持ち合わせないから。
 なっ、なんだよ! いきなり腕固めてきて。暴力反対!

『最初に目に映ったものは』 志菜

投稿時刻 : 2014.02.08 21:48
総文字数 : 992字
獲得☆3.571
※制限時間後に投稿
 最初は、きみの笑顔だった。
 何も言えずに黙っているぼくに、きみは手を差し出して、
「遊ぼう」
と、言ってくれた。
 ぼくは、びっくりして、恥ずかしくって、でもうれしくて、「うん」と頷いた。
 それから二人で一緒に遊んだ。
 ツヤツヤした椿の葉っぱを丸めた雪の上に乗せて、お菓子屋さんごっこをしたり、真っ赤な南天の実と笹の葉を取ってきて雪うさぎを作ったり。雪合戦もしたね。
 そうしているうちにも、また雪はちらほら降り出してきて、きみはかまくらを作ろうと言った。
 前にテレビで作り方をやってたんだって。かまくらの中に入ると暖かいんだって。
 でもかまくらを作るには、まだまだ雪は足りないから、ぼくときみはあちこちから雪を集めてきた。
 駐車している車のボンネットから。ブロックの塀の上から。日陰になった沓脱石の上から。
 小さな雪の山ができたところで、辺りは暗くなってきた。ぼくはもう少し一緒に遊びたかったけど、きみは家の人が心配する前に帰らなくちゃいけないと言った。
 だから、ぼくときみは約束をした。
 明日もまた一緒に遊ぼうって。かまくら作りの続きをしようって。
 二人だけの約束をしたんだ。
 
 次の日、きみは学校に行った。
 見送るぼくに、ランドセルを背負ったきみは
「帰るまで待っててね」
と、笑顔で言った。
 ぼくもきみに負けないくらいの笑顔で「もちろんさ」と笑った。
 その日は昨日と違って、とてもいいお天気だった。
 柔らかな日差しが暖かくて、かまくらの中とどっちが暖かいかな、なんて考えながらぼくはきみの帰りを待っていた。
 お日様がどんどん高くなるにつれて、暖かくて気持ちよくて、ぼくは眠くなってきた。きみがいなくて退屈だったしね。
 そして、夢の中で、きみと一緒にかまくらを作ったんだ。
 大きな大きな山を作って、シャベルで叩いて硬くする。それから入口を作って、どんどん中をくりぬいていくんだ。
 とても素敵なかまくらができた。夢の中でぼくたちは、並んで座って、白い世界をずっと眺めていた。
 水色の、プラスティックの二つの目で、キラキラと光る雪を見ながらぼくは、ずっと、ずっと、一緒にこうしていたいって思ったんだ。

「あー、やっぱり溶けちゃった」
 走って帰ってきた少女は、溶けた雪の塊の前で呟いた。小さく口をとがらせて、雪だるまの目玉にしていた水色のペットボトルの蓋を拾い上げる。
 そのままポケットに入れて家に帰りながら、少女は小さなくしゃみをした。

 ――終――


※作品集への掲載にあたって、誤字等を一部修正しました。

終わりに

 初の執筆オフ同時開催となりました第14回てきすとぽい杯、お楽しみいただけましたでしょうか。
 開催当日の2月8日は、関東地方で記録的な大雪となりまして、執筆オフ会場の周囲にもどっしりと雪が降り積もり、交通機関の麻痺や、地域によっては停電まで発生するという、容易には忘れられない一日となりました。
 そんな悪条件にも関わらず、最終的には四人の作者さまが会場までお越しくださいまして、なんとか予定通り、オンライン競作+執筆オフの開催がなりましたこと、また、遠方から会場ハングアウト中継にご参加くださった皆さまへも、感謝の言葉よりほかありません。

 さて、今回のお題「バッドエンド」。久々に簡単・ゆるい、というご意見が上がる一方で、厳しい・苦手、という言葉も聞かれるなど、普段からの作風によって得手不得手が大きく分かれるお題でしたようです。
 また一口にバッドエンドと言いましても、「バッド」の捉え方、結末に至るまでの過程や演出には、それこそ多彩なバリエーションがあり、お寄せいただいた12作品中に、題材や結末がかぶったと思えるものが一つもなかったことも、大変興味深い結果であったように思います。

 執筆オフにつきましては、進行や中継機材の不備、開催時期などに反省点も多くございますが、ひとまず大過なく開催でき、会場からの投稿も無事行っていただけましたこと、ご参加・ご協力いただいた皆さまに感謝しますとともに、時期など未定ではありますが、いつかまた機会がございましたら類似の形態での執筆会開催なども検討してまいりたいと考えております。


 ――最後になりますが、今回もそれぞれにユニークな仕掛けや工夫の凝らされた、魅力的な作品をお寄せくださった作者の皆さま、執筆オフおよび中継ハングアウトにご参加くださった皆さま、オフ開催地検討にご協力くださった皆さま、そして、投票・感想・チャットにご参加くださった全ての皆様に、改めまして心よりの感謝を。
 そして何よりも、今回、執筆オフの開催をご提案くださった永坂暖日さんに、この場を借りてお礼申し上げます。素敵なご提案、ありがとうございました!

 てきすとぽい杯は、来月より通常開催に戻りますが、引き続き、毎月中旬頃の土曜夜に定期開催を予定しております。お時間ございましたら、どうぞお気軽にご参加くださいませ。

2014年3月7日
てきすとぽい杯 運営担当

 

※ なお、次回てきすとぽい杯は、明日2014年3月8日(土) 開催の予定です。

執筆オフ当日の様子


20
最終更新日 : 2014-03-07 23:22:20


読者登録

てきすとぽいさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について