閉じる


《入賞》 ※得票順

『夏の終わりの汚れたブルー』 犬子蓮木

投稿時刻 : 2014.02.08 19:06
総文字数 : 2455字
獲得☆4.000


《入賞作品》
《特別賞・大雪の夏賞》
夏の終わりの汚れたブルー
犬子蓮木


 夏。海。僕は溺れて、そして助けられた。助けてもらった人と縁ができて、僕はその人と付き合うことになった。その人は綺麗な人で、僕みたいな何にも才能もなく、容姿も悪いような人間からすれば、もったいないぐらいな人だ。
 それなのに、僕の心の中には、わだかまり、もっと言えば違和感のようなものがある。
 僕はその人のことを嫌いなのかもしれない。
 なんどか会って、それから告白されて、それで返事をした。助けて貰った人に対して、断るなんていう選択肢が選べなかったのだと自分でわかっている。
 その人は僕のことを褒めてくれる。
「やさしいね」とか「ひどいことを言わないから」とか。それはいいのだけど、褒める言葉は僕を束縛するのだと僕は思っている。
 褒められたならそうしなければならないと、僕は貰った言葉を大切にしまい込んで、心の中で繰り返して、そうして、ほんとうの僕からずれていくことを我慢しなければならない。
 僕の中にはやさしくない一面がある。
 僕の中にはひどい言葉を発する一面だってある。

 XXX! XXX!

 そんな僕の我慢は命を救ってもらったという恩だけを重みとしていつまでも海の底へとゆっくりと沈んでいく。光の届かないプレッシャーばかり増えて行く海の中へと、深々と、暗く暗く。助けてもらったから。

 二年後の夏。蝉がじんじんと鳴き、汗が顔をつたって落ちていく日中に、僕とその人は駅前の喫茶店にいた。僕の実家に行って、両親に挨拶をしてきたところだった。
「緊張したね」
「そう?」僕は言う。
「それはするよ」
「あんまりそうは見えなかった」
 その人はいつも明るく。まぶしくて、どんな人ともすぐに仲良くなれる。僕の両親もすぐに気に入ったみたいで、僕になんてもったいがないと笑っていた。
「僕になんてもったいがないよね、ほんと」
「そんなことないよ」
 その人は、ほがらかに笑う。
「明日は海にいこう」
「なんで急に?」僕はたずねた。
「忘れたの? 記念日じゃない」
「僕が溺れた記念の日」
「そう。だから会えたでしょ」
 その人は、あの日のことを笑って話す。僕が死にそうになったときのことを。助かったから笑い話。それはそうなのかもしれない。僕も笑って話すことはある。だけど、そういう気分じゃないときだってある。でも、僕は笑っている。
 やさしく。
「はじめて私を見たとき、どう思った?」
「覚えてないよ、大変だったんだから」
 溺れて砂浜にあげられて、それからやっと目をあけたときにたぶんその人の顔を見たとは思う。
「天使みたいとかないの? そのとき好きになっちゃったとか」
「ないね。でもそのあとお礼に行ったときは綺麗な人だなと思ったよ」
 そういうとその人はまた笑ってくれる。いつものことだ。
 僕の頬から汗が落ちる。ふいに聞いてみたくなった。
「もし僕が嫌いだって言ったらどうする?」
「なにを?」
 僕は声に出さず。その人を見つめる。いつもみたいな笑顔がくずれて壊れそうになる。
「なんでそんなこと言うの?」
「ごめん。ただもしいつかそうなったときどうなるのかなって。未来は保証できないし、結婚は墓場だなんて言うでしょ」
「マリッジブルー?」
 またその人は笑顔を取り戻した。
 僕が不安になったら、僕を助けるのがその人の役目だって、思い込んでいるんだ。僕は僕だけで生きていけるのに、ほんとうは助けがいるのは自分のほうなのに。きっかけがあったから、役割が決まった。性格という表面的なものがあるから、周りから期待されて、束縛される。
「大丈夫だよ。私たちはそんなことにはならない」
「うん」
 僕は笑顔を作った。精一杯に笑った。それが僕がしてあげられる唯一のことだから。僕はあのとき助けられたから、消えてしまうはずだった残りの人生の使い道を目の前の人に委ねることになったのだ。
「じゃあ、明日は海ね」
「うん」

 海。都内からすぐに行ける海は基本的にきたない。黒くて、ゴミが浮いていて、それでも大勢の人が我慢して楽しんでいる。
 僕もその人もデートになんかふさわしくなく泳いでいた。僕はあの日、助けられたけど、実際のところ泳ぐのは得意だった。あのときは足がつって溺れたけど、普通に泳げば負けたりはしない。
 もし、今、隣にいる僕の結婚相手が溺れたら、僕は全力で助けるだろう。そうすれば僕と相手をつなげる重く苦しい鎖の束縛は消えてなくなるかもしれない。
 どちらが優位でというわけではなく。
 対等に。
 はじめて向き合えるかもしれない。
 そんな切なる願いも当然、叶うこともなく、僕らは砂浜にあがった。
 眩しい太陽が綺麗なその人を照らす。プロモーションのポスターみたいに美しい人間が真夏の海で輝いている。僕はそんな眩しい人を映すカメラで、記録する媒体だった。
 いつかその人が明るい過去を思い出したくなったときに僕というデバイスを動かして、「どう思った?」なんて僕のスイッチをいれる。
 そうして、僕はゆっくりと、美しい歴史の語り部となる。
 僕の人生はそのために存在している。
 僕が助けられたとき、そう決まった。
 恩がある。だから僕はそれで良いと思っている。ただ、僕はその人のことを好きではないのに、僕も好きだと錯覚したままなのは失礼じゃないかという葛藤があるだけだ。
 それでいいのかはわからない。
 たぶん近いうちに崩壊の瞬間が訪れるのかもしれない。
 そうであればいいなと思い、そうなってほしくないとも思う。
「あついなあ」僕は思わず声をこぼした。
「もういっかい行こうか」
「うん」
 僕らはまた海に向かって、僕はひとり内緒のお願いを神様にする。叶う確率はほとんどない。体にまとわりつく水分は海の水と罪悪感からの汗だろう。暑いからだなんて嘘は、内心でもつきたくはない。一番大事なところで嘘つきなくせに。
 海に走ってはいって、深くなったところで泳ぎ出す。僕はその人を追い抜いて、海の中で、汚い水に包まれて、孤独を感じる。ゴールにしていたブイに辿り着いて追いつて来たその人のまばゆい笑顔を見る。
 だから来月、夏の終わりに、僕らは契りを結ぶのだ。
 やっぱり僕は、その人のことを、好きではないままなのだけど。      <了>

『寄り道』 塩中 吉里

投稿時刻 : 2014.02.08 19:02
最終更新 : 2014.02.08 19:13
総文字数 : 2297字
獲得☆3.933


《入賞作品》
寄り道
塩中 吉里


 会社を出るときは必ずタイムカードを切る。最寄り駅まで歩くのにかかる時間も、下り電車がやってくる時間も、把握している。
 だから腕時計を見ずとも、帰りの途上で今が何時なのか分かる。あの時間に会社を出たのだから、このドラッグストアの前を通るときは、九時二十五分を少し過ぎた頃だろう、といった具合だ。普段なら、帰宅中の現在時刻など、あまり気にしない。最寄りのスーパーの閉店時間? それは自炊を行う者だけが気にしていればいい。どうせ夜食は二十四時間営業のコンビニエンスストアで買うのだし。
 私が、寒風吹きすさぶ中、わざわざ足を止め、手袋とコートの隙間に埋まっていた腕時計を、そでをまくってまで見直したのは、繁華街に軒を並べているくだんのドラッグストアを通り過ぎたところで、少し意識に引っかかる看板を見かけたからだ。
 お食事処。
 どんぐり亭。
 午後九時から十時。
 左矢印。
 看板には、そう書いてある。矢印の先を見ると、民家と見まごうような、背の低い平屋の一軒家が、両隣のドラッグストアと雑居ビルに押しつぶされるような格好で建っている。入り口は木の引き戸のようで、幅が狭く、それがまた民家らしさを助長している。だがそんな見た目の情報はわりとどうでもいいことで、私の気を引いたのは、一時間しかない営業時間の短さと、常日頃から通勤路として使用していた経路にこのような店があったのかという、純粋な驚きの二つだったのだ。
 手首が冷たかった。
 腕が冷えることと引き換えに、腕時計は正確な時間を教えてくれた。九時二十七分。
 寒い。
 辺りには良い匂いがただよっている。
 肉じゃがに似ている。
 寒いな。
 二十七分なら、まだ大丈夫そうだ。
 大丈夫そうだって、なにが?
 寒さは思考を断片化させる。ぼんやりした自分自身に問いを投げかけて、ようやく私は、この良い匂いの出所と思われるどんぐり亭に入ろうとしているおのれを自覚した。
 引き戸には擦りガラスが入っており、中の、明るいだいだいの色味が強い光を透かし見せている。
 私は手袋も脱がずに戸を引き開けた。
 途端に、中からふきだした、むっとする熱気が顔に当たる。店の中は外観の通りに狭く、手前がカウンター席で、客は三人いて、私はほんの少し安堵して、後ろ手に戸を閉めた。
 カウンターの内側には店員が二人いた。あたたかな湯気の出どころは、しかしカウンターの中ではなかった。カウンターの奥にカーテンが引かれており、その向こうから、熱気はふきだしてくるようだ。火を扱うときは、奥の厨房に引っ込むのだろうか。一通り店内を見渡して、私の目は二人の店員のところに戻ってきた。
 そういえばいらっしゃいませの一言もかけられていない。
 そういう、店なのだろうか。
 そのとき、とんとん、という音がした。音はカウンター席の一番奥から聞こえてきた。客の一人が、指でカウンターを叩いていた。
「いらっしゃいませ」
「いらっしゃいませ」
 指が合図だったのだと言われても信じてしまいそうだった。突然、私のほうに向き直り、声をそろえて挨拶をしてきた店員に、少し辟易する。厭な店だと感じた。なぜこんな店に入ってしまったのだろう。
 あの、食事を。
「メニューはこちらになります」右の店員が言う。
 では、その。カレーライスを。
「かしこまりました」左の店員が言う。
 心にもないことを言ってしまった、と思った。カレーなど食べたくなかった。だが、早くこの店から出たかった。カレーならば作り置きをしているだろう、すぐに食事が出てくるだろう、という打算の結果の注文だった。
「カレーライス!」左の店員が、奥の厨房に声をかける。奥にも誰かがいるらしい。
 カウンター席の、空いている席は二つで、私は入り口に一番近い席を選んだ。
 他の客は、肉じゃがみたいなものを、たぶん肉じゃがなのだろうが、その肉じゃがをぼそぼそと口に運んでいた。ときおり、カウンターを指でとんとんと鳴らす客がいる。その意図は分からなかった。店員は、反応することもあれば、無視することもあった。しばらくすると、奥の厨房から、白い湯気がただよい出てきた。
 その間私はおとなしく待っていた。
 気づまりな空気の中、カレーが出来上がるのを待っていた。
 しゃべることもはばかられる、厭な気分だけが増してくる時間だった。
 そうこうしているうちに、いつの間にか、腕時計は九時五十五分を指していた。もう閉店時間も近いというのに、カウンターの中にいる二人の店員は、奥の厨房を急かす様子もなく、ただ突っ立っている。
 すでに他の客は、皆、出されていた皿を空にしていた。だというのに誰も帰らない。カウンター席に座ったまま、立ち上がらない。ただ、思い出したかのように、ときおり指でカウンターを叩くだけだ。
 あの。
 私がとうとう声を出したのは、いよいよ時計の針が九時五十九分を回ったときだった。
 もう帰ります。
 そう言って、席を立った。気は急いていたのに、足は痺れていた。痺れがおさまるのを、私は半ば焦りながら待った。
 ようやく動けるようになって、カウンターに背中を向けて、引き戸に手をかける。戸の隙間から冷気を感じる。外は寒いだろうが、そんなことはどうでもよかった。力を込めて戸を引くと、手ごたえが返ってきた。
 開かない。
 戸は開かなかった。
 腕時計の針は十時を回っていた。営業時間は終っていた。
 とんとん、と音がした。
 とんとん。
 とんとん。
 振り返ると、二人の店員が、三人の客が、皆が私を見ていた。皆がカウンターを指で叩いていた。
 とんとんとんとん。
 だんだんと音がそろってくる。同調するように、奥の厨房から漂い出ていた白い湯気の勢いが強まる。
 とんとんとんとん。
 間仕切りしているカーテンがゆらめいた。

『みんなの笑顔のために』 茶屋

投稿時刻 : 2014.02.08 18:48
総文字数 : 1598字
獲得☆3.875
 誰かの役に立ちたい。
 誰かのために何かがしたい、そう思って生きてきました。
 たぶん子供のころ見たアニメか特撮の影響だと思います。
 つまりは皆の笑顔を守るヒーローになりたかったんです。
 でもまあ所詮ヒーローになるなんてのは夢物語ですよね。
 だから、諦めました。諦めたといって全部が全部を諦めたわけじゃないんです。
 ヒーローにならなくてもいい。皆の笑顔じゃなくてもいい。
 目の前の、誰かの笑顔を守る。
 身近なところからやっていけばいい。
 けど、それが難しいんですよね。意外と。
 急な階段を上る老人を手伝ってあげようと荷物を持ってあげると泥棒と勘違いされたようで荷物の掴み合いになり、勢い余って老人が階段を転げ落ちて行ってしまったこともありました。すぐに老人を助け起こそうとしましたが、もう息がありません。
 また別の時には貯水槽の周りで遊んでいる子供がいたので注意することにしました。ちょっと声をかけるだけじゃ効き目がありませんので大きな声でしっかり怒ります。すると子供は驚いてしまったようで、その拍子に用水路の中に落ちてしまいました。
 はじめから大それたことをやるからいけないのです。もっと小さなことから始めなければいけなかったのです。
 街の掃除から始めてみました。空き缶やら何やらを拾って一か所に集めます。すると集めたところに自転車に乗った高校生が突っ込んできて、そのまま前のめりに車道に飛び出し、そこへ車がやってきました。
 またある時は、迷惑駐輪を整理しました。まあよくあることですが、自転車と自転車のあいだが狭いので、自転車にぶつかってドミノ倒しというのがあるわけです。それが倒れていった先にまあ、ね。
 そんなわけでやることなすこと裏目に出てばかり。一向に誰かの笑顔を守ることはできていません。
 そんな私にも転機が訪れました。
 ふと夜道を歩いていると、一人の少女が息を切らして走ってくるではありませんか。
 さらにその後ろから数人の男が後を追ってきます。
 少女は私を見た瞬間助けを求めるわけです。
 私はその瞬間、奮い立ちました。
 これこそ子供のころの夢。
 ヒーローになれる瞬間ではありませんか。
 私は体中に力が沸き立つのを感じました。
 もう相手が屈強な男だろうが、銃を持っていようが関係ありません。
 たちまちのうちに黒服の男たちを叩きのめすと、少女のほうを振り返ります。
 笑顔です。念願の笑顔です。純粋で、可憐で、優しさのこもった笑顔。
 いえ、どんな笑顔でも良かったというのが、間違いだったのです。
 守りたかったのは、この笑顔だったのだと、確信しました。
 このかけがえのない笑顔を守っていかなければならない。そう強く感じました。
 その後も、彼女を追うものたちは現われましたが、私は政府の人間だろうが軍の戦闘兵器だろうがどんな強敵が現われても負けませんでした。
 彼女の笑顔を守って見せる。
 たとえ、どんなことがあろうとも。
 まさにヒーローです。
 笑顔を守るヒーローになったのです。

 でも、彼女の笑顔を守ることはできませんでした。

 結局、誰の笑顔も守ることはできませんでした。
 みんな、みんな。
 死んでしまいました。
 誰も笑ってはくれません。
 私が守った彼女の笑顔。
 私が守った彼女自身が、すべての元凶でした。
 彼女はウイルスのキャリアーだったのです。彼女の体液に接触した人間は皆ゾンビになってしまい。ゾンビの体液に接触した人間は皆ゾンビになってしまいます。
 彼女は症状が出るのが遅かったようですが結局ゾンビになってしまいました。
 もう笑ってはくれません。
 皆、皆、ゾンビになってしまいました。
 もう誰も笑いません。
 生き残ったのは、何故かウイルスに耐性のあった私だけ。
 耐性といってもゾンビにならないだけで影響は受けています。
 今思えば銃弾で死ななかったのも、異様な力を発揮できたのもウイルスのせいなのでしょう。
 私一人だけが生き残り、誰も笑ってくれないこの世界で、
 私は、ゾンビを殺し続けています。