閉じる


<<最初から読む

12 / 20ページ

試し読みできます

おでん

20140317近況飯エッセイ

 

 朝食に卵かけごはんを食べる。

随分と体調が戻ってきたように思う。

 

 体調が戻ってきても、出来るだけあっさりと食べたかったので、

付け合せもあっさりと漬物だけにしておく。今が食べごろになっ

てきた、壬生菜の漬物を卵かけごはんの上に乗せて、ゆっくりと

しかししっかりと口の中に入れて咀嚼する。

 卵とご飯と漬物が一つとなって、朝からとてもいいごちそうを

食べたような気分になる。

 

 卵かけごはんを食べる度に、卵かけご飯専用の醤油を試してみ

たいという気持ちになる。しかしどうにももう一歩、踏み出せな

い。どうしても自分で買って食べようと思うことが出来ない。

 なぜだろう、多分あまり味の違いに期待していないからかもし

れない。普通の醤油で食べる時と、わざわざ注文して専門醤油を

通信販売で手に入れて食べた時の味の差が、あまりなかってもつ

まらないと思ってしまっているのかもしれない。

 そういえば、前にご飯食べ放題のお店で試してみたことがある

ような記憶もあるが、どうにもいまいち確信が持てない。はっき

りした味の記憶がなく、夢の中で食べた事を記憶してしまってい

るのかもしれない。

 もうさっさと手に入れて、食べてしまったほうが精神衛生上い

いのかなと思いました。

 

 夕食におでんを食べる。

そろそろ暖かくなってきて、おでんの似合う季節も過ぎていく頃

だなぁ。

 

 今日はとにかく暖かかった。

ずっと寒さが厳しくて、そのおかげで体調も崩してしまっていた

ので、温かくなってきたのはとてもありがたく思う。

春のこない冬はないと、体全体で実感した。

 一年中冬のような、南極や北極に近いところでは一体どういう

生活なのだろう。住んでみれば、そこはそこでいい暮らしなのか

もしれないが、体が慣れる前に壊れる可能性が高いような気がす

る。

 今いる場所で生きていけるように、毎日を大切にした方がいい

なと改めて思いました。

 

ーーーーー

 


12
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

ラーメン

20140318近況飯エッセイ

 

 朝食にラーメンを食べる。

ほぼ完全に体調が戻ったと、食べたくなるもので実感した。

 

 物が美味しく食べられるというのは、何と幸せなことだろうか。

朝からしっかりとラーメンをすすっていると、心の底からそう

思った。

 なにしろ、風邪全盛期の頃は、お茶漬けを食べるのも嫌だった

のだから、その時から比べると、なんとも元気になったものだと

思う。たかが風邪くらいでと思われるかもしれないけれど、普段

あまり体調を崩さないで過ごしていると、たまに崩した時に慣れ

ていないからかなりこたえるのだ。

 

 食べたラーメンは少し前から流行っている、生麺タイプのイン

スタントラーメン。初めての商品が出てから、後を追うように他

社からも続々と似たようなものが出て来た。

 あまり深くこだわることのない私としては、食べ比べてもそれ

程の違いを感じることが出来なくなってしまうくらい、どの商品

も良く出来ている。美味しい。

 このインスタントラーメンが出来てから、今までいい加減に商

売をしていたラーメン屋さんは、商売が苦しくなってしまったの

ではないだろうかと心配するくらいだ。しかしそこはインスタン

ト、上に載せる具材を自分で調達しなければならないので、面倒

くさがりな人は外で食べるだろう。

 

 今日食べた味は味噌味、正直な話インスタントラーメンの味噌

味はあまり味噌を感じないのだけれど、美味しいのは美味しい。

まあ、あまりにも味噌味噌していたら、味噌汁に麺を放り込んだ

ような感じになってしまうかもしれないので、ほんの少し味噌を

感じるくらいでいいのかもしれない。

 味噌味の麺はかなり太めだった、固めの麺が好きな私だけれど、

味噌味の時は気を付けて茹でておいてもらわないと、半分くらい

芯が残っていることもある。

 しっかりとした食感の太麺に、卵の半熟の黄身とスープがしっ

かりと絡みついて、朝の起き抜けの腑抜けた体に喝が入るような

美味しさ。

 

 ああ、ほんと、元気になれてよかった。

 

ーーーーー

 


13
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

キャベツの

20140320近況飯エッセイ

 

 朝食は今日も卵ご飯にする。

一度食べ始めるとやはりしばらく続いてしまうくらい、美味しい

一品。

 

 今日もいつも通り、卵かけご飯のベースに壬生菜の漬物を混ぜ

た。今日は更にもう一つ、新モノとラベルに書かれた大きめのか

なぎちりめんを付け加えてみた。

 ちりめんといってもかなり大きくなっていて、伸ばしたら3~4

センチ位の大きさのものだった。しかし大きくなっているからと

いって、骨が硬くて食べることが出来ないというものではない。

 

 ちりめんじゃこは、しっかりと乾いていたら歯ごたえもそれに

比例してしっかりとしてくるものが多い。今日のかなぎちりめん

は、大きさは大きいが殆ど乾燥されておらず、半乾きといった感

じのソフトな優しい仕上がりとなっていた。

 見た目はしっかりと魚であるのに、噛んだ歯ごたえはふわりと

していて柔らかい。ちりめんと表示はされているけれど、釜揚げ

しらすに近いくらいの柔らかさだった。一緒に入っていた壬生菜

の漬物の方が硬かったくらいだ。

 

 大きさが大きさなので、生臭さが気になるかなと思ったけれど、

それもなかった。多分水揚げされてから、すぐに処理されてある

のではないだろうか。新鮮なうちに処理してあると、生臭さが出

ないのだろうか。まあとにかく美味しかった。

 

 

 昼食にハンバーグを食べる。

いつ食べても美味しい一品だった。

 

 ハンバーグはいつ食べても美味しいのだが、付け合せのきゃべ

つは食べる場所によってはとても美味しいものとあまりよろしく

ない物の差が大きい。

 家で食べるキャベツの千切りは、大抵新しいうちに千切りにす

るからだろうか、瑞々しくて気持ちいい。問題は外食した時の

キャベツの千切りだ、大抵の千切りがどうにも乾いた感がある。

ひょっとすると、それぞれのテンポで千切りにしているのではな

く、野菜加工業者から千切りになったものを仕入れているのかも

しれない。

 そのような千切りが出てくるのは、そのようなお店でしか食事

をしていないからと言われると、ぐうの音も出ないのだが。しか

し、格安を歌っているわけでもない、普通のお食事処で食べても

とても可愛ている感が拭えない。まあ付け合せなのだから、仕方

が無いのかもしれないけれど。

 

 今日はキャベツの千切りを食べるのに一工夫した、いつもなら

マヨネーズかごまドレッシングだけで食べるのだけれど、今日は

少し粉チーズを振りかけてみた。

 これはなかなか美味しい。チーズの香りとコクが、ごまドレッ

シングと喧嘩することなくうまいことやっている。心配なのはカ

ロリーだけれど、あまり気にしていたら美味しくものは食べられ

ない。今日は美味しく食べる日とした。

 

 明日も美味しく食べる日にしたいけれど、たまには体に気をつ

けたほうがいいと思うので、少し控えようと思います。

 

ーーーーー

 


14
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

すき焼きだけでは

20140321近況飯エッセイ

 

 昼食にすき焼きを食べる。

すき焼き自体が久しぶりだったので、とても美味しかった。

 

 今日はお彼岸のお墓参り、家族が揃って皆でごちそうを食べる

日。昨日から何を食べようかと相談していたところ、あまり人数

が多くないので、ひとつの鍋ですき焼きをして食べようというこ

とになっていた。

 お墓参りを済ませて家に帰って、さっそくすき焼き開始。

たまにしか食べないので、今日は牛肉が用意されていた。しょっ

ちゅう食べるのならば、牛ではお金が持たないので鶏肉か豚肉に

なるところなのだが。

 しかし、牛肉だけではやはり量的に寂しくなってしまう。そこ

で鶏肉も半分混ぜてお肉成分のかさあげをしてあった。

牛も美味しいのだけれど、私の好みは本当は鶏肉。この肉の分量

はとても嬉しい。

 

 今日はすき焼きのタレが用意されていたので、味付けは実に簡

単だった。少し焼いたお肉に、すき焼きのタレを絡めて味付けを

し、その香ばしさが残っているうちに野菜類を入れて、お肉の出

汁で美味しく頂く。お肉の出汁が出ていたら、だいたいどんな具

材でも美味しく食べることが出来る。

 すき焼きのタレにもともと出汁が入っているので、そこにお肉

が加わることでより一層美味しくなる。今日用意されていたタレ

は、いつものメーカーのものよりも随分と甘さ控えめのものだっ

たので、少々物足りなさを感じてしまった。しかし、普段のメー

カーのものはこれまた甘さが強すぎて、最後の方には甘露煮のよ

うな味付けになりがち。

 なんというか、食品メーカーが共同で、共通の合わせ調味料の

甘さ規格基準があれば、好みに合わせて購入しやすいのではない

かと思ったのだが。しかし、よくよく考えたら、自分で砂糖を足

して甘みを調節すればいいだけの話だったのだが、食べている時

は食べることに夢中で、とりあえず幸せなのだからあまり気がつ

かないものなのかもしれない。

 食べなれない牛肉を食べられるとあって、かなり集中していた

のかもしれないなぁ。

 

 すき焼きだけではご飯分が少ないので、お寿司も用意された。

スーパーで買ったものなのだけれど、とても美味しかった。

 難を言えば、タコが生ダコだったところだろうか。イカは生の

方が美味しいのだけれど、タコはさっと火が通っていたほうが、

歯切れが良くて美味しいと私は思う。生のタコは、歯ざわりはク

ニュクニュとしていていいのだけれど、噛み切ることが困難で、

どうしても大きいまま食べきってしまうことになる。

カウンターのお寿司屋のタコを知らないのだが、いいお店のタコ

は生でも歯切れがいいのだろうか?

 

 美味しくごちそうを食べることが出来る事を、ご先祖様に感謝

しながら楽しく過ごすことが出来ました。

 

ーーーーー

 


15
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

生姜炒め

20140323近況飯エッセイ

 

 昼食に豚のしょうが焼きを食べる。

少し甘目の味付けが生姜の辛味を和らげていて美味しい一品だっ

た。

 

 今回食べた生姜炒めは、豚肉だけを炒めてあった。普段食べる

ものは、大抵もやしと一緒に炒めてあるか、そうでなくても何が

しかの野菜が一緒に炒められているものだった。

 豚肉ばかりの生姜炒めとは、何とも贅沢な感じがしてウホウホ

とご飯を進めていた。しかし、食べ進むうちに、どうにも豚肉の

色合いがいつものものとは違っているような気がしてきた。味も

いつも食べるものよりも旨味が強いような気がした、何か特別な

豚肉なのだろうか?

 

 だがしかし、特別な何処かのブランド豚のお肉を、それだけで

生姜炒めにして食べることが出来るほど、ブルジョアの金銭感覚

をしているはずのない私の家族。多分この特別な豚肉という線は、

無い。

 モヤモヤしながらも美味しく食べていたのだけれど、とうとう

我慢できずに聞いてみた。何の事はない、結構古くなった豚肉を

冷蔵庫の掃除としていっぺんに生姜炒めにしただけ、とのこと

だった。まあ、こんなところだろう。生姜を効かせたのは、

ひょっとすると殺菌の意味合いがあったのかもしれない。

 

 古くなった豚肉というとあまり聞こえがよくないが、食べて美

味しかったのはよく考えたら普通の事なのだろう。お肉は熟成を

きかせると、タンパク質が分解されてアミノ酸になり、それが旨

味として舌で感じるからより美味しい、と聞いたことがある。

また、肉は腐りかけが美味しい、などともよく聞く。

 冷蔵庫の中で低温熟成されて、危なくなる直前の熟成が効いた

ところを美味しくいただけたのかもしれないと思うと、すごく幸

運だったのかもしれない。

 

 だからといって、家でお肉を美味しく熟成するようにしている

と、その内お腹を壊すくらい放っておくような気がします。

美味しくものを食べるというのは、難しいところもありますね。

 

ーーーーー

 


16
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について