閉じる


<<最初から読む

4 / 20ページ

試し読みできます

おでんふたたび

20140304近況飯エッセイ

 

 朝食にお茶漬けを食べる。

未だに悪い体調でも美味しくいただけた。

 

 本当は今日も朝食は食べないでおこうと思ったのだけれど、あ

まりにも毎日朝食を食べずに過ごすのもいけなかろうと思って食

べることにした。

 冷蔵庫の中を覗いてみたが、イマイチな体調に優しそうな食べ

物は見つからず、無難にお茶漬けにしておくことに。丁度壬生菜

の漬物もいい具合だったので、お茶漬け海苔と合わせて食べた。

漬物とお茶漬け海苔の組み合わせは、とてもシンプルで地味だけ

れども、何よりも美味しいと思う。

 

 昼食に焼きそばを食べる。

まだ少々しんどいのではあったけれど、やはり食べずにいるとよ

り回復が遅れると思って、食べられるだけ食べた。

 

 食べられるだけと言っても、普段は焼きそばにご飯と味噌汁を

付けて食べるところを、ご飯抜きにしておいただけのこと。

焼きそばにご飯を合わせて食べることのない人たちからしたら、

十二分に食欲があるように思われるのかもしれない。

 しかし、焼きそばのおかわりもあったにもかかわらず、おかわ

りせずに、焼きそばにマヨネーズをかけることもなしに食事を終

えるというのは、私にとってはかなりの軽めな食事といえる。

こうして焼きそばだけで済ませてみると、普段いかに余分に食べ

ているかということがわかる。

 

 夕食におでんを食べる。

ひとくち食べたとき、体が戻ったことがわかった。

 

 昨日から食べ始めているおでんだが、今日は一味違っていた。

最初に口にした具材はちくわだったと思うが、口に入れて噛んだ

瞬間、ああ回復したんだなとはっきりわかるくらい美味しさが

違った。

 昨日食べていてもそれなりに美味しくはあったが、食べていて

もいまいち気分が良くならない。しっかり噛んでお腹に入れてい

くと、だんだん重く感じてしまっていた。

 けれど今日は、噛めば噛むほど美味しく感じることが出来て、

お腹に入れるともっと食べたいという気持ちが湧き上がる。

舌で感じる味も、二日目の味が染み込んだおでんであるという点

を差し引いても、とても鮮やかに旨さを感じた。

 食べれば食べるほど美味しく思えたのだが、ここで急にたくさ

ん食べると今度ははらわたをやられてしまいそうなので、少し我

慢して控えておいた。

 

 こうして体調を崩してみると、普段いかに美味しく物を食べて

いるのかということがよく分かりました。

 

ーーーーー

 


4
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

おでんふぁいなる

20140305近況飯エッセイ

 

 朝食に卵かけごはんを食べる。

食欲も戻ってきてとても快適な朝だった。

 

 トッピングには漬物を、壬生菜とタアサイの二種類があったの

で、両方入れる。どちらも美味しいのだが、元の草の質が違って

いて食感も味も随分変化があって楽しめる。

 食欲が戻ってきたので、今日は味噌汁も付けた。インスタント

の味噌汁のおかげで、自分一人だけ味噌汁が飲みたくなってもい

つでも飲めるのはありがたい。ただ、どうしても具が少なくて、

味噌汁をおかずとして食事がしたいときには少々不向きかなと思

う。

 

 インスタントの味噌汁に具を足そうとすると、後から飲む分の

乾燥具材を先に使ってしまうか、乾燥具材だけを買ってくるしか

無い。出来れば野菜が入った味噌汁がいいのだけれど、大抵売っ

てあるのは乾燥わかめと麸、野菜は乾燥したねぎくらいしか見つ

からない。もっと青菜の乾燥物が出まわってくれたらいいのに、

そうすれば野菜が不作の時でも手軽に食べることが出来、豊作の

時に沢山作り置きしておくことも出来ていいだろうになと思う。

 まあ、味噌汁はやはりお鍋で自分で作るのがいいということか

もしれません。

 

 夕食におでんを食べる。

味が染み込みきった、最終形態となっていた。

 

 この段階になって一番美味しいのは、やはり大根だろうか。煮

込みが早い段階の大根は、まだほろ苦さが残っているのだけれど、

今日のものはただひたすら出汁の旨味を吸い上げた美味しさ。

これなら大根が少し苦手な人でも、全く別のものとして食べるこ

とが出来るのではないだろうか。

 次はこんにゃく、もともとこんにゃく自体には殆ど味らしい味

がないので、こちらも出汁を吸い上げて素晴らしい味わい。

たっぷりの練り物から出た出汁が、こんにゃくをとても美味しく

染め上げている。

 

 本当は卵も欲しいところなのだが、前日に卵は食べきってし

まっていてもう無い。もう一つ残しておいて、もう一日我慢して

いれば、得も言われぬ美味しさを楽しめたのだろうか。

そう思って残しておいたら、多分家族が食べてしまっていたこと

だろう。大概そういうことになる。

 

 自分が美味しいと思うものは、ほかの人も美味しいと思う可能

性があるのだから、取り合いになるのは仕方が無い。

 しかし、誰かとおかずを取り合いながら食べるくらいのほうが、

食事は楽しいのかもしれませんね。

 

ーーーーー

 


5
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

皿うどん

20140306近況飯エッセイ

 

 夕食に皿うどんを食べる。

トロリとした餡が体を温めてくれる一品だった。

 

 入っていた具材は、

玉ねぎ

人参

ちくわ

ソーセージ。全体的に茶色っぽい仕上がりだったが、全く野菜が

入っていないよりはいい。

 私の好みから言えば、もう少し緑色の野菜、菜っ葉類をたくさ

ん入れて欲しいところなのだが、手にはいらないのなら仕方が無

い。

 

 パリパリとした細麺の揚げ麺に、トロリとした野菜たっぷりの

餡が絡んでとてもうまい。パリパリとした食感を楽しもうと思う

なら、かなり急いで食べなければいけないが、あまりに急いで食

べるのはもったいない。

 そこでゆっくりと食べてパリパリが無くなったとしても、楽し

めるように今日はご飯を添えた。体調が戻ってきて沢山食べるこ

とが出来るようになったからこそ、出来る食べ方だ。

 炭水化物に炭水化物、好みが違う人からすれば信じられない組

み合わせらしいけれど、この世の全てのおかずはご飯に合わせて

こそ意味がある、というくらいのつもりでいると、とても楽しく

炭水化物×炭水化物を食べることが出来る。

 

 食べている途中で少し口の中がまったりと鈍ってきた、そこで

少し味を引き締めるためにコショウを一振りする。

これはいい、コショウの香りと辛味で口の中がキリッと引き締

まった。

 コショウというのは随分と便利な香辛料だと思う、今日は中華

風味の料理に使ったけれど、和風洋風どんな料理に使っても味が

引き締まる。手軽にコショウが手に入る今の時代で、幸せだなと

思う。

 

 今日はコショウで味を変えてみたが、中華なら山椒で試してみ

ても美味しいのではないかと思う。一度試してみたいと思います。

 

ーーーーー

 


6
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

きんぴら

20140308近況飯エッセイ

 

 昼食にじゃがいもと人参のきんぴらを食べる。

野菜だけではなく豚肉の細切りも入った、ご飯に合うおかずだっ

た。

 

 きんぴらと呼んだけれど果たしてお肉が入っていてきんぴらと

呼んでいいのだろうか?まあいいか、他に呼び方が思いつかない。

甘辛い味付けでご飯がすすむ、はずなのだけれど、一旦回復して

いた体調がまた悪化しているので、おかわりが出来なかった。

 熱が出るわけではなく、ただひたすら喉の調子が悪い。たんが

たまって息をしていて気持ちが悪く、よく咳き込んでとてもつか

れる。かといって、寝込んでいるほど体全体が苦しいわけでもな

いので、仕事はなんとか無事前向いて進むのが不幸中の幸い。

 

 そうして疲れて愉しみの昼食に臨んだのに、あまり沢山食べる

ことが出来なかったのは本当に残念。美味しいおかずとご飯の組

み合わせで食事をする、これほど幸せな時間はないというのに。

 毎日体に悪いことをしているわけではないのに、2月中の寒さの

きつい時期に体が弱ってしまったのかもしれない。

 もう歳なのかな。

 

 早く体を治して、美味しく食事をしたいものです。

 

ーーーーー

 


7
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

クリームチーズの

20140309近況飯エッセイ

 

 おやつにチーズを食べる。

ちょっと甘目のデザートチーズだった。

 

 久しぶりに一人でスーパーに入って、頼まれたものを一通りか

ごに入れた後、仕事の疲れを取るための楽しみをウロウロと探す。

 そして目についたのがチーズだった、ラムレーズン入りのク

リームチーズ。甘いモノが好きな人向けと書いてあった通り、料

理に使うものとは違って完全におやつもしくはデザート向けの一

品だった。

 

 夕食を済ませて、お楽しみの時間。

アルミで包装された円盤状の六分の一の一切れを、皮むきテープ

を引っ張ってピリピリと剥いていく。とても親切にきれいに皮が

むけるように作られていて、アルミの皮に残るチーズの量もとて

も少なく綺麗にむけた。

 尖っている方から齧り付き、口の中でしっかりと味わう。殆ど

噛む必要が無いくらい、とても柔らかい食感。クリームチーズな

のだから柔らかいのはまああたりまえだが、普段はプロセスチー

ズのしっかりとした食感があたりまえだと思っているので、柔ら

かいクリームチーズの食感がとても新鮮だ。

 柔らかいが味わうためにしっかりと噛む、口の中に広がるチー

ズの香りとラムレーズンの香りと甘さ、その他のチーズと違って

殆ど塩味を感じることが無かった。デザート用と入っていた箱に

書かれていた通り、甘くて柔らかい正にデザートだった。

 

 スーパーをウロウロするのはとても楽しい、特に自分がほしい

と思ったものがチラシを見たわけでもないのに、お得な値段に

なっていたりするとより嬉しい。

 ただ難点なのは、ついつい余計なものを買ってしまうところ。

お財布には厳しい楽しみ、ここで買わずに我慢できるかどうかで、

家の家計を切り盛りできるかどうかが決まるのだろうなと思いま

した。

 

ーーーーー

 


8
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について