閉じる


<<最初から読む

1 / 20ページ

試し読みできます

20140301近況飯エッセイ

 

 昼食にお好み焼きを食べる。

久しぶりに外でお好み焼きを食べた。

 

 昨日、一つ無事にイベントを終わらせることが出来たので、自

分にお祝いとして何か食べに行くことにした。

 普段ならお好み焼きは出来るだけ家で食べるようにしているの

だが、普段家で食べるようにしているものを誰かにしてもらって

食べるという行為は、使うお金の割に贅沢な気分になれるのでは

ないだろうか。

 

 そんなわけで百貨店の中にあるお好み焼き屋さんに、ここは眼

の前で店員さんが焼いてくれるので、失敗がない。

以前食べに行っていたお店は、焼いてから持ってきてくれていた

のだが、もう今は無くなってしまった。焼いて持ってきてくれる

のも、目の前で焼いてもらうのもどちらも美味しいのだが、焼け

ていく過程が見えたほうが食欲がそそられる。

 ただ、目の前で焼くと、油はねの問題があるので難しい。汚し

たくない服で訪れると、少々困ったことになるのではないだろう

か。そう思いながらお好み焼きを見ていると、メニューの端っこ

に紙のエプロンと服を入れておく袋を貸してくれるとのこと。

やはり気にする人はよく気にするのだろう、私はあまり気にしな

いのでそのままでいた。気持ちの底からおしゃれには出来ていな

いように思う。

 

 今日注文したのは牡蠣モダン、今年の冬ははっきりと牡蠣を食

べたという記憶が無いので、ここで食べることにする。家でする

ときには大抵豚玉なので、家で作ることがないものにしておかな

ければ。

 牡蠣は美味しい、貝類の中でも特に味が強いのではないだろう

か。あまり上等の貝を食べているわけではないからわからないけ

れど、山の中で生きている私にはとても貴重で美味しい。

山の中で採れる貝、淡水産の貝類で一般的なものといえばしじみ

あたりだろうか。そのしじみが採れるような川もないので、貝類

とは縁遠い。牡蠣やあさりなどの美味しいものを食べる度に、こ

の時は海の側が羨ましく思ってしまう。

 

 家族の頼んだものは、豚肉とチーズが美味しいものだった。生

地の中にも卵は入っているのだが、仕上げにもう一つ卵を割って

あるので味がとても濃い。

 それにしてもチーズというのは何処にでも合うのだろうか、元

のお好み焼きの味を邪魔することなく、ソースの味に香りと味を

加えてしっかりと馴染んでいた。

 

 ここのお店の寂しいところは、ご飯が置いてないところ。お好

み焼きにご飯を合わせる美味しさを喜ぶ人にとっては、これは本

当に寂しいことではないだろうか。そういえば、ご飯と合わせて

頼むであろう味噌汁もメニューに入ってなかった。

 ご飯が無くて少し寂しい分、焼きそばを頼んで置いた。ネギと

マヨネーズが美味しいイカ焼きそば、味付けがマヨネーズメイン

なのでかなりこってりしている。少しソース味が少なかったのだ

が、追加で頼んだものなので薄味なのはちょうどよかったと思う。

 

 とても美味しい昼食でした。

 

ーーーーー

 


1
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

焼き鳥

20140302近況飯エッセイ

 

 昼食に焼き鳥を食べる。

甘辛いタレがご飯に合う一品だった。

 

 今日食べたものはスーパーで買ったもので、色々な種類のもの

が入ったパック詰めのものだった。

中身は、

ねぎま

もも

レバーの四種類。しかし残念なことに、入っている物が少し偏っ

ていたようで、私の口には皮は入らなかった。私一人で食べてい

るわけではないので、まあ仕方が無いが。

 

 スーパーで買う焼き鳥は、大抵タレで味付けされている。これ

はこれで美味しくていいのだけれど、たまには他の味付けの焼き

鳥もスーパーで扱ってほしい。私の住んでいるところが田舎のせ

いなのか、塩焼きの物は置かれることがない。

 多分作る上での手間も関係するのだろう、塩で味付けしようと

思えば、焼く段階でしっかりと気をつけていないといい塩梅に仕

上がらないからなのかもしれない。

その点タレならば、とりあえず食べる上で安全な段階まで火を通

しておいて、上からタレをかけてしまえばいいのだから。味の調

節はタレを別に作っている時にして、タレを大量に作っておけば

あとはかけるだけ。なのじゃないかなぁ。

 まあ、美味しければいいかとは思いました。

 

 夕食にちらし寿司を食べる。

そういえば明日はひな祭りだった。

 

 本当は明日に食べるのだろうけど、今日の作られている量から

見て2日かけて楽しもうという腹づもりのようだ。作る手間が少な

くて合理的、悪くは言わない。

 色とりどりの具材の中で、一際目立つのは炒り玉子。ご飯の白

と炒り玉子の黄色が、とても鮮やかな色の対比となって美しい。

もちろん味も良い、炒り玉子には味を付けてないのであっさりし

ているが、寿司飯にしっかりと味があるので卵の味は必要ないよ

うだ。

 

 味噌汁も作られていた、ひな祭りにははまぐりのお吸い物だっ

ただろうか?まあ懐具合から言って、はまぐりを入れてと頼むのも

気がひけるので、静かにしておく。

 入っていた具材は、

大根

人参

とうふと紅白で何だかおめでたい。これはこれでいいものだ。

 ちらし寿司に味噌汁、純和風な食卓にとても気持ちが落ち着い

た。

 

 これでまた一つ春に近づいた気がします。

 

ーーーーー

 


2
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

おでん

20140303近況飯エッセイ

 

 朝食は食べなかった。

ここ最近きちんと食べていないなぁ…。

 

 少し前から崩している体調が、未だに回復しない。風邪薬を飲

んで効いているうちはまだ動けるのだけれど、薬が切れてくると

だるさで参ってしまう。喉を中心として症状が出ているので、呼

吸がしづらくて辛い。早く治ってほしい。

 

 昼食に唐揚を食べる。

いつ食べても美味しい一品だった。

 

 お昼になると少しは体調がましになる、寝起きが一番きついな。

昼食時になると流石にお腹が空いてきた、朝から何も食べていな

かったのだからまあ当然とは思う。

 ようやく物を食べる気分になってきた時に、何とも食欲がそそ

るおかずが出された。唐揚げは美味しい、今日のようにかなり体

調が悪い時でも食べたくなる。

 しかし、どんなにたくさん食べたくても、やはり体がイマイチ

な時は沢山食べることが出来ない。普段ならば、唐揚がおかずな

らばご飯は三杯は軽くいくところだけれど、今日はおかわりをす

ることが出来なかった。

 

 夕食にちらし寿司を食べる。

昨日の残っていたものをおにぎりにしたものだった。

 

 一日たってもちらし寿司の美味しさは変わってなかった、ラッ

プで巻いてあったのだけれど、少しだけ乾いていた感があったが

大したことではない。

 きょうのメインはちらし寿司の残りではもちろんなく、おでん

だった。大好きな卵がたっぷりと入れられていて、見ただけでと

ても嬉しく思う。

 しかし、やはりまだ体が本調子ではないので、あまり食べるこ

とが出来なかった。ちらし寿司のおにぎりを食べて、5つくらいの

おでんの具を食べた所で食べることができなくなってしまった。

 

 美味しくものを食べることが出来るということが、いかに幸せ

なことであるか改めて思います。

 

ーーーーー

 


3
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

おでんふたたび

20140304近況飯エッセイ

 

 朝食にお茶漬けを食べる。

未だに悪い体調でも美味しくいただけた。

 

 本当は今日も朝食は食べないでおこうと思ったのだけれど、あ

まりにも毎日朝食を食べずに過ごすのもいけなかろうと思って食

べることにした。

 冷蔵庫の中を覗いてみたが、イマイチな体調に優しそうな食べ

物は見つからず、無難にお茶漬けにしておくことに。丁度壬生菜

の漬物もいい具合だったので、お茶漬け海苔と合わせて食べた。

漬物とお茶漬け海苔の組み合わせは、とてもシンプルで地味だけ

れども、何よりも美味しいと思う。

 

 昼食に焼きそばを食べる。

まだ少々しんどいのではあったけれど、やはり食べずにいるとよ

り回復が遅れると思って、食べられるだけ食べた。

 

 食べられるだけと言っても、普段は焼きそばにご飯と味噌汁を

付けて食べるところを、ご飯抜きにしておいただけのこと。

焼きそばにご飯を合わせて食べることのない人たちからしたら、

十二分に食欲があるように思われるのかもしれない。

 しかし、焼きそばのおかわりもあったにもかかわらず、おかわ

りせずに、焼きそばにマヨネーズをかけることもなしに食事を終

えるというのは、私にとってはかなりの軽めな食事といえる。

こうして焼きそばだけで済ませてみると、普段いかに余分に食べ

ているかということがわかる。

 

 夕食におでんを食べる。

ひとくち食べたとき、体が戻ったことがわかった。

 

 昨日から食べ始めているおでんだが、今日は一味違っていた。

最初に口にした具材はちくわだったと思うが、口に入れて噛んだ

瞬間、ああ回復したんだなとはっきりわかるくらい美味しさが

違った。

 昨日食べていてもそれなりに美味しくはあったが、食べていて

もいまいち気分が良くならない。しっかり噛んでお腹に入れてい

くと、だんだん重く感じてしまっていた。

 けれど今日は、噛めば噛むほど美味しく感じることが出来て、

お腹に入れるともっと食べたいという気持ちが湧き上がる。

舌で感じる味も、二日目の味が染み込んだおでんであるという点

を差し引いても、とても鮮やかに旨さを感じた。

 食べれば食べるほど美味しく思えたのだが、ここで急にたくさ

ん食べると今度ははらわたをやられてしまいそうなので、少し我

慢して控えておいた。

 

 こうして体調を崩してみると、普段いかに美味しく物を食べて

いるのかということがよく分かりました。

 

ーーーーー

 


4
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17

試し読みできます

おでんふぁいなる

20140305近況飯エッセイ

 

 朝食に卵かけごはんを食べる。

食欲も戻ってきてとても快適な朝だった。

 

 トッピングには漬物を、壬生菜とタアサイの二種類があったの

で、両方入れる。どちらも美味しいのだが、元の草の質が違って

いて食感も味も随分変化があって楽しめる。

 食欲が戻ってきたので、今日は味噌汁も付けた。インスタント

の味噌汁のおかげで、自分一人だけ味噌汁が飲みたくなってもい

つでも飲めるのはありがたい。ただ、どうしても具が少なくて、

味噌汁をおかずとして食事がしたいときには少々不向きかなと思

う。

 

 インスタントの味噌汁に具を足そうとすると、後から飲む分の

乾燥具材を先に使ってしまうか、乾燥具材だけを買ってくるしか

無い。出来れば野菜が入った味噌汁がいいのだけれど、大抵売っ

てあるのは乾燥わかめと麸、野菜は乾燥したねぎくらいしか見つ

からない。もっと青菜の乾燥物が出まわってくれたらいいのに、

そうすれば野菜が不作の時でも手軽に食べることが出来、豊作の

時に沢山作り置きしておくことも出来ていいだろうになと思う。

 まあ、味噌汁はやはりお鍋で自分で作るのがいいということか

もしれません。

 

 夕食におでんを食べる。

味が染み込みきった、最終形態となっていた。

 

 この段階になって一番美味しいのは、やはり大根だろうか。煮

込みが早い段階の大根は、まだほろ苦さが残っているのだけれど、

今日のものはただひたすら出汁の旨味を吸い上げた美味しさ。

これなら大根が少し苦手な人でも、全く別のものとして食べるこ

とが出来るのではないだろうか。

 次はこんにゃく、もともとこんにゃく自体には殆ど味らしい味

がないので、こちらも出汁を吸い上げて素晴らしい味わい。

たっぷりの練り物から出た出汁が、こんにゃくをとても美味しく

染め上げている。

 

 本当は卵も欲しいところなのだが、前日に卵は食べきってし

まっていてもう無い。もう一つ残しておいて、もう一日我慢して

いれば、得も言われぬ美味しさを楽しめたのだろうか。

そう思って残しておいたら、多分家族が食べてしまっていたこと

だろう。大概そういうことになる。

 

 自分が美味しいと思うものは、ほかの人も美味しいと思う可能

性があるのだから、取り合いになるのは仕方が無い。

 しかし、誰かとおかずを取り合いながら食べるくらいのほうが、

食事は楽しいのかもしれませんね。

 

ーーーーー

 


5
最終更新日 : 2016-06-25 17:33:17


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について