twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 写真 , ライフスタイル 作者 真下魚名
価格 無料
タグ 京都東山カメラ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

19 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 36ページ (Web閲覧)
39ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
雪の京都東山、先週の続きです。哲学の道あたり。

コメント一覧

哲学の道は、観光ガイドには必ず出てきそうですね。もちろん桜の季節には、人で溢れかえるでしょう。敢えてお店の名前は伏せといたんですが(笑)あのお店も休日には行列になるみたいなことが書いてありました。京都をゆったりとした気分で味わう方法があります。それは、朝6時から8時までの間に出歩くこと。お寺はたいてい9時開門。飲食店は11時以降というところが多いので、その時間までは観光客はホテルか電車にいます。ん、そこまでしたく無い。、、、ですよねー。
真下魚名 : 2014-03-06 20:08:02

もう、全部が美し過ぎます。3…わ~~!!!(@_@) 8…枝に雪が積もって「雪、満開」って感じですね。きれい♪この道も歩いてみたいけど、ハイシーズンはこんな風情はないかな?(p_-) 12…波紋と一緒に写っててきれいですね。16…あー!この看板。「よーじや」ですね?カフェもあるんだ?いいなぁ(-_-) 34…蝋梅!ロウバイ♪♪ 31…真下さん、やっぱり遭難しなくてよかったです~(>_<)!
kopanda : 2014-03-06 00:23:41

facebook コメント一覧