閉じる


<<最初から読む

197 / 202ページ

196

「ジュナン、待ってくれ」
椅子に手をついて振り向くと、カフェテリアにいつの間にかリードと玲音がいた。
「ジュナン、今日で退院しちゃうんだね。僕・・・僕・・・」玲音は下を向いて悲しそうに言った。
「ずっと謝りたかったの。ごめんね。『人殺し』なんて最低だよね。ごめんね、ごめんね・・・」
涙が次々と溢れだしてきて、止まらない。僕は慰めようとしたが、
「もういいんだ。俺はこいつを守るよ。いつまでいるかわからないけど、俺がいる限り、
俺はこいつを守る」リードの具合は、初めて会った頃より大分良くなっていた。クスリが
効きはじめたのだろう。「話してみりゃ、かわいい奴じゃん。でもひとつだけ、不安がある」

リードはジュナンの耳のそばで、小声で言った。
「お前がいなくなったら、ここに普通に会話できる奴がいなくなるんだよ。これから
どうして暮らしていけばいい」リードの目が、また曇りはじめていた。
「どうしてって・・・」
そのとき看守が来て、作り笑顔(僕にはそう見えた)で言った。「ジュナンさん、お迎え
が来てますよ」


197

(ちっ、思ったより早くお迎えが来たな・・・)僕は思った。(10時だと聞いていたのに)
時計を見る。9時46分。僕は病棟の方に走って行った。
重い三つのバッグと洗面器、コップを抱え廊下を通る僕。「ジュナン、ジュナン・・・!」
カフェテリアの方から声がする。
「さよなら・・・」

久しぶりに病棟の重い扉の鍵が開き、僕は外に出た。重い三つのバッグと洗面器とコップを
抱えて、いい意味で途方に暮れる。これが、外の世界。外の空気・・・!
そのとき、「ミャア、ミャーア」と懐かしい鳴き声がした。しまぞう。
しまぞうとももうさよならだ。
僕は重い荷物を下に降ろして、しまぞうを抱き上げた。
「ん?お前、少し大きくなったんじゃないか」解放で会ったときは、もう少し小さめの
猫だったような・・・?
「大きくなった。よかったな、しまぞう。僕にも身長わけてくれよ。
僕は発育不良なんだよ」
しまぞうは「フギャア」と変わった鳴き方をして、僕の顔をひっかいた。
「いてっ」
しまぞう、お前もか・・・!

しまぞうを逃がしたら、しまぞうは駐車場の車の下に入っていってしまった。
そのとき、通路を歩いてきたモコモコのパーカを着た、懐かしい女性。


198

はやみん。
少し具合がよくなったのか、髪はどこまでも美しく繊細で、メイクなどしていなくても、
十分に美しい格好をしていた。
僕は気付かないふりをして、あえて目をあわせず、荷物を抱え歩き出した。
「ジュナン、待って」
「・・・何だ」
「あたしも連れていって。君と一緒にいたいの。君の世界へ連れていって」
僕は少し泣きそうになって、耐えた。そして首を振った。「できないんだ。どうしても」
「なぜ!?」はやみんは抱えていたコップを落とした。
「君はあたしの事が好きなんでしょう?」
「それでもできないんだ。僕には、・・・僕には、別に恋人がいるから」
はやみんはとても苦く、辛そうな表情をした。「別に恋人さんがいたんだね。
じゃあ、あのキスは何だったの?」
はやみんの、歌声にも似た甘い声が、かすれている。
「ここでお別れだ、もう最後だよって言いたかったんだ。あれは。
誤解を与えてしまってたらごめんね」

「そうか・・・」はやみんは通路を少し走って、こっちを向いて、大声で叫んだ。
「大っ嫌い。あんたなんか大っっ嫌い!!!」
僕は耳を塞いで、でも耳を塞ぐと荷物が持てない事に気付き、荷物を持って
早足で歩いた。
わずか数週間の悲恋。
ベイビー、グッバイ。


199

僕が受付まで行こうとすると、その途中に僕が解放のとき暮らしていた部屋が見えた。3階の左から
2番目の部屋。どの部屋か確かめようと思って、目立つ衣類を吊るして外を散歩したから
知っている。懐かしいなあ。
と思っていたら、駐車場に銀色の車が入ってきた。母さんの車か。そう思った。
いやそれは、まぎれもなく母さんの車だった。
しかし、窓から見える女性。少し母さんと違うような気がする。

窓を開けて出てきたのは、異国風にかたく編まれた髪、カラシ色の長いスカートを
風になびかせた、姉さん・・・
「・・・」僕には言葉がなかった。僕の言いたかった事が、一気に涙となって溢れ出した。
姉さんはあの雷の日、見たのと同じ髪型、同じ服装をしていた。
あれはやはり、姉さんだったのだ。

何も言えず涙にくれる僕を優しく包む姉さん。
「連絡がとれなくなってて、心配かけたわね。でもあんたが退院するっていうから、
なんとか帰国してきたのよ。明後日またフィリピンに帰るわ。だからそれまで・・・」
僕は自分より少し背の高い姉さんの胸の中で眠りに落ちた。重い荷物、病院での
気苦労・・・何もかもが僕を疲れさせてしまっていた。

 


200

僕が目をこすって目覚めると、見えるのはカビだらけの天井。
ここは家だ。僕は確信した。
しかし病院にいたのは何だったのだろう?夢か?幻か?

母さんがケーキを買ってきてくれて、僕の退院祝い・誕生日パーティーが始まった。
父さんがマッチでロウソクに火をつけて、電気が消される。
僕はそれを一気に吹き消した。拍手がまき起こった。
久しぶりの家族の賑わい。こんな事も忘れていたな。
「おたんじょうびおめでとうジュナンくん」と書かれたチョコのプレート。
僕が当たり前だと思っていた生活がここに、すぐ目の前にある。
心が痛いほど、優しい日常。
僕は病院に入るまで、なんて幸せな生活をしてきたんだろう。
もっと日常に感謝すればよかった。
「お誕生日おめでとう!!」みんなが言った。
「そして退院おめでとう!!」クラッカーの糸が飛び交い、僕の涙を染め上げた。
これで、僕も24歳。

あとでリビングで姉さんと二人だけになった時、僕はあの事を尋ねてみた。
ある雷の日、第一病棟前の窓のところにいたかどうかという事。
「そんなわけないじゃん。私はその頃フィリピンにいたわ。帰ってきたのだって、まだ3
日前よ」
「じゃあ、僕が見たのは幻だったのか?迎えにきてくれたときの服装、本当にそのまま
だったんだ・・・」
「わからないわね。そういう事もあるのかしら。あんまりあんたが会いたがってたから、
神様が今の姿を見せてくれたのかもね」姉さんは笑った。


最後になりましたが、登場人物のモデルとなって下さった皆様、支えてくださった家族に
心から感謝します。 すとりーと


姉さんがフィリピンへ出発する日の朝、僕は思い切り姉さんを空港で抱きしめた。
人目とか何も気にしなかった。これが僕のやり方だ。
大切な人に大切な事を伝えたい時、あなたなら何をしますか?

 

 



読者登録

あめのこやみ(おけちよ)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について