閉じる


<<最初から読む

45 / 202ページ

44

アゲハ、アゲハ、・・・アゲハって誰だったっけ?どんな人?
それすら、知らなかったような気がする。
僕は、壊してしまったのか、よく知らない女の子を・・・


エアコンはときどき、喋る。遠すぎるラジオのように小声で喋るので、
気になって仕方がない。もっとも大声で喋られても困るが。
今日は休ませてくれるのかと思ったら、運動会の総練習があるようだ。
ああ死にたいな。輪廻なんて信じたくもない。

「こんにちは・・・」僕が明らかに沈んだ声と顔で言った。
「こんにちは、どうしたの」男の医療スタッフが優しそうに言った。
「運動会の総練習、全員が出なきゃいけないんですよね・・・」

 


45

「ええと、待ってよ」医療スタッフが紙を見た。「君は出なくていいよ。午後から
別のプログラムに参加してもらうから、疲れちゃうでしょ」
「もう十分疲れてますよ。ええと・・・何言うか忘れました」
スタッフはふふっと笑った。「思い出したら言って」
部屋に肩を落として帰った。帰ってもまだ思い出せないのが辛かった。
午前中は思い切り寝てやろう。

自販機で、カルピスソーダを買って飲んだ。僕は炭酸は苦手だったが、
自販機に並んでいると挑戦したくもなるものだ。
部屋のポンコツのエアコンがあまりに静かにしてくれないのがいまいましくて、
おかしくなりそうだ。もうおかしい奴の言う事じゃないけどな。


46

タイラーと久しぶりに廊下でばったり会い、話をした。前回話した時が
もう遠い昔のように思えた。
「ここに来て一週間位は、独房に入れられた。何をしてんだろうなと思ったよ。
他の人は働いて、自動車乗り回してさ、世間の役に立ってんのに。自分は
何をしてるんだろうなって」
僕は言った。「ここに来る奴はみんなそう思ってるさ」
タイラーが遠い目をして言った。「ああ」

二人でカフェテリアに入り、無表情で席についた。
タイラーほど穏やかな奴が、独房に入るなんて一体何をやらかしたのだろう
と思ったが、尋かなかった。
タイラーは珍しくその夜は饒舌だった。「家族なんて、姉がときどき面会に来るだけでさ、
父さんも母さんも死んじまった。運命を呪ったこともあるけど、今はもういいよ、って
思えるようになった。僕は始めから、天に見捨てられた存在だったんだよ。天に
見捨てられたから、生まれてきたのさ」
僕は頬杖をついて言った。「僕も20年後はそんな感じだろ」
タイラーが少し涙目になった。「とりあえず、ろれつが回らないのがイラッとくるよ。
死にたい。窓を破って飛び降りたくなるよ。そっちの方向に引っ張られる。
ジュナンは?」
「僕も、無性に死にたくなる」僕らの意見は一致した。

 

 


47

アゲハについては、何の痛みも感じない。感覚が麻痺している。
現実感がなくて、自分の事じゃない感じ。空も、木も、街も、
みんな寝ている。そんな気がする。

10時になったので、売店にプリンを買いに行った。買った事で満足して
しまって、食べながらぼんやりしていたら、あっという間に食べ終わってしまった。
美味しいかどうかもわからなかった。

ここの食事は、食欲を失くしている僕にとっては、少し多い。無理矢理食べたら、
胃が久しぶりに食べ物を受けつけて、悲鳴をあげている。クスリを胃に流し入れるのに、
やっとだった。
「グゥ」と胃が鳴る。僕に生きる気などまるで無くても、胃は生きようとしているのだろう。
その必死の抵抗を、僕は曇りガラスの向こうから眺めている。
偉いなあ、胃は。僕の脳ミソの何て腐っている事だろう!


48

きららから返事が来た。面会に来た母が渡してくれた。ハサミがなかったので、
そっと破った。

『そっか・・・入院していたのね。ケータイがつながらなくて、もしかして、
とは思ってたけど・・・
ジュナンのことだから、元気じゃないだろうけど、どうしてる?
心配だよ。』

『ジュナン・・・アゲハはどうしてる?彼女、鬱で最近ひどいってきいてたから、
入院したってきいたら、あっ、ジュナンと会ってるかもしれないなって。違う病院だったら
ごめんなさい。
同じ病院だったら、仲良くしてあげてる?あの子、ジュナンの事大学の頃から
ずっと好きだったんだよ・・・でもジュナンには私がいたから、ずっと耐えてたの。
だからどうなったのかすごく心配で・・・
結構前から鬱で、でも人前では笑ってて、無理して、つらかっただろうな。
ジュナンも今苦しいだろうから、わかってあげて。』

『アゲハの話ばかりして悪いわね。ジュナンのことはもっとずっと、心配してる。
私の名前、かわいいって言ってくれた、最初の人だもの。
いつも仕事帰りに夜空を見て、ジュナンといた大学の頃のこと考えてる。
ベッドにもぐって泣くこともあるけど、大丈夫だよ。
虚ろな目・・・そうだよね。でも覚えてるよ私、ジュナンと出会ったときの、あの目・・・
空より綺麗なものがあるなんて知らなかったんだ。
大丈夫、辛いのは今だけよ。虚ろな目をしてる人たちだって、一生そうじゃないでしょう?』

 



読者登録

あめのこやみ(おけちよ)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について