閉じる


試し読みできます

もくじ

●まえがき

 

●リファカラットの使い方①

 

●リファカラットの使い方②

 

●リファカラットの使い方③ 服の上からでも効果がある

 

●あとがき


試し読みできます

まえがき

【リファカラットを使えば3分で柔軟アップ】

 

健康増進のため、スポーツ向上のために柔軟アップは欠かせない。

だが、いくら頑張って挑んでもなかなか軟らかくならない人も多いのが実情。

無理に柔軟運動をすることで返って身体を痛めてしまう事も珍しくない。

 

そんな人達のためにリファカラットを使えば簡単に軟らかくなる事を見つけ出し、この電子書籍でノウハウを書き記す。

既に、リファカラットは数百万台販売されているとかで、所持されている人も多い。

美容だけに使うのではなく健康アップ、スポーツ能力アップにも使う方が効率的である。

 

【LTF療法はいくつもの柔軟アップ方法がある】

LTF療法のLはレッグの脚、Tはトーの足指、Fはフィンガーの手指。

これらを揉んだり、巻いたりして健康に導く療法。

最近は体幹や股関節の大切さも健康やスポーツにとても大切である事もアピールしている。

 

脚を揉んで軟らかくすることで柔軟アップのが出来る。

●足指を揉んで軟らかくすることでも柔軟アップが出来る。

●体幹などにアルティメットチューブを巻き、筋トレなどをすることでも柔軟アップが出来る。

●そして今回のリファカラットで撫でるだけで柔軟アップする事が出来る。

 

【老化は硬化から始まる】

 人は老いてくると、いつし身体が硬くなってしまっている。もう軟らかくはならないのでは?と諦めてしまっている人も多いかと思う。

そんなことは無いのである。リファカラットで3分撫ぜるだけで、身体が軟らかく変身する。

何故、身体が硬くなるのだろうか?

それは血流が悪くなり、冷える、筋肉が硬くなる、関節が硬くなるなどの影響である。

血流が悪くなる原因は筋肉が小さくなり、筋肉を流れる血液量が減り、それらの症状が起きてくる。

根本的には筋肉量を増やしてやる事が肝要なんだが、なかなか増やす事が難しいのも老齢化の所為かもしれないが。

とりあえず、血流を促してやり、冷えを和らげ、筋肉を軟らかくして伸縮の良い状態にしてあげ、筋肉のポンプ作用を十分に引き出してあげ、各関節の血流も促し稼働域を広げてやることで、硬化からの脱却が出来る。

リファカラットで撫ぜると筋肉が軟らかくなると同時に血流アップも計れる。

それで柔軟アップを達成できるのである。

 

【スポーツ向上、怪我防止には柔軟性は不可欠】

スポーツをする前には誰もが準備運動をして、身体を暖め筋肉や関節を軟らかくして動きやすい身体にしてから取り組んで行く。

怪我をしないため、身体能力を最大限に出すために、準備運動や柔軟運動は欠かせないのである。

柔軟性が乏しいためにスポーツが上手にならない子供達も沢山いる。

また、柔軟性がないために怪我に苦しんでいる若者たちも沢山見て来た。

柔軟性をアップするには多大な時間と労力が必要だと思いこんでしまっている人も多いのは否めない。

だが、リファカラットで撫ぜるだけで、直ぐに柔軟アップしてしまう。

怪我の多い選手、能力が伸びない選手にも是非お勧めしたい方法である。

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格3,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について