閉じる


<<最初から読む

26 / 45ページ

 

境内に入って、本堂に進む道すがら、こういう窓が作られています。

両側には障子が設けてあって、それを狭めると掛け軸のように見立てることもできる。

 

上のショットは、かなり粘って極力人を入れない構図にしてみました。

 

実際はこんなかんじです↓


 

国宝の東求堂。

 

、、、国宝だらけですけどね、京都って。


 

遠景。

年に1度、あるかないかの雪景色ですから、今日遠方からお見えになった方々は

ラッキーだと思います。修学旅行生も多かった。

 

左のおじさんは、松に積もった雪を落としています。

見る方からすれば悪魔の所業ですけど、

放置すると折れるんでしょうね、枝が。

 



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について