閉じる


<<最初から読む

15 / 45ページ

 

砂の模様のままに積もるんですねえ。


 

借景になっている東山も、すっかり雪の中です。

ちょと、長谷川等伯なんかを思いますね。


 

こちらの松葉は先程のより長い種類のようです。

が、細くて繊細で、山に自生しているような

爪楊枝のように葉の太い松とは種類が違うんだろうな。



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について