閉じる


<<最初から読む

9 / 45ページ

 

山門が見えてきました。

水墨画のような、枯れた風情にみえますが、

ここまでの道のりは、どっかのテーマパークにでも来たような有り様です。

 

以前来た時は、そんなでは無かったのですが。


 

見てるだけで、お腹が痛くなりそう。

可愛いを通り越して、不気味に見えてきました。


 

「蒲鉾」

いやいや、違う違う。

「一六タルト」

それも違うって。


 

「銀閣寺」という寺ではなくて「東山慈照寺」

 

ついでですが「金閣寺」ではなくて「鹿苑寺」

 

でも、京都も「京」ではなくて京都ですから、「銀閣寺」でいいのでしょう。


 

この両側は椿です。

残念ながら咲いている時に来たことはありません。

 



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について