twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 雑誌 作者 スーパーどん底タイム
価格 無料
タグ 神聖かまってちゃんサムライフラメンコキックアス正義ロックバンド安丸良夫
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

4 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 22ページ (Web閲覧)
25ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
《視聴者が悪に魅了される理由/キックアス/日本とアメリカで決定的に違うヒーロー/ロックバンドは正義か悪か/》


本文抜文
【「覚悟のないくせにヒーロー面するな」と言われたヒーロー活動をしていた女性。彼女のメンタリティこそがロックバンドの本質だと思う。真っ当に正義を行使するならレスキュー隊でも介護職でもしているはずだ。世界を変革させるため悪を行使するならオウム真理教やテロリストのようにテロ活動に勤しむはずである。ロックバンドはそのどちらにも振り切らない。振り切るなら音楽という選択肢はないからだ。ではロックバンドはなんなのか】



語って欲しいバンドを語ってくれない音楽雑誌やライターに我々、は反旗をひるがえそう!
これは、神聖かまってちゃん評である。そ、ニートの。。。
音楽の文脈を知っている音楽ライターが書かないから、
20代のks底辺が違った角度から「神聖かまってちゃん」評を紹介します。
今回は、サムライフラメンコと正義・悪を軸に、神聖かまってちゃんについて語っていきます。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧