twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格400円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 , 雑誌 作者 編集:総合社会福祉研究所
価格 400円(税込)
タグ 韓国反貧困運動呉英蘭国民基礎生活保障法地域自活センター社会的企業保育コール韓国のスクールソーシャルワーカー社会福祉連帯釜山における福祉のまちづくり運動韓国障害者自立協会子ども・子育て支援新制度と民間保育所
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 87ページ (Web閲覧)
88ページ (PDF)
試し読み:10ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 総合社会福祉研究所は2014年1月11日(土)~13日(月)に、第18回合宿研究会を韓国・釜山で開催しました。

 韓国では、1977年のIMF通貨危機以降、新自由主義的傾向が強まり、労働者間の競争が激化し、非正規労働者が増大しています。リストラ、貧困問題が深刻化、所得格差が拡大して、自殺者も突出して増えています。

 深刻な貧困問題の発生に対し、幅広い団体・市民が連帯した国民的な運動の広がりによって、1999年に国民のセーフティネットとなる国民基礎生活保障法(以下、基礎法)が成立しました。

 基礎法は、それ以前の生活保護制度が稼働能力者を排除してきたのとは異なり、就労支援事業(自活事業)への参加を義務づけるものの、稼働能力がある人も給付の対象としました。

 また、1970年代以降、宗教者や社会運動家による生産共同体運動が盛んとなり、2007年に社会的企業育成法が、2012年に協同組合基本法がスタートし、仕事づくりを後押しし、貧困対策やひきこもり支援、青少年支援などを行う組織が増えています。

 貧困率、自殺率が高く、若者の就業率、出生率が低いなど、韓国と日本との共通項が多く、学び合うことができます。
 そこで、合宿研究会の講演「韓国における貧困状況と反貧困運動」、シンポジウム(自活事業、女性の貧困、スクールソーシャルワーカー、まちづくり)、現地視察(障害者社会的企業)の報告を紹介します。
 
 生活保護法改悪、生活困窮者自立支援法が本格実施されようとしている日本の現状・課題に重ねてぜひお読み下さい。

この本には試し読みが 10 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

もっとみる