twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 写真 , ライフスタイル 作者 真下魚名
価格 無料
タグ 京都路地散歩
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

20 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 49ページ (Web閲覧)
59ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
京都路地カメラ散歩。四条烏丸から南に向かって下ります。どっちかっていうと観光客が歩く場所ではない。

コメント一覧

子供の頃に見たときは、なんて古くさいデザインだと思い、つるつるピカピカの大きなガラスに憧れたものですけど、今となってはつるつるのガラスは何の特徴も無い、無愛想なガラスに見えます。人間てそんなものですね。鍾馗さんは、ちょっと古いお宅の屋根には必ず居てはるんですが、たまに鍾馗さんじゃなさそうなのも居られて、それも楽しみです。
真下魚名 : 2014-02-21 00:38:52

今回の路地もおもしろかったな~(*^_^*) 昔のガラスっていいですね♪ 4。入っていきた~い!でも入っていくのがこわ~い!(笑) どのお家にも鍾馗様が乗っかっているのかなぁ。 サイズやデザインもまちまちで…いろんなバージョンがありそうですね。面白いなぁ。 道真の歌が詠まれた場所?ビックリ!でした!(@_@)!じゃあ、ここの梅が飛んで行っちゃったのかなぁ?^^;
kopanda : 2014-02-20 21:08:26

facebook コメント一覧