twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格99円(税込)
カテゴリー コミック ギャグ , 歴史・時代 作者 浜田ぢゅんいち
価格 99円(税込)
タグ 落語らくご古典落語小咄コメディギャグ歴史伝統芸能名作古典コミカライズ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 28ページ (Web閲覧)
29ページ (PDF)
試し読み:4ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
誰もが知っている名作古典落語をコミック化!!

原作忠実。
名作落語のエッセンスそのままに、
シンプルで楽しく・読みやすい[落語まんが]シリーズの登場です。

有名古典落語の名作噺ばかりをラインナップ。

落語ファンはもちろん、
「日本人の大衆娯楽の原点・落語」の入門に最適。
お子様から大人までお楽しみいただけます。


…大入りのお運びにつき、もう一席アンコール!!


☆収録作品紹介
「長屋の花見」
 貧乏長屋の貧乏者たちに、突然大家から呼び出しが。
 店賃の催促かと思いきや、貧乏長屋の貧乏を晴らすため
 貧乏者で寄ってたかって貧乏花見をしようという話に…?
 酒のつもりでお茶を飲み、卵焼きのつもりでたくあんを
…。
 貧乏すら楽しむ、江戸っ子たちの心豊かなイマジネーションを
 たっぷり描いた名作古典落語を完全漫画化。

「文七元結」
 江戸っ子の左官・長兵衛は腕はいいが借金まみれ。
 しかし大晦日の晩、吉原に預けた娘のために作った
 大金・五十両を身投げしようとした名も知らぬ男に…?
 親と子・夫婦の縁。そして何より江戸っ子の心意気を
 真っ向から描いた、古典落語随一の「人情噺」。
 演じ分けが難しく大ネタ過ぎる為、高座で演じられる
 ことが少ないとすらされる名作を完全漫画化。
 風景描写など盛り込んだ情緒的演出たっぷりで描きます。

この本には試し読みが 4 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・「バイバイひつじ」はアルファポリスの絵本ひろばに...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。・・・※...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

もっとみる