twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 写真 , 料理・レシピ 作者 7777aiai
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

29 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 93ページ (Web閲覧)
118ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
春へ向かって

コメント一覧

熊五郎さん、おはようございます。教訓がここに・・。自分を律することは簡単ではないけれど、いつまでも笑顔で、ほんとうの幸せを生きるためには、甘い誘惑に打ち勝っていく強さが、とても必要なのですね。 ・・ところで、私の周囲ではソメイヨシノが咲き始めています。一番最初の、淡く清らかな花びらの放つ透明感は、自然から人への最高の贈り物だと感じます・・☆ 冬を越え、いよいよ開花の季節ですね! 
7777aiai : 2014-03-20 07:15:50

愛さん、こんばんわ。 いつもやさしき心暖かいお言葉いただき感謝いたしております。 愛さんもどうか健康でくれぐれも食事にはお気をつけください。 今更言う間でもなく、愛さんの弁当を見れば気を使っていることは分かります。でも人はやはり好きな食べものばかり目に行きます。甘いものにはお気をつけください。人は誰も皆、明るく笑顔にあふれた人を愛します。私もこれからは、もっと明るい笑顔で真理ちゃんのようにを目指します。
熊五郎 : 2014-03-20 00:46:21

お悔やみ申し上げます。 お母様にとって一番たいせつな宝物である、ご家族さまの愛と、祈りに包まれての旅立ちでいらっしゃいますね。 「 身内家族を大切にしてこそ、他人を愛せる 」女性として多くのご体験をかさねられた中で、心訓とされた この言葉には、深くおおきな意味があるのでしょう。 強く、優しく、朗らかに、どのような時も瑞々しい心根のままに生き抜いた、お母様の素晴らしい人生は、熊五郎さんの誇りですね。 心よりお冥福をお祈り申し上げます。
7777aiai : 2014-03-16 11:59:26

愛さん、深夜遅くこんばんわ。眠れない夜で一生忘れることができない夜となりました。花鳥風月を愛してやまない91歳の母が昨夜、天国へと召されました。母の一生は波乱万丈でした。関東大震災と太平洋戦争を経て生きてきた人なのですが、全然考えが古くなく、女性は早く嫁にゆくのが当たり前の時代背景なのに若いころから西洋文化に憧れて触たいばかりに、貿易会社に就職し西洋タイプライターを習得いたしました。ですので考えが進歩的でした。そんな母の教えは、身内家族を大切にしてこそ、他人を愛せるが口ぐせでした。ですから私の姉妹兄弟、母とは本当に仲がいいのです。
熊五郎 : 2014-03-16 02:36:18

熊五郎さん、おはようございます。お大事になさってくださいね。 梅のお花たちは可愛らしさいっぱい。。元気でしなやかで、人の心も高めてくれるようです。ピンクの梅は、ほんとうに桃のお花みたい。そばで眺めていると、清純な光に癒される感じ。。ほんのり甘い桜餅・・嬉しい春の味覚ですね、温かいお茶と一緒に味わわれて、疲れを癒すひと時を大切になさってください ♪ 
7777aiai : 2014-03-08 10:19:06

71番の梅、桃のような梅です。熊本はもう春めいていますね。 看病疲れから7日間ほどの大風邪をひいて寝込んでしまいました。 11年ぶりの大風邪です。今日の東京は夕方からまた雪が降りました。 春よ早~く来い来い。桜餅が食べたいぞ!
熊五郎 : 2014-03-07 21:36:55

熊五郎さん、おはようございます。 あの時の忍耐が、今の幸せをプレゼントしてくれた・・ 笑顔でそう振り返る未来が、きっと訪れますように。 何一つ、他人ごとではない時代に生きていますから、 一つ一つの出来事から、お互いに学びあう日々。 どのような時も、ちょっとしたユーモアが、心の緊張をほぐしてくれますね。 いつも観てくださってありがとうございます。
7777aiai : 2014-03-01 09:03:11

熊五郎より63番のお写真に向けて、私の返事です。 「ハ~イ!いつもどうも励ましをありがとう。私もくよくよしちゃ、イカンバイ!」匂いおこせよ、梅の花と白玉のお団子を見て、今の困難を乗り切ろうと思います。
熊五郎 : 2014-02-28 21:02:13

熊五郎さん、こんばんは。冬を越えた植物たちが、最もパワフルに輝き始める季節ですね。こちらが圧倒されるほどの勢いで、グングンつぼみを膨らませていく桜の姿に、毎年どれほど勇気づけられてきたことでしょう・・。自然の流れを受けとめて、植物のように強く潔くありたいですね。私の拙いコメントを読んでくださってありがとうございます。
7777aiai : 2014-02-24 23:30:28

46番の固いつぼみのサクラも春が来て必ずほころび花が咲きます。 愛さんには一度も会ったことはありませんが、心あたたき人柄と思います。 人生において何が大事か、それは心あたたかい言葉と第三者なのに自分に対して心配してくれる人の存在なのです。明日私は人生においてつらい選択の日になりますが、私は大丈夫です。生まれてきたことを母に感謝しています。人は一人で生きているのではありません。誰かの助けで生きているのです。自然のめぐみに感謝、人に感謝、よく笑い、楽しみ、悲しみを知り、よく生きることです。そして必ずだれにも春がきます。愛さん、ありがとう。
熊五郎 : 2014-02-24 21:27:39

facebook コメント一覧